島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
尊敬され、好かれるリーダーになる方法。
「リーダーは憎まれモノにならなければいけない」とは本当か?

 興味深く読ました。
 感想というよりも、これをきっかけに個人的な思いを。

 チームメンバーが全て優秀であるならば、リーダーはチームのモチベーションに全ての労力を注いで良いとは思う。
 プロジェクトが順風満帆ならば、リーダーは誰にも嫌われない振る舞いが出来るかもしれない。

 でも。

 そうは問屋がおろさない。
 人にこちらが望むように仕事をしてもらうのは難しい。
 欲しい結果が得られない時、リテイクを出すだけでも、嫌われる時は嫌われる。
 妥当な締め切りに遅れる人だっている。彼はノルマが厳しすぎると思うだろう。
 彼の失態をカバーする為に投入される人はその采配を嫌うだろう。
 そしてプロジェクトが上手く回らなければリーダーに能力がないと思うだろう。

 プロジェクト単品を見ても。
 誰がやっても失敗するプロジェクトというのは存在する。
 そんなのに関わってたらロクな目に合わないが、でも投げ捨てることも叶わない。
 そういうのは、とにかくダメージコントロールが必要で、一番痛い失敗をなんとか回避する。
 しかし、どうしても、あちこちで痛い目にはあわざるをえない。
 リーダーは、融通のきかないプロジェクトと疲弊するチームの間で板挟みになるだろう。
 そんなわけで「リーダーは憎まれモノにならなければいけない」なんてことはないだろうけど、必然的に憎まれ易い。
 好かれるリーダーってのは皆にメリットを回す奴のことだけど、皆にメリットを回せるようないい仕事はそうは無いし、本来メリットを受けるべきでないレベルの人に与えると、他の人は不愉快に感じる。どうしたってお花畑のようには行かない。
 自己犠牲だけでリーダーやってたら、真っ先にリーダーがツブれる。

 また、憎まれるのを回避したいがあまり、人を怒らない、命令しない、スケジュールをヌルく見積もる、等をしていると、結果としてプロジェクトの失敗を招き、アイツの所為でと憎まれる事になる。これが一番最悪だ。
 仕事柄、ビジネス書をチラチラ読んでるんだけど、かなりの本が、自分さえ上手くふるまう事が出来れば全てが解決するような書き方がされているのでイラっとする。

 そりゃ「あなたが、こうすれば万事解決」って書いてないと売りにならないと思うけど、仕事なんかもっとままならないもんだろ、と思う。

 ままならない、と解った上で、なんとか、関わる人全員が大きいワリを食わないように、と頑張る。
 それ以上の事はもう、運の領域じゃなかろうか。
 単に実力不足の所為で、そう思ってる可能性も高いけど。

 尊敬され、好かれるリーダーなんてのは、基本的に夢物語。
 誰がリーダーかなんてのは、指令系統と情報の流れを明確にするためにのみ重要で、それ以上のことを上にも下にも求めるだけ無駄。
 そういう風に思っておいた方が、プロジェクトは上手く回る気がする。


2009/03/24(火) 01:41:03| 固定リンク|仕事| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.