島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ナンバデッドエンド 感想
ナンバデッドエンドが最終回を迎えた。
 ナンバMG5から続いて長い連載だったが、大きなダレ場もなく、つねに一定以上のテンションを保ち「ヤンキーの暴力」をちゃんと漫画の中で解決した、上手い漫画だったと思う。
 以下ネタバレバリバリで。感想を。
■あらすじ
 主人公「難波剛」は、バリバリのヤンキーの両親と、兄貴、妹の下、バリバリのヤンキーとして育った。
 兄は全国制覇を成し遂げている。彼も全国制覇を期待されている。
 しかし、中学卒業を機に「普通の高校生」としてヤンキー高でなく、普通の学校に両親に隠れて通い始める。
 卒業までの3年間、普通のシャバイ高校生としての生活と、両親の前でヤンキーとしての2重生活。
 暴力に明け暮れるヤンキー生活と、シャバイ普通の生活の落差を、泣きのドラマと笑いに仕上げつつ、当然続く事が無理な2重生活の破綻とその結末を綺麗にまとまっている。

■感想
 お話としては、2つのヒキがある。
 1つは、シャバイ学生が実は天下の最強ヤンキーであり、顔を隠して特服着ればその辺の悪党には負けない強さで暴れるという、変身ヒーロー的な、活劇。
 2つ目に、しかし、結局それは暴力の行使であり、自分が両親や友達を偽ってまで始めた、シャバイ学校生活を危うくする。矛盾との戦い。
 また仲の良い両親や兄妹を騙し続けていることの葛藤も生まれる。

 最初この連載が始まった頃、変身ヒーロー的な活劇を書くのかなと思って居た。
 しかし、初期の頃から「暴力による問題解決」と「暴力の否定」を交互に繰り返していて、どうやらこの「暴力で解決してしまう葛藤」を漫画の根っこに据えて物語をすすめるつもりらしかった。

 個人的にヤンキーマンガというのはファンタジーだと思っている。
 伝説のヤンキーとか。一歩間違えるとファンタジーを超えてギャグになってしまう。
 伝説のヤンキーだって働いてなければ両親に養ってもらっているだろう。その辺りを曖昧にボカしているヤンキーマンガは多い。

 ナンバMG5は、最初に両親を出してきており、ファンタジーの要素をスカッと外してきた。
 が、しかし、難波は古いタイプのヤンキー(特服きてたりする)としてかかれ、倒される不良はチーマー的なファッションで描かれる。このあたりは古いタイプのヤクザが新興のヤクザと揉める基本的なファンタジーと変わらない。
 しかし先に書いたような、家族の問題などの舞台の仕立て具合が絶妙に興味を持続させるヒキになっている。
 その舞台で、暴力で解決してしまう葛藤を描くのだから、ケンカをスポーツのように描くヤンキー漫画と一線を隔すキモになったと思う。

 そもそも大変話を転がし難いのではないか。
 腕っ節が強い以外に世の中への交渉能力の無い人間が、暴力を拒絶したいんだけど、暴力に頼る話を、少年チャンピオンで連載続けて人気を取り続けるってのは、すごいと思う。

 途中イジメを苦にしている元同級生の話があり、これをどう解決するかで、暴力で解決してしまったのにはガッカリしたが、でもそーするしかないというのはあって、それ自体の葛藤も込みで漫画として面白く仕上がっている。

 終盤、剛のモデルケースである兄(めっぽう強いが、結婚を機にマジメに生きようとする、が、暴力によってトラブルに巻き込まれる)周辺の話もふくめ、「一度暴力によって何かを為したものは、まっすぐ幸せにはなれない」というのも徹底していて、この辺は、非常にバランス感覚のある漫画だなと感じた。

■なんとなく
 ヤンキー漫画でボカされる要素として、
1.家族構成、生活基盤。
2.何故強いか。
 があると思っている。両方を適当にボカせば、伝説ヤンキーの出来上がり。
 家族構成や生活基盤を描くと、ヤンキーとして全然かっこよくならない。そもそもヤンキーてかっこよく無いしね。
 何故強いかをしっかり描くと、それはもうスポーツ漫画か、伝記ロマンになっちゃう。努力して強いんじゃ、格闘技やれって話で。

 この辺り、読者の夢を壊さず、キモチイイ世界を提供する為には、上手くボカすのが必要なんだと思う。
 ナンバの場合、家族構成、生活基盤を描いた上で、だから強い、という風に両方公開済みなので、普通のヤンキーマンガではないよ、というのは最初に確約されていた。
 多分に人情ファンタジーで切りぬけた局面は多かったにせよ、暴力と嘘には必ずなんらかの報いが用意されていた。

 綺麗に始まって、綺麗に終わった。

 幸福な漫画だと思う。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.