島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
戦士は日記を記さない。
 この世が戦場ならば、金は実弾と言ったのは福本伸行。
 ネットが戦場ならば、発言は地雷。主に自分で踏む。

精霊大戦トーテミア
 ジザイトイズさんとこの素敵変形玩具の集大成。かっちょよい!

■将棋の人間vsコンピュータで
 あれは異種格闘技戦としてみるとスジが悪いので。なにか条件をそろえる良い手は無いものかと考える。

重量制
 これはかなりアリっちゃアリかなと思う。チェスとかだとノートPCでも人間が勝てないレベルというから、これでもいずれはPCが勝つだろう。
 バッテリーも途中充電不許可で。(封じ手ありや、休憩ありの場合は、人間の棋士と同条件で。ソーラー充電などはアリとする。植物との対戦などが有った場合光合成禁止とか言えないので。)
 個人的には将棋を指すアームもつけて、その重量込みでやっていただきたい。
 普通に見世物として面白くなるので、いいなとおもう。

カロリー制
岩崎さんが提唱してて読んだ時はコレだ!と思った。
 ただ、人間というか、動物は燃費が良過ぎるので、燃費ベースだと殆ど負けなしになりそうなのがネック。
 あと、棋士vs競輪選手が自転車漕いで発電してるコンピュータとか、絵的に素晴らしい対局が見れそうなのが魅力的。

将棋ボクシング
 将棋とボクシングの試合を4分、2分毎に行うというもの。
 これは見たい。ハードディスク殴られたらオジャンだけど、装甲固いよ!フットワークないとつらいから、コンピュータ側も足回りを強化しないといけない。
 つぎのロボコンの種目にどうっすか?

朝刊に載ってるちびまる子の四コマがオチがないってレベルじゃない件
 OK!新聞社の皆様、次世代君の連載依頼、いつでもOKっすよ!

3月のライオン(5)
 やっとか!長かった。
 完全コミックス派なので、5巻に収まる話をまるで知らないが。
 1巻で主人公周辺の話を書いて始まった物語が、4巻では主人公が目指すべき世界を先輩棋士の戦いを通して描いていたので、ここでドカンと話が進むと最高なのだけども。期待していいんじゃろうか。

2010/10/13(水) 22:46:45| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.