島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
俺の血は何色だ日記
 俺から採血をする時、大抵、看護婦さんの眉が曇る。

■一向に減らない自殺率の話
 何故政府は手を打たないのか。当たり前。打つ訳無いじゃない。
 自殺は社会的に見てトクなんだから。
 いやもーさー。
 資本主義社会に置いて、労働せず、生産せず、消費がままならなくなった個体は価値が無い。
 年寄りは死ね。病人は死ね。働けない奴は死ね。
 それじゃあんまりだ。あんまりだと思う。俺だっていつ落伍するかわからない。だからこそ自殺しなくていいセーフティネットは欲しい。
 けど、法律や仕組みをどうにかする側の人間には、そんな危機感は無いよ。
 老人ばかりケアされてるのはまだ彼らが投票活動を行うから蔑ろには出来ないんだ。
 自殺を減らそう!的な運動に最後の押しが足りないのは、この辺の仕組みによる。
 ほんとに困った世の中だと思う。

■知った風な口を
 なんというか。相手の知識の深さや、経験の量が計れる発言というのは有って。
 ああ、もっともなこと言ってる風だが、経験に裏打ちされていないな。みたいな。
 これは、当然のように俺にもあって。
 若い頃から今まで殆ど仕事やゲームに対する考え方はブレずにここまで来ているが、発言の重みは歳を食ってからの方が重いようだ。当たり前。でも言ってる事は変わらない。

 だから、他の人の発言に重みが無いから無視すると言うような事はしない。自分の価値観と照らし合わせて考える。
 自分の価値観も重要視はしない、今は自分では経験に裏打ちされてると勝手に思ってるけど、若造の時も同じ事を思っていたんだから、アテにならない。
 責任を取る奴の台詞ならば、経験やら蓄積やらは関係無い。責任が取れないならそれまでの事。

 知った風な口をみんなが気楽に聞ける環境がいい。
 ただしその意見が通るとは限らない。当たり前。

■あああやっぱりホワイトパッケージはカッコイイ
マジよくね?

2010/10/16(土) 10:09:21| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.