島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
グダグダ日記
 もうだめだー。家族3人体調不良でグダグダ。娘が一番マシなんだけど、マシでも何かの役に立つわけじゃないので、ヨメと俺の疲弊が限界。医者の手配してアレコレしてるとあっという間に時間が過ぎる。
 ここんとこ急激に寒かったからなー。

スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (1/144 プラスチックモデル組み立てキット SW11)
 再販!

1/144 エンゲージSR3
 これは出来が良さそう!あんまりナガノメカに惹かれないクチなんだけど、白い奴は基本的に好みに合うのが多い気がする。

■大人はしない政治の話
 民主党議員は一度、マニュフェストに何を書いたか読み直してみるといいと思うんだ。
 自民党より自民党になって来ている。
 毎度毎度、この辺の話題が出る度に「でも選んだのは国民」とか言う水掛け論言う人いるけど、だから、つぎ選ぶ時考えろよって話だと思うんだけどね。
 もっと早い時期に自民党を政権から外して、早い時期に民主政権を体験して、さてどうするか、というのを経験できていれば、この糞不景気のあり方もちょっとは違ったと思うので、イロイロ残念。
 政治ってのは、意思決定に時間を食うから、どう頑張っても、もっとも後手を踏む。

高齢化社会という負け戦
 言葉を選んでないので、ひでぇ事言っているように見えるけれども、実際そういう話になって来ているのだと思っている。
 高齢化社会が抱える問題というのは、戦場において、戦力にならなくなった負傷兵を、背って共倒れするか、捨てていくか、銃弾を打ち込むか。という問題と同じ。
 違いは、ここが戦場でなく、生き死にを直接意識することが少ないがために、理想主義が紛れ込む。
 理想でメシは食えないし、後手に回れば回るほど、後の被害はでかくなる。
 銃弾をぶち込めとは言わないが、少しづつ高齢者にはガマンしていってもらわないと、若い世代の未来が無くなり過ぎる。
 後期高齢者医療制度ですら躓いていしまう、高齢化社会というのは、ゆるい毒を飲み続けるようなもんだと思う。

■表現規制話
 ぶっちゃけると、自分のいう「ガッチリとレーティングしろ」というのは、ハンパな位置のエロで食べている人たちにはウケが悪いハズだと思っている。
 コンビニで売られるエロを含む雑誌の類は、エロ関係では売り上げの大半を占める。
 少年誌だって、性的強調を含むマンガで、下支えがされている。

 この稼ぎを投げ捨ててしまっては、エロはアングラでしか残れない。

 でも、そこまで譲歩しなければ、表現守りたいところを守ることが出来ないんじゃないかと思う。
 外国の例を見れば、そう考える。

2010/03/29(月) 23:20:09| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.