島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
日本社会の病巣的ななにかと「お殿様型支配」
どうにも日本社会の病巣として

「責任と権限の曖昧さ」

があって、最近のイロイロはこれがすべてのガンの気がする。


・オリンピックで、アホみたいに感染拡大したら誰が責任とるの?
・ビジネストラックでアホみたいに感染拡大したら誰が責任とるの?
・ロックダウンして、結果的に経済死んだら誰が責任とるの?

こういった話を本気でしていたら、あそこまでノラリクラリはできまい。
もうちょっと小さい話でも豊洲移転でもめた無駄コストすら責任の所在が不明なので、その程度の社会体制なのだ。
(というか本来スジ小池の責任だろう)



そういった大規模の責任の所在の話だけでなく。
有る種の研究機関において、若手研究者の仕事に、ビーカーや試験管洗いというものがあり、根性論や精神論に近いのだが。
これを中国などはあたりまえだえけど、ビーカーや試験管を洗う人を専属で雇っているので、仕事の速度が違う(当たり前過ぎる)
その代わり、成果の出ない研究者はバンバン首を切って入れ替えるので、当たり前のように研究成果が出る。
これを、日本の場合、「ヤツは成果が出てないけど、ビーカー洗いしっかり真面目にやってたから」とか、意味不明なところで評価したりする。
これは社員による掃除や、エンジニアに焼きそばを焼かせるなどのよくある問題なのだが。
これは成果の出ない社員をバンバン切らない代わりに職域を曖昧にして価値を付加するという意味もあって、有る種のセーフティにもなっている。
なっているのだが、成果は出ない。
出来るスタッフの能力の無駄遣いだから、そりゃそうだ。
こういった仕組みと成果主義が重なると最悪で、成果に関係ない仕事が大量にあって成果が出せないとか、能力のない人が上長になって、現場判断でやりくりしないとどうしようもない(=責任が曖昧になる)状況を生む。


ここまでは中規模の話だが、もうすこし身近な話として。
このプロジェクト失敗したら誰が責任とるの?
みたいな、小規模なヤツ。

個人的な話をすると、プロジェクトで、DやってもPやってもリードプランやっても、自分の前後左右から「ああしてくれ、こうしてくれ」「こうのほうがいいんじゃない?」という話をされて、こっちも調整が仕事だと思っているのであっちこっちを説得して回るのわけだが。
これも、Dならディレクションが仕事、Pならプロデュースが仕事と割り切られていれば、この無駄は存在しないのである。絵描きは絵をかけ、プログラマはコードをかけ、プランナーは仕様を定義しろ。みたいな。
(その代わり必要なツッコミには意地でも答えねばならない)
開発現場だと、各メンツが思い思いの「いいゲームとはこうだよね」という思い入れを大事にしてしまう場合がある。大抵の場合混ぜるな危険なので、全てを聞いてはいけない。
本来スジでは、そこは職域外になる。(多くの人の意見を聞くが、選別するのはDやPの仕事というスタンスでいるが、意見に固執されると面倒は多い)

逆に。
俺は、受けた指示に対して「ここは問題が出るがいいのか?」「こうした方がいいのではないか」は、決定前には言う、決定後には言わない、というスタンスでいるが、どっちみち人の言うことをすべて聞いてものを作っても売れなければダメージを受ける。
これが職域の問題で、言われたとおり作って言われた通りの成果がでれば評価される、という仕組みなら別に言うこと聞くのだけど、大抵の場合、責任(というかダメージ)も降ってくるので、最低限ここを抑えないと成立しねぇってのはあるから、面倒な交渉が必要になる。
責任と権限が曖昧なのは、日本的というか、お殿様的な「神輿は軽いほうが担ぎやすい」とか「良きに計らえ。うまくいったら褒める、ダメなら貶す。おれは口を挟む」みたいな雑さとか、いろいろがないまぜになっていて、ある程度の権力を握る人にとっては使いやすいが、こういうヤリクチではプロジェクトが失敗しやすい。

本来スジなら「お前の責任はここからここまでだ。ここまではお前の裁量、お前の裁量内で失敗したらお前の責任。お前の裁量外で失敗してもお前の責任ではない」と線が引かれていたほうが効率的だろう。

基本的に仕事なんて、裁量外でのダメージを喰らいまくるのが当たり前なので(たとえば、給料なんて会社の状況に左右されるし、会社の状況なんて景気に左右されるので)そんなことは当たり前なのだが、当たり前だからこそ、プロジェクト内の裁量ぐらい明確にしておきたい。
が、これが契約書通して握るような仕事でも、会社内できっちり指示系統つくった仕事でも、みんな中途半端に自己裁量+空気を読んで仕事をする。

これはもう、日本という国が長年熟成してきた構造じゃないのかと思う。島国で狭い空間で同じ生活様式、バックボーンの上で生きてきたが故に、空気を読み合って仕事をするのが普通になっている。

かつ、


空気を読まれるラクさを、


意思決定サイドが便利に使うと

「お殿様型支配」

になる。


(今適当に作った言葉)

俺自信は、この辺の状況に過敏だし、それなりにかき混ぜようと動くし、スタッフにも周囲にもクライアントにも比較的恵まれているので、ひどいことになりにくいが。

それでも、この「モヤ」っとした部分を解消するために結構なコストを支払っている。
大規模、中規模、小規模と責任の所在が曖昧でロクなことにならねぇ、というの話をしたのだが、小規模はせめて自分の周囲だけでも自分が気を使って動こう、って事ですむのだが。(済まないのだけど、せめてそれぐらいはする)

大規模のこれ、責任者が責任をとらないの、どう見てもおかしいので、せめてもうちょっと、責任者とメディアは仕事してほしい。

--------------
以前の昼休みに書いた文章を誤字脱字修正して投稿。
1ヶ月放置すると広告が上がってくるからこっちも必死である。

2021/01/28(木) 09:48:28| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.