島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のセチガライナー。
 えーと。80%?世知辛いなおい!

ぎゃる☆がん
 これ実は社運かかってたという話も聞く。オソロシイ博打打だ!そして売れてるみたい。おめでだい!

ソーシャルゲームが大流行する「薄気味悪さ」
 「痛みポイント」の話は重要なのでこの辺に振れた文章は大事。
 あと本文に関係ない話をすると、かつてゲームはその面白さを競っていたが、今はいかにイモヅル式に人を引き込むかを競っている。
 それはプレイヤーが求めているものを作っているわけではない。
 自分はそこにどうしても抵抗を感じるので、あれやこれやと策を弄している。

社員に赤字を怖がらせない。だから売れるCDを出せるんです。
 基本はとてもいい話なのだが、やはり色々と考えさせられる箇所がある。

 ミュージシャン限らず。漫画家、作家、ゲーム製作者も。
 当たれば食えるが当たらなければ食えないというリスクを背負う。当たらずに食えなくなった人間を数えれば羊でなくとも眠くなる量だろう。
 翻って、雇用側はどうか。才能を使い潰していくことで安定した収入を得る事が出来る。
 世の中、物を作るよりも物を売る人のほうが儲かる。お金に近い位置に居る方が断然有利なのだ。
 しかしそれでは世の中夢が無い。とてもわかりやすい。

 ものすごくわかりやすく言うと…1ヵ月に1人20万円稼げれば、人間は食っていけるじゃないですか。年間で1人あたり240万円稼げるだけの活動をすれば、みんな食えるんです。それに気づけるかどうか。

 このあたりの話が難しい。
 そりゃ20稼げればギリ食える。税金、年金、保険でひっぱがされて、家賃で飛んで、それでも食えるだろう。その状況がいつまで続けられるか。
 続けた結果、続けられなくなった時に、いったい何が出来るのか。何も出来ない場合が殆どではないか。

 だから、成功者には敗者に対して寛容であって欲しいし、敗者は早めに自分の負けに気付ける世の中がいい。
 どうにも頭を抱えてモニョってしまう。

2011/01/27(木) 01:33:03| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.