島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
ゲームの行く先
 今回のは殆ど独り言に近い。
 ゲームは今本当に転換期にある。

■リソース地獄
 今までのゲーマーが面白いというようなゲームでは、商売としての魅力が無くなりつつある。
 つか、世界で上位5社ぐらいの大手じゃないともう無理だ。

 ただのアクションゲームつくるだけで、リソース地獄に落ちる。

 ファミコンの時は、ザコキャラ1体つくるのに1日かからなかったが(そりゃ全部でアニメ8枚あれば多いぐらいだったから)最近は、ハイエンドだと1体2ヶ月はかかる。もっといく場合も多い。
 普通に考えて、そんな商売成り立つわけが無いだろう。
 もっと低コストで作くれないと辛すぎる。


■プログラム地獄
 ゲームが複雑怪奇かするにつれ、当然プログラムも複雑怪奇。誰がこれでバッグすんねん。というレベルになっていく。
 絵が高い密度になった分、当たり判定は複雑化したし、そのほか要素もエライこっちゃだ。
 ソース全体を把握するのは既に無理になっている。
 謎バグでも出た日には発売日に超影響する。もっとこう誰が書いても同じようなのはライブラリにでもなってりゃいいのにと思う。


■舵取り
 最近mixi内のゲームのサンシャイン牧場の話題が出たのだが、あれは良くできてる。
 コミュニティからイモヅル式にプレイヤーを引っ張る導線が大変優れている。
 いわゆるMMORPGなどの方程式に則っていて、その上でもともとコミュニティがあるところなので爆発しやすい。
 コミュニティ内に、参加障壁の少ないヌルイゲームを作って、その上でコミュニティ的な参加がないと先に進めにくい要素を用意して、客が客を引っ張るのを加速するというネズミ講的な見事さ。
(大陸のMMORPGなどでは常套手段)

 大変にネットゲームとは何ぞや、というのを解ってる企画だと思う。良く解ってる人が良いタイミングで、良いものを投下した。凄いね。
 この後、長期間遊べるだけの物量や仕組みを用意し切れたらたいした結果を生むと思う。

 この規模でこういう稼ぎ方をした方が、ハイエンドでマッシブなものよりリスクが少ない。

 例えば、アイオンがありえない高額を突っ込んで製作されたが、アカウントハック等の問題で順調といい難いという。
 あれも冒険的な箇所は少ないものの、かなり洗練された凄いゲームなのだが、初期にかけたコストを考えると、ちょっとやそっとの成功では許してもらえない。
 こういう事例が積み重なっていく。


■間違った認識
 少し前まで。もしかしたら今でも。日本のゲーム業界人の一部には勘違いがある。

「ネットゲームはクソゲーばかりだ。あんなクソゲーでも儲かるのだから、我々が作ったら大ヒット間違いなしだ」

 みたいな。
 これが誤解なのはわかってもらえると思う。
 面白いゲームと、儲かる大ヒットするゲームというのは残念ながら別モノなのだ。そして特にネットゲームではそれは顕著だ。

 例えば自分は数十分で遊び終えて超絶面白い、というようなゲームが好みだけど、そんなものは商売にならない。あっという間に中古に流れて終わりだからだ。

 そしてネットゲームは60時間ほど遊べたらそれでいい家庭用とは異なり、さらに長時間遊べる仕組みを組み込まざるを得ないためクソゲー化しやすい。
(例えば60時間で遊び終えた場合、ハードプレイヤーは1週間ぐらいで終わってしまう。1週間で賑わわなくなったゲームはネットでは失敗となる)

 家庭用でも中古対策などを含め、やたら素材集めやら錬金、武器練成などを組み込んだゲームが増えたが、ネットゲームはあれの10倍は面倒でなければゲームとしてあっという間に枯れてしまう。

 その上でゲームとして枯れない為には、常にリソースを継ぎ足し続けねばならない。
 それは、それなりのシステムが必要だし、超長期的な計画が重要だ。

 そういった要素を考えれば「我々が作ったら大ヒット間違いなし」と思う人達の思想でゲームを作ったら、早期にネットゲームとして破綻する。(その思想はキライじゃないのだが)

 結局ネットゲームにはネットゲームの有り様があるのだ。
 国産ネットゲームの大成功事例は、海外のネットゲームの成功事例をなぞったものが多いのも、そういう因果関係による。
 でも、この鉱脈は掘りつくされた訳では断じてないので、もっとスジのいい鉱脈が見つかって欲しいと願う。俺は探し続ける。


■ココだけの話
 ここだけ、本音を言えば。
「でっかいボスが出た、工夫して倒した!」
 てのが俺は大好きだよ。
「でっかいボスが出た。素材を集めて武器を作り、ザコを狩って経験値を溜めた。おれの30日分の苦労で倒した!」
 てのは、辛いんだよ。苦労は実社会だけで十分だ。

 皆がもっと、面白いと思うものに金を払う世の中だといいと思うが、残念ながらそういう世の中だった事は今まで一度も無いの期待できない。好景気だと似たノリにはなるけど。

 コピーと中古対策、フリーライド、基本料無料のアイテム課金の為に、どんどんゲームがゲームじゃなくなっていく。カンベンして欲しい。
 これはまぁ俺が好きだった狭義のゲームの話であって、世間はゲームで溢れているし、ネットと携帯を入れれば、空前絶後のゲームブーム中だ。


■嘆いていても始まらぬ
 ゲームは作ったからには多くの人に遊んでもらわねば悲しい限りなので。
 多くの人が遊ぶような仕掛けを作るのは全然間違っていない。
 遊ぶからには長時間遊べる方が良いって人もいるので。ゲームが長くなるのも間違っていない。

 ただ望むのはゲームにつかった金額、かけた時間分は「ああ面白かった」と思える物が良い。
 俺はそういうに関わっていたい。目指したい。
 ただそれだけのことが、イバラの道になって来ているのは大変に残念だが。
 

■だからゲームは転換期
 そろそろスペック競争も一段落。
 ハイエンドを追い回すと、疲弊して死ぬ。
 パラパラマンガとハリウッド大作を同じ土俵で売ってるんだから、そりゃ死ぬ。

 パラパラマンガにはパラパラマンガの味がある。でもそれで食えるかというと難しい。

 ハリウッド方式が良いとかって話も出るが。ジョージルーカスはハリウッド方式は金がかかって、しかも思い通りに行かないから嫌だつって、全部自社や自己資金で回した。 

 だが、まだまだ手はある。
 ぶっちゃけ、目茶目茶好調な所も知ってる。なるほどねそれはアリだねと思う。

 多分、ココから数年のゲームシーンは、PSが出たゲームバブルの頃ぐらいの大きい変化がある。というか何を持って変化というかにも寄るが、相当な変化が既にある。
 面白すぎて注目を外せない。日本のメーカーにはマジ頑張って頂きたい。

 追記:
 殆どグズグズの独り言だけど気にしない方向で。

追記2:
4gamerの記事載りました。ハリウッド式に関して書いています。

2009/10/02(金) 08:23:02| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
朝からmixiアプリやツイッター、タンブラーなどを眺めて遊ぶ。なんと非生産的な休日!   最近の、ソーシャルゲームとSNSの組み合わせの爆発力は凄まじいものがあるね。どれも似た様なゲームばっかりで、数年後には飽きられそうな気がするけど。しかし、大手ゲーム会社が「
2009/10/17(土) 03:04:48 | きこりの日記
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.