島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
田舎の感慨
 田舎に帰ると思うことは幾つかある。
 個人的な感傷なので、読み飛ばし推奨。
 自分の田舎は、東海地方にある。名古屋ほど都会ではないが、田園風景が広がる場所でも無い。
 多くの巨大チェーン店に溢れているし、郊外型都市っぽい感じ。

 自分はこの街で、1年ソコソコ働いて、こりゃダメだと思って、都会へ逃げた。
 俺が捨てた街でもあり、俺が居続ける事を許してくれなかった、俺を捨てた街でもある。

 自分が住んでいた時より、発展していったが、大学の閉校を皮切りに、後退を始めた。始めるんじゃないかな。という状況にある。

 街が疲弊している。
 駅前の商店街には活気が無い。そもそも田舎では移動は電車でなくマイカーが基本なので駅前に物が集約しない。

 ゲーム業界で働くようになって、一度だけ事情があって戻ったが、すぐさまゲーム業界に戻った。だってこれ食えないってばさ。
 俺自身の持つスキルはあまりにも特化していて普通の空間で普通に生きていくのは無理になっていた。
 俺みたいな奇形を食わせるフトコロがあるのは、人口が多い都会だけが持つ特色だろう。

 限界集落を畳んでいくのは今後の日本では良く見る景色になると思うが、若年人口が増えない日本は今後、自分のイナカのような、こういった街すら殺して行くと思う。
 たとえ、移民を増やそうが、人口は都市に集約、収奪されていく。

 いわゆる、日本の風景とされてきた、田舎はもう無くなるだろうし、俺のイナカはそんな見た目の田舎ではないのだが、それも無くなるだろう。
 この国はどこに行くつもりなんだか。

2010/05/01(土) 21:35:42| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.