島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
漫画 風の谷のナウシカ 感想
 なぜかいまさら、風の谷のナウシカ漫画版の全巻感想を。
 以下、古い作品なので、ネタバレばりばりで。




■あらすじ
 火の七日間と呼ばれる最終戦争で、生物を粘土のように加工出来るまでに極まった人類文明は滅んだ。
 戦争によって、汚れ切った大地は、巨大菌糸類が群生し瘴気を吐き、大型の蟲が大量に住む「腐海」を生む。「腐海」の菌糸は風に乗り、蟲に乗り、範囲を広げ人類を辺境へ追いつめて行く。
 そのような状況下でも、人類は国家間の争いが途絶えず、旧世紀の科学や蟲を利用していく。

 辺境の小国の姫ナウシカは古くからの盟約により、大国の戦争に駆り出され、戦乱の中で世界の仕組みを知る。

 「腐海」は時間をかけ、戦争で汚された大地と空気の汚れを浄化し結晶化していく。「蟲」はその「腐海」を守っている。
 「腐海」と「蟲」は旧世紀の文明が残した世界の浄化装置だったのだ。

 そしてナウシカたち現世紀の人類は汚れた環境で生きる事が可能なように作られた人類である事も知る。彼らは世界が浄化された後に生きることは出来ない。清浄な空気は、彼らにとって毒なのだ。
 浄化後の世界に住まうべく作られた「穏やかな人類」は世界の浄化待って眠っている。

 科学文明と自然、という対立軸で始まったかに見えた物語は、大国と小国、戦争のあり方、腐った正義の行方、と言ったものを正面から描いて、しかも決着をつけていく。



■感想
・おはなし

 ナウシカはスーパーヒロインで、非の打ちどころが無い造形となっている。
 にもかかわらず、終局で彼女が下す結論は重く、またその設問に正解は無い。
 アニメ映画では、ベタベタな浪花節自己犠牲復活譚を描いた宮崎駿が、漫画ではこれだけ複雑な設問を用意して、そこに立ち向かうのが、全ての善性を代表するような少女。そしてやはり、正解は有り得ない。
 これだけの物語が、何度もの休載を経てなお完結したのは本当によかったと思う。未完の大作、名作では、これほどの有難味を感じる事が出来ない。

 お話自体は、かなりとっちらかっていて、一本の筋道とはなっていないのだけど、傍流の話もそれぞれ魅力的で、漫画の進行としてはかなり理想的と感じる。

・画
 宮崎駿の底力というか。冒頭のナウシカによる腐海の探索と王蟲の暴走のシーケンスは映画も漫画も大きく違わないのだけど、漫画であのシーンをあれほど動きを持って描ける奴はそうは居ない。息をのむ高テンション。素晴らしい。
 そもそも宮崎が漫画家で無い為、普通の漫画のコマ運びとかなり文法が異なる。それでも読みやすく、迫力がある。
 アニメーターが描く漫画は読みにくい場合が多いという印象があるが、既存の文法から離れた上でこれほど読みやすいというのは、彼の自分の作品に対する客観視能力が物凄く高いのではないだろうか。やー流石世界の宮崎。
 絵として上手い下手ではなく、レイアウトの完成度はほんと凄まじい。

・アニメとの違い
 アニメでは原作2巻分までの映画化となっており、アニメ版での疑問点や、お約束過ぎる展開に対してのアンサーが漫画では多くなされている。

 アニメ中、巨大な蟲の大群に都市を襲わせるという戦法が使われるが、一体どうやってそのオトリとする蟲を捕獲するのか、という疑問への解答もなされるし、ユパのその後も描かれる。そもそも巨神兵ってどうやねん、トリウマてなんやねん、この時代の戦争ってどういうのやねんなど、アンサー自体も大変興味深いものが多い。
 アニメではトルメキアしか明確に描かれなかった、複数の大国の勢力争いも描かれ、この辺りはよく漫画でこれを描居たなと思う複雑さと解りやすさを兼ね備えている。

 さらにぶっちゃけてしまえば「アニメ映画では救いとして描かれたものの殆どがマヤカシだ」という所に話が落ち着く。それでもなお、

・もっかいまとめ
 同じ事を2度書くけれど、これほど複雑な話を描いた上で、主人公と風の谷のメンツはごく単純な善性を持っており、汚れもなにもない。これを「描写が浅い」と見るか、「この難問に対し、善はどうあるべきか」という設問と見るかで随分話が変わってしまうが、このあまりにも解りやすい善性が有るおかげで、物語は適当な決着が許されず、ここまで大掛かりなオチを欲したのだろうから、自分は高く評価する。
 もし、「風の谷の闇金ウシジマくん」だったらという思考実験は、何が何だかわからないが、言いたい事は解ってもらえないかしらん。(無理)

 また、漫画版のナウシカは、何度も休載を経てそれでも完結した稀な作品だというのも重要だと感じる。

 続けるために描かれる漫画が多い中 終わる為に描かれた漫画なのだ。

 だから話はグイグイ進む。無駄な引き延ばは一切無い。そして世界の宮崎がオタク気質丸出しで描いた飛びきりの漫画なのだ。
 面白くないわけが無い。

というわけで激しく一読をオススメ。

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (大型本)

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 タンピンサンシキさん『キーボードで昇龍拳』のネットラジオ討論会。   ネットラジオ討論会・10 俺のメールを取り上げて頂いていたんだけど、タンピンサンシキズオピニオンは次回との事なのでそれを待つとして、そこに書かなかったポイントの話を一つ。 と思ったけ
2010/02/26(金) 23:48:26 | 桜川マキシム別館
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」宮崎 駿徳間書店...
2010/03/18(木) 16:22:57 | 得アマゾン探検隊
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.