島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
人の行動を規制、強制するのはやめようよ。
 危険派、安全派、どちらに与する気もない。
 震災以前に比べれば同じように安全とは言えまい。かといって喧伝するほど危険とも言えまい。
 これはどこに住んでいるかにも依るので、web上での言論に対して一概に言える事でもない。

 俺自身は東京圏に住み水道水を飲んで暮らしている。もういい歳だしリスクとしては受け入れていい範囲だと思っている。

 しかし今見かける「安全だよ」は同調圧力を感じる。不安な奴が不安だって言うぐらい許可してやれよと思う。小さいリスクを避たくて、避けれる奴は避ければいいと思うし、避けたいと思う人がそれを言うのはいいじゃないか。

 以上、スタンス説明終わり。最近はこれをしないと、色々面倒なツッコミが入る事がある。それぐらい今のwebは面倒だ。



 そんな風に、危険だと思う人が危険だと怯えるぐらい、実害が無い限りほっといてやれよと、思っていたところに、この「子供に水道水を飲ませる話」を読んだ。

 ここ、安全派の人は何に対して怒っているのかシンプルに見つめなおした方が良い。
 元発言とは関係のない藁人形を作ってぼてくりこかしてる発言が多すぎないか?
(このtogetterはちょっと偏ってるのでそこから見れるほかの奴、およびはてブも確認した方が、全容は見やすい。そこまで追う必要があるかは微妙だが。)

 安全派がとるべき行動は「安全だから俺は水道水を飲む」であって「安全だからお前は水道水を飲め、飲まない奴は攻撃する」ではないだろう。

 危険派が、危険だと騒いで買い占めしたり実害があるなら怒ればいい。しかし違う意見を認めないのは同調圧力ではないか。



 再度述べるが、危険安全の話をしているのではない。
「無理にやる事か」それは「同調圧力だろう」という話をしている。

 逆の立場で、危険派の意見がでかくて「水道水絶対禁止、全員水筒持参でミネラルウォーター持ってこい。給食にも水道水使うな」とかになったら、俺はそれにも文句を言うよ。

 人の行動を制限したり強制するのは、余程の理由がなきゃやっちゃだめだ。
 そして説明責任は、規制、強制させる側にある。される側に求めちゃだめだろ。

 そもそも強制するような事とは思えないけども。

 この場合は学校側に説明責任がある。最初からちゃんと説明されており納得いく状況ならモメ無かったろう。納得いかない状況であっても、そこに議論の場はあったろう。

 そして毒見なんかして、何か解るようなものじゃないだろう。科学的で無い態度で学校教育に臨まれては困る。
 水伝じゃないんだしさ。



 正直放射線関係はもう当面書くまいと思っていた。
 というか毎日思う。もういいや面白い話題でも無いしさ。と。

 が、どうしても書きとめておかねばというネタが出てくる。嫌なご時世だ。

 阿呆で馬鹿な文章でも時々表明しないと、結局白紙委任となっちゃうから。
 ぶつくさと現状の不満は表明しておく事にする。

 実際、件の学校はtwitterで話題になったことによりその行事は取りやめになった。
 webで何か言えば、現実社会に反映させるってほど夢見がちでは無いし、webは意思表示の一段目でありリアルで行動を起こさないと何もおこらないとは思っているが。

2011/04/19(火) 00:53:22| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.