島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
善意を前提としたシステムは破綻していく。
 日本のシステムというのは、善意を前提にしている、していたんじゃないかなと思う。
 日本は狭いので。
 悪事を働いた人、致命的なミスをした人はどこまでもその評判が着いて回る。

 大陸やら、人の移動が多い場所では、ちょっと移動すれば評判は伝わらない。

 その結果。
 日本では、商習慣において、人を信用する、信頼する、善意を期待する。というのが普通に残っている。(いた。)

 人材の流動性が高いところは、そんな事言ってられないから、契約で雁字搦めに縛る。ペナルティを課す。


 どっちが良いかは場合によるけど、ワラジ番からスタートして天下人になった。みたいなのは日本式だからありえた類だろう。
 契約方式では組織が個人の成長に投資をしないので、自分で自己投資をしないと道が開けない。
 貧しい生まれは生涯貧しい。そうでなくても労働者階級がその上に行く道が無い場合が多い。
 日本も少無ぇけどさ。
 それでも生まれた瞬間労働者階級とか決まってしまう国よりまだ、可能性が有るように見えていた。



 最近の日本の大きな会社は、エサをちらつかせて無茶な労働をさせるという事をする。
 契約書にどうとでも取れるような文面を書いてあとで酷い要求をする。

 例えば「これをこなせば次はいい条件で仕事を回す」と言うような口約束で、ヒドイ仕事を回す。
 下請工場に、大量の仕事を投げ、もはやその仕事無しでは回らなくなった頃に、ヒドイ値下げを要求する。
 遅延した理由は曖昧なリテイクだが、開発遅延損金を取る。
 窓口担当者が、適当に安請け合いし、予算管理者がOKを出さないで、結局タダ働きに近い仕事をさせる。言質が取ってあっても、会社の規模の違いで裁判にまでは持っていけない。
 リテイクの理由が「クオリティ」ただし、どの程度のクオリティが必須かは、契約書には書かれていない。
 海外とアイミツを取る。海外と仕事をする場合のコストはかなり高いが、それは無視して同じぐらい安くしろという。

 これでは、善意を期待して仕事をするとバカを見る。
 こういうことをする会社は、最初から相手をカモにするつもりなわけだ。
 大企業は中小企業にリスクと激務を負わせて、調整弁として使ってきた。
 それは昔から変わらないが、不景気が、酷さに拍車をかけた。


 海外のシステムはどうだろう。
 彼らは、人を信用しない。善意は無いと思っている。だから契約でガチガチに縛る。
 雇用は容易で、解雇も用意だから、コピー機のリースのように人材を雇い、クビにする。
 幹部は、幹部として入社し、下部労働者は、下部労働者と入社する。接点は無い。

 その分、契約書の作成コストは高いし、労働者に指示を出すコストも高い。
 労働者は自分に割り当てられた仕事以外はしない。
 アメリカのレジ打ちの人は、ダラダラとレジを打つ。頑張ってもダラダラやっても待遇に変化が無いからだ。
 皿洗い係と、ホール係は、どちらかが混んでいても、お互いの仕事を手伝わない。それは人員配置をしたボスの問題で、自分は与えられた仕事をこなすのみだ。

 そもそも、仕事をいくら頑張っても、頑張らなくても、結果がたいして変わらないなら、そりゃ頑張らないよ。
 彼らにとって「仕事というのは苦役で、だからバカンスを長く取る」てのも非常に納得が行く。


 全てがそうで有るわけではなく。一部の事例の羅列にしかならないけど。

 ともあれ、不景気は世の中を糞にする。とくに持たざる者にとってこのデフレは深刻だ。

 色々な人の甘言が、ネットやメディアを賑わせる。

 どれもこれもが、弱者を騙して甘い汁を啜ろうとする。そこに善意は無い。


悪意/善意 たましいの素顔。善意でサーチすると、いきなりこういうのが引っ掛かるぜ!ひでぇ。
このへん読んで勉強だ。(今更)

2010/06/30(水) 03:10:10| 固定リンク|仕事| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.