島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
日記的あれこれ。
 休日ぐらいしか、子供と遊んでやれないので、力一杯遊ぶ。
 遊び終わったら仕事行く予定。

チャンピオン RED (レッド) 2010年 09月号 [雑誌]
 シグルイが最終話だと言うので買ってきた。本屋3軒回って3件目で入手。
 シグルイは原作がアレだから、妥当な終わりかただと思うが、原作の何十倍も引っ張ってしまった手前、どこまでも上を行くオチを期待してしまった。
 シグルイに関してはコミックス派なので、コミックスからここまでの間の話を自分は知らない。
 自分はよく物語を詰将棋に例えるが。シグルイの場合、初期に提示された駒は、「藤木」「伊良子」「三重」「虎眼いく」「牛股」「徳川忠長」辺りだろう。これらの駒が配置され、御膳試合の直前から物語は逆流し、それまでの軌跡を辿る。
 その間に出てきた多数の駒「虎子5人」「濃尾3天狗」「舟木道場の人々」「検校関係者」辺りは、物語を深める役割を果たしたものもあるが、どうにもただの引き延ばしを感じさせるエピソードも多かった。個人的にはそこが残念に感じる。
 しかし、間違いないく、山口貴由の代表作となった。長い間だったけれど楽しくその物語を追っていた。

 なんとなくこの後、他のエピソードにつながっていきそうなのがアレだけど。

 ちなみにチャンピオンREDのその他作品は、前後を知らないと読み難いものが多く大変辛かった。
 週刊少年誌の連載作品などはこの辺り、ネームレベルで気を使ってあるんだが、どちらが良いかはイマイチ解らぬ。

吼えろペン (サンデーGXコミックス CHRONICLE)
 燃えよペンは、コミックスを2種類買ってしまった俺だが、吼えろペンは、実はあんまりちゃんと追っていない。時々コミックスを買っている程度で全部そろえている訳ではないので、そういう人の感想として。
 そもそも、なぜ燃えよペンが好きだったかと言うと、そのエピソードの「有り得る感じ」で有ったため、フィクションの度合いを増した吼えろペンはさじ加減に置いて、自分が好む立ち位置では無かった。この総集編もやはりちょっとフィクション度合いが過ぎる。(当たり前)
 とはいえ当時封印されたという最終話、そのなんて事は無い内容にもかかわらず封印され、まるっと描き直しするハメになるという、漫画家の立場。これは中々泣くに泣けない滅多に読めない類な気がする。

■どうにもこうにも
 生きて行くのに必死で。
 衣食足りないと礼節も知らないので、困ってしまう。
 誰か俺に子供が育ちきるまで稼げる食いぶちを回してほしい。
 いまんとこ食えてるからいいけど、この先考えるといつまでもドキドキできる。

2010/07/19(月) 00:36:51| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.