島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
漫画 銭華 感想
銭華
 いまだと、スマホならマンガ読破EXとかで無料で読める。全3巻。
 ネオン街モノを得意とする倉科遼による、女相場師のお話。
 作画は倉科の原作モノを多く手がける和気一作。
 性描写もあるので良い子は読んじゃダメ。

■お話
 土佐で貧困から妾の子として扱われてきた少女が、復讐を決意。
 金で受けた屈辱は金で返すと、バブル景気に沸く日本を舞台に、性描写しながら株式の説明をしつつ、相場を張って金をつかんでいく。

■感想
 殆どの状況をモノローグで足早に進めていく。
 大きなエピソードは3つぐらい。全3巻とちょうど読みやすい量で、キッチリと話にケリが突いている。
 いや、綱元の投資家集団の話って、フォロー無しかよとか思うけど。普通最後の大勝負に関わるんじゃね?
 とまぁ投げっぱなしっぽい部分もあるが、女性が高卒から政治家の金庫番になって辞めるまでが、ささささっと書かれていて、すいすい読めるのは、さすがの倉科寮だなと思う。

 自分は見ていないのだが、ドラマ化されていたそうだ。ドラマ版は時代背景が違いデイトレードとかそういう話も織り込まれていた模様。

■その他
 もうマンガの感想でもなんでもないのだけど。
 この読破を含めそのほかにも最近はマンガをタダで読めるサービスが大量にある。
 実際マンガの商業流通は旬を過ぎると入手難度が格段に跳ね上がる。漫画家のほうも売れないから新しい利益が出ない。
 そこに、スマートフォンだのなんだのと状況がそろって、広告収入やレベニューシェア(多分)で、かつて一斉風靡したマンガやそれほどではなくても充分に面白いマンガが、タダで読めるようになる環境がそろってしまった。
 どんどん新人漫画家が食いにくい世の中になってくなと思う。

 消費者としても、いろいろなものがタダで読めるのはありがたい話なのだけど、市場のシュリンクに関してはとても恐ろしいところ。

きょうのゴソゴソ
 通勤中にフリスクの新味の試供品を配っていた。
 わりとフリスクはよく食うので、新味が出るとほっとけば1コは絶対買うのだが。
 試供品食べたらこれが美味しくなくて。
 試供品の所為で買わなくなりそうな感じである。
 とはいえ、普通のフリスクは買うから、まぁゆるせ。

■Gのレコンギスタ5話までの感想
 どうにもGレコがいまんとこピンとこないのだが、面白くなるかもしれないので期待している。
Gレコはわりと描こうとしてる事がエゲつない感じ(戦争状況とそこへのコミットのしかたとか)なんだけど、それをコミカルテイスト折り混ぜつつ、悲惨な描写を回避して描いてるので、これでは物語の進行に合わせて「悲惨な描写をする」しか綺麗にオチない。しかし、しちゃうと色々微妙だし、しないと作品として成立しにくい。
 えらい方向に向けて、弾丸ぶっ放したなーという感じ。
 この軌道のまま行くとエグいし、軌道修正するとヒヨった感じになってしまう。
 どうするんだろうね。

映画版のZガンダムにおける「戦場でいらんことしてる奴は皆死ね」ルールは徹底されていて、シロッコとか、ヘンケンとか、カツとか、もりもり死んで行く中、ただ生きようとしたカミーユは精神崩壊も免れたわけで。そういうとこキッチリしてる安心感が富野作品にはわりとあって。

 Gレコは登場人物がわりと個人の理由で戦場で人殺してるので、これを子供に見せたいと富野監督が言ってたってことは「個人の理由で考えなしに動く奴はヒドイ目に遭う」に着地させそうな気がする。
 しかし監督の若者へのメッセージであるなら、ソレをも乗り越える、ってとこまでやるかもとか。

 その辺期待しつつ、ちゃんと消化されるのか、まったく違うとこへ転がってくのか。

 しかしなんか、イマイチこの瞬間は盛り上がりに欠けるというか。
 うーむ。

フアウスト
 タダなのでありがたく読んだが、要約版というかザックリし過ぎてて、仕事のネタ本として読んだはいいが、名作のあらすじだけ拾っちゃった感じ。しまったちゃんと読めばよかった。

 つぎこれよも>神曲 01 地獄


2014/10/28(火) 01:14:43| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.