島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
東京都青少年健全育成条例賛成者に思いとどまって欲しい
 都のページをガッツリ読んでみた。
 あまりにも問題だらけの法案であり、これを良しとしていい理由が見当たらなかった。

 1つ1つの発言を取り上げて矛盾を突くのは無駄と感じたので、大枠の話を書いてみる。
 この法案を推進したい人、悪くないんじゃないかと思っている人は是非、ちょっと深く突っ込んで考えてみてほしい。

・規制とは明白な根拠に基づいて行う必要がある。
「この作品は暴力と裸の描写があるが国民的名作なので規制しない。」
「この作品は犯罪を書いているから規制する。」
 その判断が「誰によって行われるのか」故意が介入する隙は無いのか。全刊行物を確認するのか。莫大な行政コストはどうするのか。

 現状の法案では、担当者の胸先三寸で恣意的に殆どの創作物を「不許可」とする事が出来てしまう。
 このような、取り締まる側に都合の良過ぎる条例には反対の立場を取らざるを得ない。
「そんな恣意的な判断はしません」
 という物言いこそが恣意的であることを裏付ける。
 規制を行いたいのであれば恣意的な判断が出来ないような明確なルールを定めるべきであろう。
 でなければ、政府、行政にとって都合の悪いものや、都合の悪い人を攻撃する手段となる。
 彼らの銃口は善良な民にも向けられる事を忘れてはいけない。

・地獄への道は善意で敷き詰められている
 言葉通りの意味だ。
 法案に賛成する人は善意からであろう。
 法案自体に別の用途が有る事や、そのコスト、そこから発生する害悪は偽者の善意に覆い隠されている。騙されないで欲しい。
 市民が自らの手を縛るような、自分を撃つ銃を相手に渡すような、そんな真似はやめてほしい。

・マンガ、アニメの問題では無い。
 恣意的に刊行物を検閲する権利の問題と考えるべきだろう。
 またそれに付随する利権の問題でもある。
 小説や実写は今回の条例に含まれないが(何故青少年の悪影響に対して小説や実写を分けるのかは理解に苦しむが)それも利権の問題である事を匂わせる。

 全ての表現は、玉石混淆であり、石が無くては玉は生まれない。山が高いのは裾野が広いからだ。
 東京は多くの出版社がありメディアがあり、世界で一番のオタクビジネスの中心地でもある。それを簡易に破壊してしまっては、今後日本が創作ビジネスで得る利益すら潰しかねない。

 このような「本来の意図をお為ごかした条例」が善意によって成立して、地獄への道を築いていくのは、どうにかして避けたい。

 今、善意で規制をしたいと思っている人、自分の子供たちを悪書や悪影響から守りたい人は、その気持ちは痛いほどに解るけど、そういった規制は子供たちの未来を雁字搦めにしていく事を忘れないでほしい。

 18歳まで無菌室で育ててはイビツな人間にしかならない。

・出版他関係業界へ
 18禁マークのないギリギリの性的表現や、コンビに流通にのるギリギリの表現を追うのは、自粛すべきだ。
 もちろん、ソレをせねば食えない人が居るのも解る。しかし焼き畑農業的に今の為に未来を潰すのは本当に自粛して欲しい。

・石原都知事のヒドイ小説へ
 あんな、犯して殺すだけの小説や、もっと酷いものも含め、それは表現の自由だし規制されるべきではない。
 玉石混淆の石は必要だし、裾野が広くなければ山は高くそびえない。
 ただし、自分のことを棚にあげて人の自由を制限するのは老害のする事だ。
 自分に未来が無いからといって、若者の未来を奪うのはやめて欲しい。
 かつて若者だった時に書いた自分の文章を読み直し、その時の気分の重要さを再認識して欲しいと思う。

いま魂の教育
太陽の季節

伸晃ちょっとどうにかしろよもう。

2010/12/10(金) 01:22:11| 固定リンク|web| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.