島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
エッセー 創作の極意と掟 感想

創作の極意と掟
 エッセーに分類するのもどうかと思うが。
 筒井康隆の小説創作、技法に対するアレコレを、いつもの筒井節で書き上げたもの。
 最近の人には、筒井康隆というと何が有名なのだろう、やはり時をかける少女等だろうか。
 自分は、宇宙衞生博覽會おれに関する噂驚愕の曠野あたりが、一番印象に残る。
 オレの少年期~青年期で一番熱心に読んだ作家であり、今でも最も影響を受けた作家だ。その創作の極意とくれば、うふふふと読まずには居られない。
 とか言いながら、紙でなくkindleで購入したため読む速度が上がらず、結構読了に時間がかかった。
以下感想。


COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.