島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
3Dプリントで玩具を作る。俺用メモ
久しぶりに出力しようとして、さっぱり覚えてなかったので、自分の記事を検索したがさっぱりわからん。

3Dプリントで玩具を作る


ので、自分にしか有用でないが、自分が検索したときに分かるように色々メモを残す。

① Lightwaveでモデリングする。
これはいつも通り。サイズもmmで普通に作る。
  強度要注意。(1mm以下のパーツは危うい)

② 出力形式として STL を用いる。
 STLは3D System社のフォーマットで多くの3D CADソフトがサポートしている、事実上業界標準フォーマット。
 Stereolithography(ステレオリソグラフィー)。
 なぜかしらぬが、1000倍で出力してちょうどのサイズになる。
LW2STLjpg.jpg

 ここで注意すべきは、ポリゴンの三角化や、線ポリゴンの削除はこの出力プラグインを使わない。精度が低いので、LWの標準機能で行わねばならない。

③MiniMagicsで破綻がないかを確認する。
 ポリゴンが赤色で表示されたらアウト。
 マジでよく破綻する。この辺、LWの使い勝手の良さと、それゆえのデータ整合性の悪さなので仕方あるまい。
 破綻してたらLWに戻って修正。
 三角化するとやりにくいので、その前のデータは必ず残しておく。
 minimagicsのフリー版はフォルダのパスが毎回リセットされてストレスフルなので、ドキュメントの中に、ショートカット置いておく。

④DMM3Dprint(DMM.make)にUPする。
 ここでおかしいときは大抵、超点数が多すぎて破綻している、↑のチェックで見つけられなかった破綻がある。など。

 以上。
完全に俺用メモ。

普段から、MiniMagicsを使ってるわけでないので操作を忘れる、LWとのスケールの違いで毎回躓くので、ここにメモとして残した。

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.