島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ナチュラル総崩れ中の日記
 死むー。
 子供は電池切れまでブンブン動き回るのでつらい。あいつもコイツも体調不良だというのに。
 しかもゴキゲンにしてたと思えばすぐグズる。
 俺もうボロボロだべさ。

■勉強の為モンハン(MHP2)やっていますが。
 あのカメラ操作(左手の人差し指使う奴)で、間違って上下入力しない奴尊敬するわ。(別に間違って押しているわけではなく、左右ボタン操作時にナナメに入力が入ってしまう)
 これ、LRボタンにカメラ左右を振って、アイテム洗濯を十字キーに降らなかった理由を超知りたい。
 そんなことより、いったいどれだけ鍛えれば、部位破壊出来るモンスターにたどり着けますか。

MG 1/100 MSN-001A1 デルタプラス
 いやーよく出来てそうねー。
 ただ、変形モビルスーツ系にイマイチ俺は燃えれない。
 多分理由は「ロボ→なんかよくわからんもの」という変形がダメなんだろう。
 バルキリーは本当に偉大だ。立体パズルとしての冴えが凄まじい。「ロボ→現用風飛行機」だもんな。この現用風てのがミソで、だからこそ変形に無理が出て、それを克服する凄さがある。
 トランスフォーマーもそうなんだけど、あっちはエンジンやコクピットをぶった切ることを厭わないから、立体パズルとしての複雑さは凄いけど「理屈の通った立体パズル」としては、一段下がっちゃうんだよな。
 この付近の価値観は、わりと独特らしいので、こんなこというの俺ぐらいみたいだけど。

■携帯でブイブイ言わせた会社が結局ゲームは面白さが重要って話をしていて
 この辺はいつも思うんだけど。
 俺は現場開発者だから「ゲームの面白さが重要である」という意見にはまったく賛同するけど。
 それ以外も同じかそれ以上に重要だ。海外の予算が100億円近いゲームの内訳の60億が宣伝費ってのは噴いたけどさ。
 でもガラケーゲーなんか、総予算の内、開発費がいくらよっていうとそれより酷いじゃん?(割合の話)

 そもそもが、ゲームの客観的な完成度なんて、かけた金の分しか変化しねぇよ。なぜなら、センスも創意工夫も熱意も「金で買える」。
 言い方が悪いので言い直すと。
 大型開発やってる奴だって創意工夫をする。
 誰もが同じように頑張るなら、金あるほうがいいもの作れる。ツールもそうだし人材もそうだし、期間の問題は凄くでかい。
 自分はそういう、掛け金吊り上げた奴が勝ちっていうのは嬉しくもなんとも無いので、いろいろ抵抗を試みるが。
 そういう抵抗ってどうしてもバクチになるので。バクチはバクチでバックアップがないとそのまま死ぬ。
 バクチって勝てる見込みのあるときにドコまでアクセル踏むかだし。負けると思ったら逃げるだし。ハンパに踏み込みもせず、逃げもせずだと、負け率が上がってしまう。

 そういう状況をかんがみた上で、開発者以外が「結局はゲームは中身」とか言い出したら、それは自分の仕事放棄じゃねーの?みたいな。
 クソゲーを売り上げた凄腕の営業マンの話とかをしたいわけではない。
 ちょっと、その携帯でブイブイ言わせた会社から、仕事請け負ってた奴の単価とスケジュールガントチャート知ってたので。
 それで、中身の所為にされちゃかなわんわなー。
 と連想したという話。

3DSをご購入された皆様へ
 このタイミングに勝負に出るというのは、必要な事なのだろう。撤退できない戦いはある。
 正直、最近の任天堂のパっとしなさは、俺みたいな人間からみても心配になる。
 ただ「基本無料アイテム課金クソゲー」と闘う姿勢はゲーマーの視点からは応援したい。

■仕事において
 自分からアンコントローラブルな所の責任まではまったく取れぬよ。
 情報は無い、権限もない、そんな所に手が出るわけ無いじゃない。
 逆の視点からすると、オイラの抱える仕事は、外からはアンコントローラブルに見えるんだろう。
 これは、ちょっといろいろ考えて直していかねばなと思う。

 盤上この一手というか。
 プロジェクトというのは進みだしたらその結果、もう打つ手なんかそう何通りもあるもんじゃない。そこで最大限の成果を上げる為の工夫はなんだってする。

 しかし、アンコントローラブルなところはどうしようもない。

 こういうところで、決定打にかけていく。これはもう誰も彼もが抱える問題なんだろう。

エステー、15,750円の家庭用放射線測定器「エアカウンター」
 はやくamazonで売れ!

2011/07/29(金) 00:37:38| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.