島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日の、あれよあれよ。
 体調不良がかなり進んで超ツライ。鼻水ズビズバ。
 木曜日の休日出勤が祟って、土日が稼働率ゼロではちょっと割に合わない。月曜までに体力回復して欲しい。

 しかし、ヨメが俺にも増して体調不良なので、本気で拙い。

ガンダムUC
 あー、3/12だからもうすぐなのねー。
 良いという評判をやたら聞くし、多分良いのだろうけど、どうにも買ってまでみようという食指が動かぬ。
 誰か買ったら見せてもらうか。さすがにここはクリエイターに敬意を払って買っとくか。

公教育から生み出せる人材は、社会のニーズとずれている
 そもそも、学校が職業訓練の場としては機能していないよね。
 ぶっちゃけ、俺が新人の頃、言葉遣いとか電話対応とか、超困ったからなー。当事は、ググればOKという時代ではなかったので、それ系の本を読んで覚えた。
 20を超えた一人の人間が、それぐらいの一般常識を持たないで、大学出てくるわけだから、そりゃスゴイ。この国どうすんだと思うわけだ。
 高校ぐらいから、職業訓練校(否専門学校)的な要素を強めていき、大学も「食える研究」「金になる研究」にシフトを敷くべきだと思う。
 もちろん、全部をそうする必要はないけど、半分ぐらいはそうしてもバチはあたらんだろう。
 少なくとも、国費で補助するんなら、そうでなければ意味無くないか?

中学受験こそ日本のエリート教育の本流、東大なんてクソ
 オイラみたいなヘッポコな腐れ野郎でも、得意分野というのはあって。
 小学校の時、コンピュータの授業が数学のオマケみたいにあったんですが。
 当時の自分は、BASICは把握して、描画の遅さをどうにかする為に、ハンドアセンブルでgetputを自作してたぐらいの知識。
 英語より先にマシン語ですよ。思い返すにコマンドの読み方随分間違えてましたもん。
 そりゃ、マニュアルで教えてる先生なんかにゃ負けませんわな。年季が違う。(ちなみに、他の授業とかだとバカ丸出し。偏った知識)
 学校って、軍隊、工場労働者、会社労働者などの、チャイムにしたがって、作業をこなす労働者としてのスキル、そこから落ちこぼれないスキルをつける場所なので。特殊能力のある奴は、伸びなくなっちゃうのよね。

 しかし、特殊能力伸ばしたところで、それで食えるとは限らないので、9割の人にとっては、今の学校システムって願ったり叶ったりなんでしょう。
 俺も、天才側1割では無い自信はたっぷりあるので。あの学校教育のおかげで道を踏み外さずに済んだなと思ってるし。(いや、だいぶ踏み外してるけど。それでもギリギリ踏みとどまっているのは)

 ということで、中学受験はさて置き、なんらかのピーキーな所で争うのは、いろいろと人間を疲弊させると思う。
 それは、一部の天才を掬い取り、他の凡才を蹴落とすことになるので、9割の人に痛い目を味わわせ、1割の天才もピーキーなフリークにしてしまう可能性がある。
 国としては、アメリカみたいに飛び級ばんばんさせてくのがいいんだろうけどね。コストを誰にかけるか、というのが明確になっていくので。
 しかし、画鋲みたいなピラミッド構造はやっぱり、多くの人を幸せにしないと思うのよ。
 この辺の話は難しいですね。
 でも、一番いい思いをするのは、画鋲の頂点に立った天才じゃなくって、ソイツに投資してリターン得た、才能じゃなくて金持ってる奴ですよ。

2010/02/14(日) 04:28:14| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.