島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
漫画:神々の山嶺(いただき) 感想
神々の山嶺(いただき)
原作:夢枕獏
漫画:谷口ジロー

 原作は未読。でも夢枕獏だからなんとなく想像が。いや全然違うかもしれない。
 以下ネタバレアリアリで。

 登山撮影でネパールに来ていたカメラマン深町は「そこに山があるから」で有名なマロリーのカメラをカトマンズの古物商で発見する。
 マロリーはエベレスト登山に置いて死亡しており、その時所持していたカメラであれば、そしてもしもフィルムが存在すれば、マロリーがエヴェレスト初登頂を成したのかどうかの真実に近づけるかもしれない。
 カメラを巡るうちに、深町は、現地でビカール・サン(現地語で毒蛇、ハブの意味)と呼ばれる日本人、羽生に接触する。(羽生とハブ)
 羽生は名の知れた登山家であるが、山に一途過ぎるがゆえに孤立を深めた男であり、彼は現地でシェルパ(ヒマラヤの現地人登山ガイド)として登山に参加し、賃金を得つつ、山男としての体力を維持し、エベレストの地理に習熟していた。
 彼は世界初の冬季無酸素単独登頂を狙っていたのだった。
 深町は彼の人生に惹かれ、彼を追い、エヴェレストに惹かれてゆく。


 この漫画の中で、抜群の輝きを持って描かれる羽生のモデルは森田勝(wikipedia)だそうだ。なるほど重なる部分が多い。

 山に興味も何も無い自分が最後まで興味深く読めたのは、その構成の巧みさと、画力の所為だろう。すばらしー。(今更だけど読んで良かった)

 登山に魅せられた男の生き方や、登山の周辺の人たちの生き方が深町を通して描かれ、羽生に、エヴェレストに、魅了されていくのが納得の行く筆致で書かれている。
 登山に関する知識を説明過多にならないように散りばめてあるのもありがたい。


ウィキペディアには、マロリーは登頂したのか否かに関する記述がある。

 そこにマロリーの息子の言葉があった。
僕にとって登頂とは生きて帰ってくることです。もし父さんが帰ってこなければ決してやりとげたとはいえないのです

 というわけで大変オススメ。

 あと、谷口ジローの漫画は本当に外さないなーと思った。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.