島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のアレコレ
 うぉー切羽ツマツマ。

■ネットゲの集金力の話
個人サイトさんなので、リンクをどうしようか迷いました。リンクなしで。

09に入ってからコツコツ貯めたシルチケ100枚をダルビッシュ最優秀防御率のために一気に回しました!


 と書かれていてひっくり返りました。
 これは、ネットの野球ゲームで、ダルビッシュを入手する為に、100万円(リアル通貨)を使った。という事なんですが。(そして外れた)
 うわーーーーー。
 うわーーーーー。
 うひーーーーー。
 趣味にぶっこむ額としては妥当な額でしょうが、1本のゲームにぶっこむ額としては物凄い印象を受ける。

■パクリの話
「ちゃんとした物を考えられないぐらいなら、他のゲームからいいネタ拾って来い」
 的な話は良く出て。
 あんまり良く無いっチャ良く無いんだけど、限られた時間でなにかやる分には仕方ない部分もある。
 まるパクリにならないようにちゃんと考えるのは最低限として。
 しかし、最近立て続けにパクられた。これは中々ツライな。

「乗れるロボット」を個人で実現した前田武志さんにインタビュー
 アングルによってはガーランドだ!
 気合入ってるなーとほんと感心する。

ハチワンダイバー13:感想
 1冊丸ごと、菅田は将棋を指さず。50%はチームモンジ隊の活躍。50%はここで登場したかつての女流名人(当時10歳、今40歳)のお話。
 これはアレだ。エアマスターの深道ランキングの最後のバトルロイヤルが5巻ぐらい続いた頃の感じ。
 柴田ヨクサルは魅力的な人物を書くのが大変上手く、キャラ増やしていけばいくらでも話をつなげる事ができると思うんだけど、やはり、1つの物語として適切な長さというのはあると思うので、是非グズグズに伸びすぎずに綺麗に終わっていただきたい。

施川 ユウキの本
 あのサナギさんの作者の本、「森のテグー」と「え!?絵が下手なのに漫画家に?」が発売。明日だ。
 施川ユウキのマンガは「意味の解体」を延々やってくような芸風で、玄人ウケっぽい感じだったんだけど、サナギさんとかでキャラモノとしての成功法則をつかんだらしく、一見さんにもウケの良いマンガになって安定感が出た気がする。

2009/11/20(金) 01:37:12| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.