島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
原稿料無料はアリかナシか。
「原稿料無料はアリかナシか。」という話がweb上で散見されて。
 あなたの公開している絵を本に載せるけど、タダでよろしく。みたいなの。
 文章でもプログラムでもいい。
見かけた意見としては。

・作者が自分で判断すればいい。
・ダンピングになるのではないか。
・出版社が利益を得るのに、著者が0円はどうか。
・原稿料ナシで本出せるなら出版社美味しいな。
・著者的にも宣伝になるならいいんじゃない。

みたいな感じ。

 以下自分の感覚の話。
 自分はフリーのプログラムを公開していた経験があるので、その辺、大変無頓着なんだけれども。
 フリーのプログラムは扱いもフリーだと思っている人は(製作者側も)多くて。稿料タダでCD収録とかは普通。
 見本誌くれない場合もある。

 これは新たに書き下ろした訳で無し、タダで公開してるんだからタダでくれよ。と言われれば、8割ぐらいは理解できる。
 なので、基本的に全部許可、見本誌くれるならちょーだい。というスタンス。

 書き下ろしをタダでってのはなかなか難しいところ。
 仕事には「お金」「名声」「興味」「スキル」のどれかが報酬になると思っていて、それで納得いけばタダでもOKだと思ってる。

 困るのは、ある程度の名のある人がタダで仕事を受けちゃうとそれが標準になって困る、みたいな話。
 これはまったくそのとおりなんだけど、漫画家の先生とかがページ単価上がりすぎちゃうと仕事が来なくなるので、一定以上高くしないとか、これもその人の生存戦略の問題なので非難しにくい。

 結局不景気が悪いんですよ。
 好景気だったら、出版社もそれなりにお金出せるしね。本の売り上げがどれぐらいか知らないけど。

 あー景気のいい話無いすかね。



2010/01/05(火) 00:10:20| 固定リンク|web| トラックバック:2 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
島国大和さんところのエントリで、「原稿料無料はアリかナシか。」というハナシがあがっていた。つまり、今までweb上に無料公開していたものを本に載せたいんだけど(おそらくその他大勢的な感じで)無名さんだからタダでいいよね?的な状況だと想定してみる。とっくに素
2010/01/06(水) 10:27:36 | たくらんけのblog WordPress版
原稿料無料はアリかナシか。:島国大和のド畜生 まあ本人が最終的に納得するかどうかだもんなあ。損して得取れになるときもあるし。本当に損するだけで終わることもあるし。ただ自分の経験だと、そういう風に原稿とかじゃないけど、仕事を手伝った時に、損したか得したかは
2010/01/09(土) 18:53:57 | 昨日の風はどんなのだっけ?
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.