島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
今日のごっほごっほ
 ヒマそうに見えるかもしれないが、実はちょっとシャレにならぬ追い込み状態であり、webでゴソゴソやってるのはスキマをみての足掻きだったりする。
 そしてちょっとムリが祟ったか、風邪っぽいやばい。

 仕事は出力なので入力する時間を稼がねばならぬし、遊びたくない隙でもないジャンルのゲームだって目を光らせねばならぬ。難儀なこったと、体調が堕ちてくると思う。(元気な時は平気)

スライヴ ハンディマッサージャー MD01
 運動なんて1mmもしていないのに下半身が筋肉痛という状況が半年ぐらい続いていて、とりあえず買ってみた。
 ブイーンとやっとくと、一時的に痛みが散る気がする。(実際は知らぬ)
 糖尿病じゃねーかとか、痛風の前段階じゃねーかとか、肝臓の影響じゃねーかとか。いろいろ疑うんだが、前に検査した時は何も出なかったのであった。
 ただの老化ならいいのだが。おそろし。

■知り合いの中国人が
 アメリカでゴソゴソしているそうなのだが、「真剣に中国ヤバイ、余波で、日本やロシア、韓国、台湾は、経済的にヤバくなる。気をつけろ!」 とか言われるも、気をつけても打てる手無いよ;;
 外貨に分散させても、どこがやばいかわからないレベル。

RE/100 1/100 MSN-04II ナイチンゲール (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン)
 ナイチンゲールに思い入れがゼロなのだが、この手の、「操縦者のメタファーとしての異形」ってどれぐらいの効果があるんでしょうね。
 ララァのトンガリ帽子とか、黒騎士のガラバとか。クェスのαアジールとか。
 他の機種とカブらないから、画面的に解り易い、サイズが異なるから、絵的に構図に変化があっていいってのは解るんだが。
 ガラバに関して言えば、ズワースぐらいにしておいたほうが、ダンバインの魅力としてのチャンバラの魅力は消し飛ばずにすんだと思ったりする。
 結局これも演出次第、ビグザムはよかったよねーとか、αアジールは出てきただけだよねーとか。そういうことだとは思うけど。
(αはちゃんと活躍してます)

2015/07/26(日) 22:43:37| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
OVA メガゾーン23part2 感想


 バンダイチャンネルの罠(1ヶ月入って見たいのだけ見てからやめりゃいいや⇒フンギリがつかず止められない)にハマってしまったので、メガゾーン23part2を見ることにする。
 前作の感想はこっち

バンダイチャンネルロゴバナー(灰)

 メガゾーン23part2は前作から話は引き継ぎながらも、キャラクターデザインを平野俊弘氏から梅津泰臣氏に変え、当時としては『え!?こんな難しい絵を動かすの!?』というインパクトのある絵ヅラであった。
 前作から引き継がれているキャラクターの見た目はほぼ別人となっているし、メカデザインは前作と同じシルエットながら線が増え立体が複雑になっている。
 当時の俺、ぽかーん。である。
 これは、OVA(オリジナルビデオアニメ)という、TVアニメより制約が少なく、映画より宣伝予算が安い、という絶妙なポジションから、製作者サイドがものすごいチャレンジをしたのでは無いかと。(実際は知らないが)
 当時は、この絵の変化は賛否両論だったような気がするが、自分は「リアルっぽい絵」への憧れが強かったので、単純に興奮していた。

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.