島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日の俺様
 JavaScriptって、配列の定義の仕方がめっちゃキモイ。これ上限無いのか。
(物凄く年寄りな発言の気がする)

 あとなんだ。画面がフラッシュされるタイミングがイマイチ解らん。
 試しに10000回”!”を書くような簡易なの書いてみたが、10000個書いた後で表示してるようだな。
 1個ずつプププププと書きたい場合はどう書くんだ。
 そもそもそういうものを書く用じゃないのは解ってるけど。

 さらになんだ。ブラウザ上で動くのが前提だから、ファイルの保存が出来ないので、ゲーム制作時に必要なツールを作るのが無理だ。
 というかそういうのは別の言語でつくれって事だろう。
 JavaScriptでファイルの読み書きできたら、スパイウェア作り放題だしな。
 むー。これではゲーム用ツール作るのにまた別言語必要に。

■政治のお話
 何というか、世の中白黒付けたい人が偶に居て。
 政治なんて面倒くさいことこの上ないんだから、白黒つくわけないでしょう。つくと思ってるなら相当にナイーヴ。

 例えば、福祉の話をする。
 福祉の世話になってる方は削減はシャレにならぬ。
 世話になる予定の無い人間は削減した方がトクだろう。

 政治というのは、リソースの再分配なので(要するに税金で吸い上げてばらまく)誰かが得する政策は誰かが損をする。
 こんなもので全会一致で意見が合うわけが無い。

 「誰が言ったかより何を言ったかの方が重要だ」というのが嘘なのは、こういったバックボーンを無視して話を進めても何ら生産的な結果を生まないから。

 政治家の単位でも一緒。
 小泉がどうだった、鳩山がなんだ、今だれだ。みたいな。
 一人の人間が完全に、自分の意見に合致するわけが無い。ましてや政治家というのは一般市民とは違う環境で生きている。

 自民党がダメだで民主党になだれ込んでどうなってしまったか。

「こいつがいい全面賛成」
「やっぱだめだ別の奴に全面賛成」

 自分の頭で考えていたら、こうはならないと思うんだけどもさ。

 だからこそ、誰かが権力を握ったら常に監視する。反対勢力にもがんばってもらう。
 そういう緊張感を持った上で回って欲しいんだけど。

 ずっとここんとこワイドショーみたいな展開ばっかりだ。うんざりする。

5年超の契約社員を無期雇用に…法改正案要綱
 4年11ヶ月でクビ切るだけじゃねーか。
 何でこんなに的外れな事をするのかといえば、べつに今の労働者を救う気は無いからだ。

■正義のためなら嘘もいいとある元ジャーナリストが言っている文字起こしを読んだが
 正義なんてのは、立場によっていくつでもある。
 あなたを信じて寄って来た人に対して嘘をつくのは不誠実だと思うよ。


2012/03/16(金) 22:01:58| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ぐったり日記
 円安基調かー。さてさてどうなるやら。

エクゾスカル零 2
 お、出るのか。

■EXILE
 あの宴会芸みたいな格好したひとたちがEXILEなのか。もっとたくさんいるのかと思ってた。
 スリーハンドレットぐらい。

議事録を読みましたか

国民の税金の使い道を議論しているのに、国民がその会議の議事録を読めないなんて、そして、国民がその会議の内容を知ることができないのに、採決だなんて。

 河野太郎は弁が立つ上に着眼点が手堅い。

ピケ
 昔良く食ってたお菓子なんだけど、近所じゃ入手が出来ない。
 マスヤのお菓子ではオニギリせんべいが有名だがピケはかなりマイナーなほうに入る。
 地元の企業なので死ぬほどメジャーな食い物だと思っていて、東京出てきてから無くてびっくりした。

晩婚化の原因は"いい男"が減ったから―筒井淳也氏の語る日本人が結婚しなくなった理由
 しっかりした内容なんだから、あおりタイトルつけるなよと思った。

「出産・育児期だけ休業を保証すればそれでいいだろう」という考え方ではダメなんです。「育児休業とったよね、じゃあとはバリバリやってもらう」というのは無理なんです。子どもがいる女性は、夜10時11時までは働けない。じゃあ夫が子どもの面倒をみてくれるかというと、夫もそういう時間まで働いているから不可能です。夫婦がふたりとも男性的働き方をするというのは無理です。この問題を解決するには、労働時間を短くする規制を本気でやるしかない。ところが、政府も監督官庁も本気にならないですよね。

 しょっちゅう書いてるけど、日本の問題点の多くは「可処分時間の減少」が問題だと思う。ガンだ。
 子供は作れぬ、余暇も無い、金を使う暇も無い、労働時間が長すぎて自殺者すら出る。
 判りきっているのに、時間外労働や長時間労働に対する動きが無い。むしろホワイトカラーの労働時間をまだ延ばそうとしている。なんだろうね。

2012/03/16(金) 00:16:42| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.