島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日の日記のような
 とりあえず、果てしなくタチの悪い夢を見た。押さえ込んでる不安が爆出した感じ。
 ほんと参っちゃうわ。

不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ
 不思議のダンジョンでは、GBの月影村の怪物を最高傑作と思っている。windows版もあるのか。(不思議のダンジョン 風来のシレン 月影村の怪物 インターネット版)
 シレンプレイヤー(シレンジャー)は理解していると思うのだが、不思議のダンジョンのプレイヤーは「やりこみ期」「欝期」を往復する。
 最初のうち、サクサク進むことが出来、失敗からも学び、ドンドン上手くなるのだが、どこかで超えられない壁が出来る。
 これが自分にとっては月影村の脱出(風来のデレン)であった。後たった数歩で脱出できる。この瞬間に踏んだ罠は数知れず。人生の貴重な時間をぶっこんで、超頑張ってついに脱出を果たした時の虚脱感。
 そのぐったり具合から欝期に入り、もういい。2度とシレンなんかするものかと電源を入れなくなる。しかし脱出時の快感はその困難さの裏返しなので、またやりたくなる。(タチの悪い麻薬だ)
 情報を入れてないのでシレン4がどれほどのものかはしらないけど、都市伝説ではチュンソフトにはシレンのバランスを取れる人間は1名しかおらず、その男は社会人としてはまったく失格だが、彼が居なければシレンは作れない為に会社では憎まれつつ重宝されているなど噂される。リアリティのある都市伝説だー。
 ちなみに自分は、49階で踏んだ地雷による欝から逃れきれず、シレンやりたい、しかしもういい。という状況が続いている。

ガンダムUC
 見る機会があった。
 面白い。んが、これで小説2冊分とか入ってるの?マジで?演出こってるけど、物語スカスカじゃね?
 もっとこう詰め込める隙間がある気がする。やはり映像作品って、つまんねーシーンを楽しめるようにするために、多重で情報仕込むのは重要だなぁと感じた。(会話劇の後ろでアクションやってるとか、そういうレベルでいい。アクションのためのアクションもつまらんから、物語的に重要なストーリー進行とあわせて欲しい)
 ガンダム臭としては、Z以降のガンダム臭を発揮。1stのガンダム臭って一体誰が放っていたんだろう。特にあの強烈なスロー多様演出+凝った殺陣って誰によるものだったんですかね?

■いまさら冬季五輪のフィギュアの話
 日本のフィギュアは武士道であり滅びの美学だなと思った。あれだけ高何度の技を決めても、採点基準にガチガチに会わせていた韓国に勝てない。だがこれがフィギュアだ!というプライド。
 冬季五輪では韓国はメダルラッシュなわけですが。誰がやってんだかわからぬようなマイナー競技をねらって高運動能力の選手を投入するなど、なりふり構わぬ作戦が功を奏しているし、選手強化費用もバカにならない。腰パン云々で騒いだりしてる日本の糞委員会とまるで違う。日本の委員会だの、スポーツ協会だのの役員は、メダル数と報酬を連動にして、一定以下ならクビっていうシステムにすべきだわ。選手強化費用が役員報酬になってるのはお前ら滅びろとしか言いようが無い。
 スポーツだし、そも日本国民がそれほど五輪に執着してないから勝敗自体にはたいした意味は無いんだけど。スポーツ選手の才能で食ってる奴らが才能を食い物にして選手が食えないのはイカンだろう。

2010/02/28(日) 07:07:27| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.