島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
何故茶髪がいけないか。
 「何故茶髪がいけないか。」的なエントリをいくつか読んだ。どこだったか思い出せない。
 学生が何故茶髪にしちゃいけないか。校則は理不尽ではないか、というもの。
 自分は、茶髪とかは、個人の自由だし、それを学校が不可とするのも自由という立場。

 だってさー、校則は理不尽だとか言ってる奴、どう考えてもバカじゃね?
 お前らだって就職活動するときには、髪黒くして紺のスーツ着るんだろ?
 学生という、庇護されるポジションで精一杯粋がってもみっともないよ。

 そもそも学校ってのは、社会生活の理不尽に慣れる場だよ。(労働者育成機関。産業革命以後、チャイムにそって時間通り行動する労働者が必要だった。)
 学校とはそういうものだと割り切って、そこで振る舞いを学ぶべきろう。

 隠れて茶髪でも、飲酒でもタバコでもすればいいじゃん。登校まえに白髪染めしろよ。
 もしくは、うるさくない学校を選べ。上手く振舞えよ。
 先ずそういうことを学べ。

 自分の金で自分を自由に出来ないウチは、一人前のクチをきいても、だれも耳を傾けない。
 逆に、自分の金で自分を自由に出来る頃には、誰一人助言をしてくれない。

 学生という、庇護されるポジションで精一杯粋がってもみっともないよ。(大事な事なので2度言いました)
 とっとと白髪染めして、心で舌をだしておけばいいんだよ。
 学校終わったら、茶髪でもピンクでも緑にでもすればいいんだよ。実はだれもお前の髪の毛なんか気にしてないんだよ。学校という群れのブランド、群れのほかの個体に対する影響を気にしてるだけなんだからさ。
 それが解んないなら、バカだし、解ってて文句いってるなら、カマって欲しい甘えんぼだよ。

 昔から、群れとの折り合いをつけるには、世間を変えるか、自分を変えるか、適当にやり過ごすしかない。世間を変えるつもりなら、茶髪ごときにそのカロリーは使いすぎ。


 今回、果てしなく口汚い書き方をしたのは、知人の息子が茶髪にしてて噴いたので。
 おーい。ボウズ。おとーちゃんは苦笑いしてたぞ。お前のお小遣いの為に、おとーちゃんはビールが発泡酒になったんだぞ。
 ほぼ同期(つっても5歳上か)に中学2年になる息子がいるというのに俺ときたら。


BLEACH

追記:
 この文章を読んで、学校側擁護だと思った人がいるらしく。うーむ。
 どうみても、学校なんかカロリー使う相手じゃねーだろ、上手くいなせよ。という文章だと思うんだけど。難しいな。
 多分文章読んでないと思うんだよなー。

2009/03/19(木) 02:02:19| 固定リンク|web| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.