島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
GWヒマしてる奴は怪獣映画をみよう。(ガメラ編)
 レンタルビデオ屋行っても売れ筋は全部レンタル中、家族と居る時アニメは避けたい。さぁ特撮だ!(怪獣でてくるけどな)
 ということでガメラ編。
 ぶっちゃけ平成3本をオススメしておけば事足りるのだけど、一応旧作にも触れたい。


昭和ガメラ
 ゴジラのヒットを受けて、類似品的な立ち位置で作成されたガメラ。しかし、「子供と仲良し」「スプラッタ表現」「解りやすい勧善懲悪」「子供が大好きなカメ」等によって、確固たる地位を築く。怪獣映画に思い入れの無い人には、むしろゴジラシリーズよりガメラシリーズの方がお勧めしやすい。
■大怪獣ガメラ
 まぁ普通にガメラが出て暴れてるだけだ。悪くないけどゴジラの一発目の東京裁判のような重苦しさと比べると力が足りない。怪獣映画好きになってからどうぞ。素人にはお勧めできない。

■大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン
 ガメラとバルゴンが暴れているだけ。ワリと好きだが、素人にはお勧めできない。
 かなり渋いトコ突いてるので、怪獣映画が好きになってから見るとグットクるかも知れぬ。

■大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス
 これによって、ガメラは確固たる地位を築いたんじゃないかと勝手に思っている。
 まず、全体的に理詰めな構成となっており、作戦の立案、遂行という手順で物語が進む。面白い。
 怪鳥ギャオスは、コウモリに似て夜行性。口から超音波を発しメスのようにガメラや背景を切り裂く。血の味を好み人を襲う。
 超音波メスというアイデアでスプラッタ的な戦闘シーンを実現し絵的に派手なものとなっている。
 血の味を好むことから「臭いと味だけなら本物」と人工血液を使っておびき出したり、超音波発声の為に首の骨が二重になっており首の可動範囲の狭いギャオスの弱点を突いた作戦が立てられる。
「ギャオーって鳴くからギャオスだよ」という小学生の発言を取り入れたりする心の余裕もあって、この映画の自衛隊はかなり活躍している。
 ガメラも「ガメラは火が好きだから」でおびき出されてギャオスにけしかけられている。
 ちゃんと人間側のドラマがあり、策略があり、それを上回る怪獣の行動があり、だがしかし。という楽しい映画になっている。
 でも古いからなー。今の人みて面白いかなぁ。

■ガメラ対宇宙怪獣バイラス
 対ギャオスを見た後ではオマケのような印象になってしまうが、頭のトガったイカ型宇宙人が、人間の体を宇宙服のように着て地球に潜伏というのは、子供に悪い夢を見せる力に溢れていて結構好き。

■ガメラ対大悪獣ギロン
■ガメラ対大魔獣ジャイガー
■ガメラ対深海怪獣ジグラ
■宇宙怪獣ガメラ

 この辺は本当に素人にはオススメできない。ただし宇宙怪獣ガメラのあまりのチープさはある種の笑いとトリップを誘うので、怪獣映画好きになったあとはマストアイテムだ!という人も居る。


平成ガメラ
 非常に出来がよく、怪獣映画好きにも好評、素人にもオススメしやすい作品群が平成ガメラ3本。
 こういうカットが見たかったというカットの連発(巨大感をあらわすアオリカット、移動中の車の中から怪獣を写したカット、逃げ惑う人々がちゃんと死ぬカット)しており、怪獣映画的なお約束を一週回ってちゃんと描く事でしっかりした映画になっている印象。

■ガメラ 大怪獣空中決戦
 平成版ガメラ対ギャオス。複数のギャオスとガメラのバトルが描かれる。
 当時のゴジラシリーズが誰に見せたいのか解らん迷走を続けていた中「子供が見て面白い」「つれてきた親も面白い」「怪獣好きが見て面白い」の3拍子揃った素敵映画だった。
 これ単品でも面白いが、平成3部作のオープニングとしても重要な位置を占める映画だと思う。
 怪獣映画の良さは「日常にひょっこり現れた非日常とそれへの対処」だと思っているので、民間人や自衛隊の反応が丁寧に描かれている本作は怪獣映画のお手本的だと思う。
 オイラは怪獣が見たいだけじゃなくて、怪獣が出て周りがどう反応するかが見たいんだな。
 大変オススメしたい。

■ガメラ2 レギオン襲来
 新怪獣レギオンとガメラの戦い。「レギオンとはどういった生物か」というのをスターシップトルーパー的にやりつつ、ならばどう対処すべきかというのをシミュレーションゲーム的に描く。
 ちょっと民間人からフォーカスが離れてしまい、ゲーム世代的な演出が濃い印象を受ける。が、それでも非常にしっかり描かれている。
 話を聞いてみた所30前半より若い辺りにはウケがよかった。
 オススメしたい。

■ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒
 ガメラとは何か、ギャオスとは何か。平成3部作にケリをつける作品。
 これまで廃してきた何でも知ってる博士が登場し、一通りの説明をつけてしまうのがちょっとゲンナリだが、一応、仮説として扱うとかの配慮が見られるのは手堅いと感じる。
「怪獣同士がバトルしている足元では民間人が一杯死ぬぜ」という、当たり前だけどあえてスルーしていたところに真正面からフォーカスを当てた心意気。おかげで随分チグハグなスケール感になっているが、このフォーカスは誰かが当てなければならなかった類だろう。
 冒頭の渋谷での大戦闘は、渋谷の映画館で見ただけに自分的には大変ニヤニヤできた。また京都駅のかっこよさをこの映画で知った。
 終始、ゆだつ様に怒り狂いっているガメラが大変カッコヨイ。ラストシーンの大火炎は古タイヤに火をつけて撮影したとのことでCGでは出しにくい、いい味が出ている。
 3部作のケリとしてきれいに機能しており、ツカミのG1、広げのG2、畳む振りして未来へパスのG3と、この3本は見事に連携したなと思う。 
 大変オススメしたい。


小さき勇者たち~ガメラ~

 ただしく子供向けファミリーガメラであり、昭和ガメラ、平成ガメラの両方の血を引くガメラでもある。
 お話、造形は、かなり子供寄りとなっていて、年寄りが見るにはツライ。だがしかし発育中の小サイズのガメラ(5m~)の戦闘シーンなど、撮影が困難なシーン(ミニチュア規模の問題)が意欲的に撮影されており、これはグっと来る。実際、構図的には平成3部作に負けず良いカットが多い。
 舞台として、三重~名古屋が使われており、地域の人はそれだけで楽しめると思う。JRセンタービルイカス。
 新怪獣ジーダスも見栄えはパっとしないが、いやらしい動きで魅せる良い怪獣だと思う。
 ガメラの成長と子供の成長を描いたシナリオは子役の上手さのおかげで功を奏している。正直子供を撮影しているカットはもっと細かく刻まないと学芸会臭さが出るのだが、主役級の子供はみな上手いのでギリギリ踏みとどまった。もっと演出頑張れば良いのにと思った記憶がある。
 心に余裕があるならオススメしたい。
 この映画はガッツリ感想書いてた。


 ガメラシリーズは出来が良いものが多く、ここが良かったなーと語るだけで、何時間でもイケる。
 おおゴジラ、お前怪獣王なんだから、もうすこしどうにかならぬのか。(どうにかなってるのも無いことは無い)
 レンタル店でも大抵誰も借りずに置いてあるし、DVDも安くなったしブルーレイにもなり始めたので見る機会があったら是非オススメしたいトコロ。(責任はとれなくて申し訳ない)

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 本日三本目の更新です。一本目「 ライヴガメラ /05/17 」はこちら。 二本目「 5月のvs動物 」にはこちらより。 前回の「 湯浅版視聴記 /05/10 」はこちらから。  拝見が遅くなりました。ガメラシリーズのレビュー記事: 『 島国大和のド畜生 』 http://dochikush...
2010/05/17(月) 18:57:00 | ガメラ医師のBlog
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.