島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
Zガンダム(35~最終話)
 ここんとこ、家で仕事している時に傍らで「Zガンダム」を流していたんだけど、それも最終話。
 ちなみに35話までの感想はこっち
取ってつけたような無理矢理な終わり方なれど、最終2話はテンションが高くて面白かった。でも全体通しての話ぐちゃぐちゃ。
 後に続くZZガンダムの為にラスボスを残したまま無理矢理決着をつけたのだろうけど、それは作品としてどうなのさと思う。

 全体を見渡すと無駄なキャラとエピソードが多いのが気にかかる。ジェリドの周りに現れてポコポコ死んで行く女性陣はジェリドの成長を促し示す者だと思うけど、あれ多すぎないか?カミーユサイドもそう。フォウ、ロザミア。一巡したらカミーユとカツを入れ替えてサラ。
 カミーユが勝手に出撃して怒られ、次はファ、次はカツ。レコアは勝手に出撃して帰ってこない。なんかエピソードの使いまわしとは言わないけど、繰り返し似たシチュエーションが多くてウンザリする。上手く扱っていれば多層的で重厚な話を演出できたんだろうけどカタルシスの無いウダウダと無間地獄のように続く賽の河原的物語な印象だ。「大佐危ない!」身代わりでドッカーンってシチュエーション何回あったか数えるのもタルい。

 と、これだけグチを書いておいて、それでもそれなりに見せる力がある映像作品だと思う。
 Zからガンダムを見始めて感銘を受けたってファンも普通にたくさん居るみたいだし。映画で再編集されれば結構イカしてるんじゃないかと期待している。
 ぶっちゃけZを見終わった後、別のアニメを垂れ流しているがタルイ。情報密度が低い所為で話の進行にドライブ感が無い。富野は腐っても富野という事だと思う。

 ただねぇ。ララァが宇宙空間で波の中ざっぱーんってやってるのはイメージ映像だからいいとして、フォウが普通に発光してるのはやっぱり表現としてどうかと思うのよ。
 この手の表現で違和感を覚えないのは、ニュータイプ火花(目頭にキラリンとくるやつ)が限界でしょうね。リアル映像内にイメージ映像突っ込むのは限度を越えるとツライですよ。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
○解説 出典 機動戦士Zガンダムより グリプス戦役の最終局面。ティターンズの残存艦隊をエゥーゴが手に入れたコロニーレーザーで殲滅しようとした。発射線上で戦っていたカミーユが退かない事に業を煮やしたクワトロ・バジーナことシャアが死に急ぐカミーユをさと...
2005/05/01(日) 01:55:31 | HammerのDirty-Mind
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.