島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
3Dプリントで玩具を作る。俺用メモ
久しぶりに出力しようとして、さっぱり覚えてなかったので、自分の記事を検索したがさっぱりわからん。

3Dプリントで玩具を作る


ので、自分にしか有用でないが、自分が検索したときに分かるように色々メモを残す。

① Lightwaveでモデリングする。
これはいつも通り。サイズもmmで普通に作る。
  強度要注意。(1mm以下のパーツは危うい)

② 出力形式として STL を用いる。
 STLは3D System社のフォーマットで多くの3D CADソフトがサポートしている、事実上業界標準フォーマット。
 Stereolithography(ステレオリソグラフィー)。
 なぜかしらぬが、1000倍で出力してちょうどのサイズになる。
LW2STLjpg.jpg

 ここで注意すべきは、ポリゴンの三角化や、線ポリゴンの削除はこの出力プラグインを使わない。精度が低いので、LWの標準機能で行わねばならない。

③MiniMagicsで破綻がないかを確認する。
 ポリゴンが赤色で表示されたらアウト。
 マジでよく破綻する。この辺、LWの使い勝手の良さと、それゆえのデータ整合性の悪さなので仕方あるまい。
 破綻してたらLWに戻って修正。
 三角化するとやりにくいので、その前のデータは必ず残しておく。
 minimagicsのフリー版はフォルダのパスが毎回リセットされてストレスフルなので、ドキュメントの中に、ショートカット置いておく。

④DMM3Dprint(DMM.make)にUPする。
 ここでおかしいときは大抵、超点数が多すぎて破綻している、↑のチェックで見つけられなかった破綻がある。など。

 以上。
完全に俺用メモ。

普段から、MiniMagicsを使ってるわけでないので操作を忘れる、LWとのスケールの違いで毎回躓くので、ここにメモとして残した。

今日のもふもふ
 とにかく忙しいのでシャレにならず、運動する暇もなくプニってくるのでヤバイ。
 だが、楽しく生きていくべきなので楽しくやるのだ。

■消費税
 天下の愚策、軽減税率で世間がギスギスしておりなかなかにひどい状況で笑わせる。
 景気に冷や水をかけるのに忙しいらしいぜ。

■ドラクエウォーク
 流行ものは押さえるスタンスなので、ゴリゴリプレイ。
 ファーストインプレとしてはとにかくかったるく、継続に難がある印象が強かったのだが。
 だがしかし、継続施策の上手さ、小出しに進捗を感じさせるバランス調整の見事さ、小出しのヒキの強さなど、ジャパンソシャゲの構造美が見事なレベルですごい。
 かったるいインゲームをかったるく思わせないためのアウトゲームのバランス調整が見事である。

 とはいえいまだに「行き先指定」が面倒くさいと感じている。
 この中から選べ、とかいうぐらいなら、この中のうちどれについてもゴールですよ、にしてくれればいいのにと。
 通勤や、そのた所要での移動は、どうしても突発的なので、移動前に移動先をセットするというのがかったるすぎる。

 プラス移動中に不要なテキストが大量に流れるのもつらい。(フルスキップ)

 そういった、ストレスを、電車移動に耐えるゲーム性、歩かなくても遊べるゲーム性(pokemonGOほど歩くことに固執したデザインになっていない)によって、薄めて、結果的に、ああなるほどこういう着地か、と思わせる構造。

 流石のビッグネームである。

■彼方のアストラ

 漫画を先に見ていたので、アニメ版走っている話の消化、という感じになってしまったが、無理な引き延ばしの無いお話というのはやはり手堅い魅力がある。(無茶な圧縮はつらいというのも最近経験したが)

漫画版はまた味わいの違う面白さ。


■出せる結果というのは自分の能力と紐づいているので
 実力以上の力を出そうとしたら、協力を仰ぐしかないので、それこそかかわり方が重要。
 人間には心がついているので、ほんと要注意だなと思う。
 歳を喰って何が変わったかと言えば、ひたすら腰が低くなった気がする。(主に若者に対して)
 偉い人向けにはあんまり腰が低くない(それがよくない)
 これは費用対効果だよな。 偉い人に腰低くしても目に見えたメリットは無いんだよ。

2019/10/02(水) 16:53:47| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.