島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
こども3ヶ月
 子供の成長は早いというが。
▼あれは親戚の子供とか、半年に一度しか会わないから、成長はえぇぇ。と思うのだろう。一緒に住んでれば全然遅い。
▼それでも「一緒に住んでるから、小さな進歩が解る」というのもあって、なんとか、投げ出さない微妙なバランス。
「クビが座ってきた!」「笑った!」とかで喜べる。
▼自分にとって予想外だったのは、子供が可愛い事。正直、子供を可愛いと思ったことはかつて無かったので、まさか、「子供可愛いな。こりゃ父ちゃん頑張らなきゃな。」みたいに思うとは想像外のことであった。
▼寝る、起きる、グズる、乳を飲む、乳を吐く、ウンコたれる。タチの悪い酔っ払いのようだが、子供というのは、可愛い記号の集大成なので、それでも可愛い。そして未来がある。
 俺がこんな状態だったら迷わず誰かに殺されているだろう。この辺が老人介護の難しい所なのだろう。
▼「笑う」は最強。
 子供の笑顔には鬼でも勝てない。ただし親限定。基本的に予想外の行動が9割であり、映像作品などで見る子供像と比べて可愛くもなければ、手間もかかる。それでもヤクザと一緒で普段困らせるだけに、ちょっといい顔されるとデレる。
▼とにもかくにも、サブプライムローン破綻が恨めしい。所詮庶民は、世の中の景気不景気に大きく左右される。
 あの前の時は、景気は確かにクソだが、このまま行けば、なんとか平穏な人生を吉良良影のように生きていけるのではないかという希望があった。消えた。こっからデスレース。

▼これから子供作ろうとする人の為のメモ
 乳を寄こせと2時間おきに泣くのはこの辺までだそうだ。
 初期に色々(ベビーバス、ベッド、揺らすヤツ、ベビーカー)買って以降、紙おむつ代+しりふき(専用ウェットティッシュ)代以外はそんなにかからない。
 もっと金がかかるかと覚悟していた。が、わりと想定内よかった。
 とは言え突然何が有るかわからないのが怖い所。
 子供は体が小さいので、突発的に何かあったら死にかねない怖さは常にある。
 世の父母は本当にエラかったと思うが、核家族で子育てしてる家庭はさらに偉いと思う。ウチのヨメは本当に良くやってると関心する。

2010/04/19(月) 00:13:47| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.