島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
理想の上司像。
 あくまでオイラの個人的な話。

 理想の上司像とは。

・ゴールの設定が明確。権限の範囲が明確。
・ゴールの設定に無理が少ない。(多少は仕方が無い)
・ゴールにたどり着く方法は自由。

 こういう仕事を設定してくれるのが良い上司だと思う。

 翻って自分が上司やる場合に上のがどれほど難しいかを考えてみる。

・ゴールの設定が明確。権限の範囲が明確。
 これ、一番難しい。仕事というのは、相手が居るものなので。相手の言うことが変われば、俺だって言うことを変えなきゃいけない。
 言う事をコロコロ変えないように、いろいろ抑えてから通達すると、ギリギリになってしまう。チームメンバーを手空きにするわけにも行かない。ある程度は見切り発車せざるを得ないし、見切り発車は必ずロスを生む。
 見切り発車でなくても、出来たものを見てからものを言うのはカンタンだから、クライアントが跡になってから仕様変更を言い出すことも多い。ゴールの設定を明確にするのは本当に難しい。

・ゴールの設定に無理が少ない。(多少は仕方が無い)
 これも難しい。無理が無いラクな仕事なんてのはそうは存在しない。
 無理が無いラクな仕事は誰だってやりたいから。
 ちょっとずつ無理を許容するデスレースで一番無理するトコロが仕事を受注する。
 営業が口八丁で、ありえない仕事を請けたりする。受注した瞬間にデスマーチ確定だったりもする。
 そういうのを筋道たてて、手順を固めて、可能な限りロスを減らす。何とかできる範囲に分解する。
 これは難度が高い。

・ゴールにたどり着く方法は自由。
 全員が優秀なら「後は任せた。良きに計らえ」で済む。けどそうは行かない。
 そのレベルの優秀なメンツをそろえたら、単価跳ね上がっちゃう。また上司は好きにしろつってるけど、同僚同士でやり方がマチマチというのもママある。優秀な奴同士の方が意見がぶつかる。
 自由なんてのは、そうカンタンには存在しない。



 あー。理想の上司って、存在するの難しいよね。

上司は思いつきでものを言う
アホな上司はこう追い込め!
上司とうまくいかないと思ったときに読む本


2010/07/31(土) 01:57:24| 固定リンク|仕事| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.