島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
GWにヒマしてる奴は、怪獣映画を見ろ。(メカゴジラ編)
 ゴールデンウィークにヒマしそうな人に、怪獣映画をお勧めする。(騙されても怒らないで)
 だってレンタルビデオ屋行っても、どうせ人気作品は全部レンタル中でしょ。

 家族居る時にアニメは見れぬでしょ、怪獣映画だと、懐かしい邦画見てんのかな?ぐらいの反応ですよ。怪獣出てきた瞬間にぐんにょりされるけど。

 特に特撮好きでも無い人が見れるようなのをセレクトしてたら、メカゴジラばっかりになったので、今回はメカゴジラ編。
 正直昔の映画だから、好きモノじゃないと面白くない可能性も高いので、なるべく見どころと合わせて紹介してみました。


ゴジラ対メカゴジラ
 ターミネーターの生皮剥いたら中からメカボディというのの初出はこれだと思います。
 ゴジラが地球の味方になった頃、ブラックホール第3惑星人が送りこんだ、対ゴジラ兵器。メカゴジラ。キャーカッコイイ。キングシーサー、アンギラスも登場。
 この映画は、とにかくメカゴジラのカッコよさに尽きる。ゴジラの皮をかぶって登場、その中から現れるメタリックボディ。足元から這い上がるカメラパン。各部武器アップ。やっぱ王道は大事。
 ただちょっとコミカル寄りに演出されているので、その辺の好き嫌いは出る。コミカルと言ってもチャックウィルソンが疾走したりするようなのとは違うので安心されたし。

メカゴジラの逆襲
 コジラが連作されていた時の、最後の1作。観客動員が最悪だったという話ですが、出来は決して悪くない。
 悪い所は、チタノザウルスのあまりのしょっぱさ(造形がかなりチープ)や、全体的なガジェットのしょっぱさぐらいで、あとはかなりしっかり出来ている。
 しかしオープニングのカッコ良さは怪獣映画史に残るんじゃないか。
 この逆襲版メカゴジラ2と初代のメカゴジラの見分け方は、腕に「MG2」のエンブレムが入っているほうが、メカゴジラ2だ。地球人にも解るように英語とアラビア数字を使ってくれるあたり、ブラックホール第3惑星人は気が効く。

ゴジラvsメカゴジラ
 評価の難しい作品。悪くないんだけど煮え切らない。
 今度のメカゴジラは、自衛隊G対策センターが対ゴジラ用に作り上げたもの。殆どの移動をホバリングで行い、攻撃もアンカーや飛び道具を飛ばすなど、肉弾戦より砲撃戦がメインで、兵器感を盛り上げる。
 戦闘中片目のライトが断線し、隻眼の悪役風の面構えはとてもイカス。ただ、鼻の穴の無いデザインはメカゴジラとしてのアイデンティティが欠落して感じるし、装甲の表現などがアニメ調で特撮メカの良さに少し欠ける印象が有る。
 物語はさらに煮え切らず、ゴジラサウルスなど上手くやれば相当盛り上がるガジェットもなんとなく不発に終わってしまう。
 ちなみに、デパートショウ等用のこの平成メカゴジラのキグルミは人が入ってなくても立つ、スーパーハードな完成度であった。

ゴジラ×メカゴジラ
 主人公はメーサー殺獣光線車(特撮好きはこれだけでご飯が食える)のドライバーで、自身の失敗で同僚をゴジラに殺されている。再度のゴジラ上陸の知らせを受け、メカゴジラのオペレーターとしてゴジラと闘うという解りやすいお話。物語の根っこが闘うことなので後は戦闘シーンだけでOK。
 パトレイバーや平成ガメラ、踊る大捜査線など、警察や自衛隊といった組織劇の表現が大きく刷新された後なので、自衛隊の書かれ方もかなりマシな印象となっている。
 メーサー戦車の見せ場が多く、これタマランだろう。天候の為出力が上がらない(光線で雨で蒸散する)所でニヤニヤした人は多いと思う。
 メカゴジラのデザインも、平成1号より、昭和版に近くオールドファン的はグッド。
 SFガジェットがぐだぐだだで、お前ちょっとググってからシナリオ書けよと思わないでもない(ゴジラ映画はそんなのばっかり)が、それ以外はニヤニヤ楽しく見れる。


 1本だけ見るなら、コジラ×メカゴジラかなぁ。短いし釈由美子若いし。初代の良さはかなりのモンだと思うんですが、興味のない人が見て楽しいかはイマイチわからん。

 あーしかし。他のゴジラ作品に関しても超語りたくなった。あとガメラ。
 絶対続き書く。読みたい人が居ない可能性が高いが、俺は好きでやってるんだー!
 

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.