島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日の日記的アレコレ
 よしもとばななが居酒屋で不愉快に思った話を見て、いろいろ思ったので、目線の話をリニューアル。

 ばななにも、店長にも与する気はないんだけど、「飲食店、サービス業というのは、お客を不快にさせてはいけない」という意見もあるようで、これだけは同意出来ない。
 あー、書きだすと長いなー。別途書くか。
 しかし、オイラのごとき泡沫が、今更こんな話に関わってどうすんだ。という感じでもある。

DVDどれでも3枚3千円
 正直、舐めてた。結構いいのある。
 あと、スパイダーマン 誕生の秘密 -スタン・リーの世界とか、買う気全然なかったけど3枚買うのの1枚になら入れてもいいかという気になる。

今日のガンダム

第28話 大西洋血に染めて

 玩具的な必要性によって、冒頭はGアーマーのドッキング訓練シーン。
 ガンダムから合体したGアーマー時には、シールドが1枚しかないという、合体変形上の問題を、深刻な軍事的要素のように語るナレーションの苦しさが素敵。
 これが、シールド2枚重ねとなり、当時のメカオタガキ(俺)はそれは無ぇよなぁ。と思っていたけど、最近のGアーマー玩具ではちゃんと2枚重ねを再現する。恐ろしい時代だ。

 今週のビックリドッキリメカはグラブロ
 何にも似つかない独特のシルエット。三角形の潜水艦に太いアームが2つ。そのアームにズゴック2体をぶら下げて巨大さをアピール。水中戦でガンダムの片足を引きちぎる強さを見せる。

 ちなみに、当時のガンプラシーンでは、やはりモビルアーマーは人気がなく、ガンプラブーム中でも結構余ってた。
 当時の人気順序は、以下のようだったと記憶する。
ガンダム>モビルスーツ(ジオン)>モビルスーツ(連邦)>モビルアーマー>艦船
 だがしかし、戦うグラブロはかっこいい。
 対潜攻撃能力をほとんど持たないホワイトベースは海上飛行時の海中からの攻撃に大変弱い。
 モビルスーツで水中戦が出来るのはガンダムぐらいのもので、海中からヒットアンドアウェイを繰り返す敵に苦戦する。
 これまでに、4機のモビルスーツを沈められているマッドアングラー隊だが、その4機+今回のグラブロ+ズゴック*2機でまとめて攻めていたら、ホワイトベースぐらい落とせただろう。
 この辺、シャアの采配の酷さ(ワザとやってるんだもん)は最悪だ。上司に持ちたく無い。

 話の本筋は、スパイとしてホワイトベースに乗り込んだミハルとカイの触れ合いと死別。
 第2次世界大戦メロドラマ的なノリは、今の美少女、美少年ばかりのアニメでは再現不可能だろう。
 恐ろしい事に、このミハルの死には、一切の救いが無い。
 ミハルの幼い兄弟はこの後、ミハルという支柱なしで生きていかねばならないし、ミハルの死は無駄死にでしかない。「あの子たちならちゃんとやっていけるさ、いつまでもこんな世の中じゃないんだろ」と語るカイの脳内ミハルも、脳内なんだからフォローにならない。
 
 ドラマとしてめっちゃ優れてるわけでもなければ、ギミックとして非常に凝ってるわけでもない、それでも、その世界の空気を反映している、いいフィルムだなーと思う。

2009/08/16(日) 20:59:49| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.