島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のやれやれ
 子供いると、仕事にならん&自分の事も出来ぬ。
 寝ると本当にほっとする。
 可愛いんだが、1日中対処するのは無理だ。母親は偉大だ。(もちろん対処している父親もいるのだろう。頭が下がる)(母親だって対処が大変なのも当然理解している。)

トランスフォーマー CV02 バンブルビー&モービルバトルバンカー
トランスフォーマー CV01 スペースシップアーク
 なんかもう、本当にダイアクロンとかミクロマンを彷彿とさせる。

■ゲームに何を求めるか
 これは毎度言っているが俺は「ステキな暇つぶし」をゲームに求めている。
 つまり「ヒマが無いとゲームなんか面白くない」んだ。これが。

 無理に無い時間を割いてゲームすると、ちょっとの面倒くささや、難度に、強くマイナス方向に反応してしまう。
 それが自分の最近のゲームに対するグチとなっている。

 で、この時間のない人に面白いゲームは、商機があるか、という話があって。
 例えば、快感密度の超濃い奴。60時間想定のゲーム全てが2時間で楽しめるようになってるゲームがあったとして、同じ値段だったらどっちを買うか、だと俺は2時間の方がいいけど、これは商売としては成立しない。
 中古に流れる、話題になっている期間が短い、ネットゲームならば同時に遊んでいる人が少なくなる。致命的。

 ちなみに自分は高橋名人では無いが、ゲームなんか1日1時間で十分だと思っている。しかしネットゲームを作っていると、1日20時間ぐらい、しかも延々ともっとも効率的な行動をするだけのプレイヤーが居る事実に直面する。
 ドラクエでたとえると、はぐれメタル狩りだけで20時間レベリングとか、スト2だと、ガイルしゃがんで40時間とか。そういう感じ。
 これはプレイスタイルもどうかと思うが、長時間遊ぶゲームというのはロスを極端に嫌わざるを得ないので、こういう行動が普通に出てくる。
 彼ら対策も含めて強烈な物量や渋い経験値、定率ドロップなどが導入される。
 もう、ある種のゲームってのはそういうものになっちゃったんだ。
 プレイヤーをせめても始まらぬ。しかしゲームシステムを責めるのもカンベンしてやれ。土台から無理があるんだから。
 話を意図的にずらしたが「時間のない人に面白いゲームに今のところ商機がない」という話。

 だって、時間無い奴はゲームやってる場合じゃ無いんだから。

 時間内奴は、その時間を濃密に楽しめるだけのゲームを求めるから、ちょっとやそっとじゃ満足もしない。

 時間もてあましてる奴をターゲットにして大ヒットした携帯ソーシャル系見てみるといいさ。

 ツウ好みの物作って食っていくのは、どの分野でも難しい。
 ブランド品ぐらいじゃね?

2011/07/19(火) 01:34:15| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.