島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
今日のずーずーぽっこん。
 うっとおしいと思われるのも覚悟でいろいろやるが、自分の影響範囲じゃないところに、モノをお願いするのは本当にツライ。やらないと言う選択肢が普通だからなぁ。
 ただ日々の忙しさにかまけてやるべき事が先送りになるのは本当に勿体無い。機を逸する。
 他人事のように書いているが、当然歯噛みする思いだ。

ガンダムUC
 PSHOMEで1~3を放送してたので、ながら見。久しぶりに見直すとはやりキッチリ面白い。
 ロボットモノというのは、どういう理由でロボに乗って、何のために闘っていて、最後にどうなれば終わりなのか、という話だと勝手に理解している。
 そういう意味ではその辺は古典的な話の進め方で、そんなことより宇宙世紀の戦争はこういうのだ、という細かい描写の積み重ねで描いている部が楽しい。
 逆襲のシャアがまさにそういう映画だったんだけど、ああいう方向性なのかな。

 俺人生に余裕が出来たら、こういうパーツ多いのパチ組みして遊ぶんだ。(死亡フラグ)
MG 1/100 MSN-001A1 デルタプラス (機動戦士ガンダムUC)
MG 1/100 RGZ-95 リゼル (機動戦士ガンダムUC)

■仕事をUSBで持ち帰ったが
 むー。難しいなぁ。
 スマホ系の仕事なら家で十分仕事になるんだろうか。もうちょっと頑張る。

2011/11/21(月) 22:43:54| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日のスピニングトゥホールド
 おいでよロコロコやってたら、マジカルキッドウィズの憂鬱を思い出した。

■マジカルキッドウィズの憂鬱
「マジカルキッドウィズの湯欝」とは、1986年、MSX用にソニーが発売していたゲーム「マジカルキッドウィズ」にある縦スクロール面で発生する「今までの苦労は全部パーかよ!」の状況の事を指す。
 マジカルキッドウィズは、マリオやアレックスキッドのようなジャンプアクションゲームで時間制限がある。
 縦スクロール面は、左右に動く雲を足がかりにジャンプで上へ上へ上っていくステージなのだが、踏み外すと下に落ちる。
 運が悪いと、ほぼスタートポイントまで落ちる。(そして往々にして運が悪い)
 ゴール直前でスタート地点まで落ちるという事も多くあり、この時のウンザリ感は筆舌に尽くしがたい。

 実際、自分の記憶としては「キツいゲームだったなぁ」ぐらいのものだったのだが、動画を探してオープニングのファンファーレを聴いた瞬間嫌な記憶が蘇って、かなりゲンナリした。

■おいでよロコロコの湯欝
 ロコロコのステージで、同じように縦スクロールで、雲の上を移動し、落ちるとパァになる場合があるステージがある。しかも操作が角度センサーなのだ。
 嫌がらせとしか思えない。コンチクショウ(ネタです。)

■マクロスシリーズ
 当時のプラモ軒並みプレミア価格だなぁ。
 やはりバンダイが、未だに当時価格で、ガンプラ供給してるってのはとんでもない偉業な気がする。
 タミヤのMMも当時のキットが未だに流通してるけど、値段はなんども改定されていて、モールドだるいは高いわで、趣味でなきゃ買えないけど、昔のガンプラは値段も当時価格だし流石に射出数がハンパないのでモールドやかみ合わせはグダグダだけど、それも含めて楽しい思いに変換できたりする(それも趣味だろ)。
 マクロスはそういう流通する感じじゃあないもんなぁ。
 個人的には、マクロス、オーガス、サザンクロス、あとグンゼのドルバックあたりは、ゆったり再販して欲しいが、採算取れないんだろうな。
 ザアニメージシリーズとか、メガロザマックあたりも欲しいが、これもなー。
 あと、模型展開してたミクロマンとダイアクロンも欲しい。
 懐かし市場の単価が跳ね上がってくのもわかる気がする。

塗装はがし(IPAでやり直し)
 ほほぅ!このへんでもイケるってことかな。


2011/11/21(月) 00:15:25| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.