島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
本 荒木飛呂彦の漫画術 感想
荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
 届いたので読み。
 大変面白い。
、ジョジョの奇妙な冒険シリーズで有名な漫画家、荒木飛呂彦が書く漫画の描き方。
 あちこちで断片が語られていた創作技法が本人の手でまとめられており、初出のネタも多い。

 魔少年ビーティーがどのような狙いを持って描かれたか。デビュー作、武装ポーカー(ゴージャス★アイリン―短編集 (集英社文庫―コミック版)収録)の狙い、その時の心情など、興味深いものが語られていく。

 自分も創作物を作る末席のさらに端っこに片足引っ掛けさせてもらっており(でた。月給貰ってるのにクリエイター気取り)常に、どうやって読者、視聴者、プレイヤーの気を引くか(正確には離脱されないか)考えている。
 それ故にこの本は、「自分の見落としに気付く」のに最適だし、そんなことを気にせず、ファンとして読んでも面白い。
 荒木氏自身は、作品以外で語る時にとても言葉を選ぶ作家なので、その言葉の選び方自体が楽しみでもある。

 ちょっと前の筒井康隆の創作の極意と掟のように、自分の好きな作家の創作技法に関わる本というのは読んでいて頷く事しきりだ。
 ああ、やはりそういう意図で描いていたのか。そうだよなぁ。そこまで考えるよなぁ。自分もそう思っていたよ(そう思っていたのはおそらく全ての読者である)。みたいな。
 
 自分の畑はゲームなので、漫画や小説などと比べて小回りが利かない。
 漫画はネーム(下書き)描いてる最中の思いつきを反映させる余地があるが、ゲームにおける仕様変更は影響範囲が大きい。無駄作業を避けるために、知識と引き出しはいくらあっても余分ではないので、この手の本はつい読んでしまう。
 目から鱗の発見が頻繁にあるわけではないが、引き出し整理の再確認としてとても楽しめる。



あわせて読むと面白い>荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

今日のポレポレ
【島国大和】ゲームが大人気! その手柄は誰のものか?

公開されておりますた。

 自分自身、本当に運がよく回りに恵まれているおかげで、実力以上にトクをしている側なので、あちこちに足を向けて眠れません。ふんとに。

 自分が仕事でカスったwebでは悪く言われる事の多い有名な人は「なんでこの人悪し様にいわれてるんだろう」と思うレベルでゴリゴリと大量の仕事をこなす人だったりしました。流石に有名になるだけのことはあると。
 webとかでの評判はジェラシーとか入ってるんでしょうね。(会った事もない無い人悪し様にいうにはそれなりに)
 (会うと良い人ってのは信用できないけどな!)
 仕事における人間の評価は、仕事の場ですべきだなーと思いますた。(当たり前)

■自宅ノートPCが
自宅ノートPCが
・速度低下(ウィンドウが開かない、閉じない、シャットダウンだけでも数分かかる)
・かつても何らかの状況で発作的にこのようになっていたが、再起動で直った。今は直らない。
・そのまずい状況の時にwindowsUpdate食らったのが直接原因。
(updateしないでリセットできないから)
という状況になり非常に不便。およびヤバイ。
とりあえず2日間かけてゴソゴソとデータ退避したりしつつ、チェックディスクだデフラグだをしたところ、なんとか動く感じになった。
結構な頻度で、PCやデジタルがジェットを購入しておりさすがに今回のは破損を免れたいが。
恐ろしい。

食玩 手裏剣戦隊ニンニンジャー ミニプラ シュリケンジン 全5種セット
 小僧が玩具を欲しがるが、とくによい子にしているわけでもないのでフルプライスのを買ってやる気にどうしてもなれない。しかしミニプラ版は多分出来は良いのだろうけど、それでも限界は早いだろし。ぐぬぬ。
 このあたり、普段から良い子アピールに余念のない小娘は親のあしらい方が上手いなと舌を巻く。


2015/04/19(日) 09:48:34| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.