島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
俺たちの希望はどの辺に着地するべきか。
 世の中はとても陰鬱だ。

かつて幸せのロールモデルはサザエさんだったのではないか。
 東京に大きな庭付きの1戸建てを構え、複数世帯家族が和気あいあいと暮らす。
 定時に退社する駅で出会って「マスオ君、ちょっとどうだね?」「あ、いいですねぇお父さん!」。
 子どもたちは近所の空き地で野球に興じる。

 つぎの幸せのロールモデルはおそらくドラえもん。
 都内に、狭めの庭付き1戸建て核家族。近所の空き地はサザエさん時代より狭いけれど、野球はギリギリ出来る。

 最近まではクレヨンしんちゃんだったのだろう。
 東京ではなく周辺都市。ローンは残るが1戸建て。ケロロ軍曹などもそうかもしれない。

 このロールモデルの実現にはどれぐらいのコストがかかるか。駅からの距離にもよるが、アバウト、都内だと8000万、近くで5000万、田舎にひっこむと3000万。マンションも似た感じ。田舎に居れば夢ではないが、今度は仕事の種類が限られる。
 今の日本の場合、余程の好立地で無いと、土地、家屋は購入した後どんどん価値が下がっていく。殆どの若者はこの手の計算に絶望することが出来る。

 今後、ロールモデルはどこまで縮小するのか。
 既に少年漫画のキャラクターが済む家に賃貸アパートが増えつつある。

 webで読んだ情報でウラは取れていないが、ある携帯電話を1コ売ると販売店は2000円の利益だと言う。
 携帯電話などは、そうそう高頻度に買い替えるものではない。その割には手続きや販売員が必要とする知識は多い。
 店舗を経営するには、場所代と労働者への賃金、その他色々がある。どれほどカツカツだろうかは容易に想像がつく。
 自分は時々千円の床屋を利用する。理容師はその技術を習得するのにかなりの時間を要する。

 家電でも、ゲームでも車でも、大手メーカーは、下請けにギリギリ以上の無理をさせる。利益が出無いような仕事を平気で投げる。しかし仕事の無いご時世なので受けざるを得ない。
 周辺を食い散らかし、焼き散らしていく。

 人件費を抑える事によって成り立つ商売というのは回りまわって皆を不幸にする。
 競争は、ピラミッド型の賃金構造を、画鋲型に変えていく。
 今まで食えていた人が食えなくなる。食えないと金を使えない。金が回らないから、ある種の商売は立ち行かない。画鋲は大多数を底辺にたたき落とし、不幸を拡大する。

ある種のビジネスが嫌いだ。
 保証人が無い人を相手に割高の宿を提供するビジネスや、粗悪品を売りつけるビジネス、サギまがいのもの、金脈は無いのに金が出るとうそぶいてツルハシを売るもの。世の中は悲惨だ君の所為じゃないと共感を呼ぶもの。ギャンブル、粗悪なコミュニティ。

「バカから金毟るのが一番簡単だ」と考えているような商売は虫酸が湧く。

 しかし増え続ける。画鋲の底辺は広がり続ける。

 金が金を生むようなビジネスは、額に汗する労働価値を下げる。額に汗しない人が取り分持ってくんだから当たり前だ。
 力を持つ人間は、この環境が心地よいから状況を維持する。
 力の無い人間はテロルしかない。が、知恵も知識もないから、攻撃対象を間違う。別の力を持つ人間に利用されたりする。

 巧妙に出口が塞がれる。

 たった一つの出口は「お前も悪人にならないか?」だが、これすら「悪人の末席の切り捨て要員」の座席でしかない。
 この閉塞感の中で、毎日を生きるのは大変だ。


 世の中の絶望感は、絶望した人同士でないと共有出来ない。
 今ギリギリ食えてる俺は今食えてない人の気持ちを本当には理解できないだろう。
 今余裕で食えてる奴には、俺の気持ちを本当に理解する事は出来ないだろう。
 そういった理解の届かなさが、いろいろなものを閉塞感でまみれさせて行く。 

 コレだけ平和でコレだけ物に溢れている日本で、将来にうんざりする気持ちしか持てないのは、ちょっと前までが幸せの絶頂で、この後は下るしかないという状況を、多くの人が感覚で把握しているからだろう。
 グローバル化は、労働者の賃金を世界レベルで一番低い所に叩き落としていく。

 日本は今がまだまだ恵まれていて、この後世界レベルまで落ちて行く。そしてそれに対する戦略が見えない。海外へ逃げるにも今この瞬間の日本はまだ恵まれている。
 生きたカエルを水から茹でると、気づかず、逃げずに茹で上がってしまうという、まさに茹でカエルにされている気分だ。

 俺たちの幸せのロールモデルはどこにあるのか。
 希望の落とし所はどこなのか。


 まー。ただの毒吐きであり、とくに深い意味のない駄文なんだけど、ガスは貯めて置くと嫌な気分になるので、時々吐き出すに限る。スッキリして明日からも生きなきゃいけないからさー。
 どっかに20億円ぐらい落ちて無いすかね。


「茹で蛙」国家日本の末路 : 日本が元気になる最後の一手大前研一か;;;
日本経済・絶望の先にある希望誰かにこれと似たタイトルの本が良いと言われたんだけど、これじゃないハズ。タイトルなんだっけかなー。

2010/06/24(木) 01:29:34| 固定リンク|仕事| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.