島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のアレコレ
 週末分の家事タスクを、子供を抱えてこなす。
 ヨメはヨメで別の家事タスク。
 家事の労働時間拘束性の高さは、やったことのある奴じゃないと解らぬ。
 自分は一人暮らしのときは極力家事時間を削減するが、家族で居る時はそうも行かない。
 子供が居るだけで、紙オムツの消費によって、買い物&ゴミ捨て頻度が跳ね上がる。

 そんな最中も仕事が頭を離れず、チマチマとメモを取る状況で、かなり人間的に末期的。うまいことやらねーとなという思いが強い。

骨なしチキンのお客様ー!
 なんだっけ。ディズニーワールドのレストランのメニューで、チキンが全て、軟弱者と翻訳されてて、日本人観光客は特に指摘せず5年ぐらいそのままだったという、逸話を思い出した。
 あと、「豚親子2丁!」(豚丼、親子丼をデブの親子が頼んだという話)とか。

弱虫ペダル 18
 もう18巻だ。
 しかしこの漫画凄くて、まったくもって練習シーンとか努力のシーンとかが描かれない。
 殆どが試合、試合の連続で物語が進む。
 だから、意図的なダレ場が殆ど無いし、キャラ立てとかも、試合中の行動やら、回想やらですます。
 チャンピオン的といえばまったくチャンピオン的だが、少年ジャンプにも無いほどの清さを感じる。バッサリ。

■自分のゲーム語りは
 俺の好きだったゲームは、儲からないから淘汰されていったよ。
 君たちは好きなゲームに金払ってるかい?払ってないとそれも無くなっていくよ。
 というのを、手を変え品を変えオブラートにくるんだり、くるまなかったりしながら語っているが、時々大変ナナメウエなひとが、訳のわからない読み方をして、ゲームの敵みたいに俺に噛み付いてきたりする。
 ゲームの姿が変わるのは、ユーザーに合わせてであって、製作者にその力は無い。
「その商売の仕方はねぇだろう」
 と思うゲームは俺から見ても大量にあるが、そうでもしないと食えない状況でもある。
 滅びろ。

■もー本当に
 仕事が頭からはなれぬ。クールダウンしないと。

2011/07/03(日) 00:36:52| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.