島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
漫画:ワンダービット 感想
ワンダービット 文庫

 なんと、文庫化してるのですよ。あの名作ワンダービットが!




 最近、アオイホノオでヴイヴイ言わせている島本和彦の、20年ほど前、パソコン雑誌ログインに連載されていた漫画である。

 彼の代表作は何かと問われれば、仮面ボクサー吼えろペンが上がることが多いと思う。
 が、自分はこのワンダービットを押す。

 ワンダービットは、ほぼ1話完結の世界観とキャラクターを共有する物語の短編集。いや「ショートショート」と言った方が自分にはしっくりくる。
 センスオブワンダー。一発芸。思いつきの小ネタ。どういう言い方でもよいけど、作者の思想のコアが見て取れるように感じる。
 熱血や、勢いで押し流す芸風に頼り過ぎない、独自の着想とオチ。
 物語の始め方、終わらせ方、その間のドライブのさせ方。小手先技が小手先技で済まない作者の上手さが全体に滲んでいて、しかも実験的短編であるが故の、やりたい放題さと、でもきれいにオチをつけないと気がすまない職人気質のせめぎ合いがヘンな化学変化を起こしていて、独特の味わいを生んでいる。

 もー俺大好きなんだけど、あんまり「読んでた!」て人が居ないのよなー。

 好みにもよるけど、島本和彦のノリが好きで、実験的短編が好きなら大変オススメしたい。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.