島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ブログとかブクマとかつぶやきとかの価値の話。
 ブログとかブクマとかつぶやきとかの価値はどこにあるかと。

 それは「視点の提供」だと思っている。

 このブログは好き勝手いい加減な事を書いているけれども、稀に原稿書いたりする時に、原稿の読者はオレにいったい何を求めてるんだろう?と考えるわけで。

 そもそも、現役ゲーム開発者なんて、日本だけでも何千人でも居る。匿名でなくても腐るほど居る。
 開発者である事に希少価値は無いし、もしかしたらオレが実は引きこもりニートの妄想ディレクターの可能性だって有る。

 ということで「視点」だと思う。


 ものすごく個人的な話をすると、なんの特色も無い日記ブログがわりと好きだ。
 サラリーマンが仕事のグチを書いてるようなブログ。いろんな人がいろんな視点でいろんな思いの丈を文字にしている。
 同じような考え方をする人でも100%同じってわけじゃないので、その違いが面白かったりする。

 「普段から色々な考え方を晒している人」が、「この件に関してはこう考える」という情報は、読み物として面白い。自分はそういうのを読むのが好きだ。
 ドラマは現実の中にある。


 ちなみに。
 漫画を読むときもそういう読み方をしてしまう。
 荒木飛呂彦とかは、漫画の中に本人の美意識や考え方が多く書き出されていて、そこに惹きつけられる。その視点が正しいとか間違ってるとかは関係が無い。
 筒井康隆の小説が好きで若い頃ほとんど読んだけど、これも同様に視点に引かれた。

 独特の視点も面白いけど、フツーの人の視点も面白い。

 映画や、小説もそう。世の中のエンターテイメントって、視点の提供に関わる事が多いと思う。


そんなわけで。
 ブログとかブクマとかつぶやきとか見るの楽しいね。
 ただ、どんどん短文化してくので、熱のこもった長文が見れなくてちとさびしいけど。

2009/10/31(土) 00:26:01| 固定リンク|web| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.