島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
今日の色々
 頭痛、発熱、鼻水止まらず。なんか最初は熱も鼻水も無く頭痛だけだったのでマジでビビったけど、他の症状出てきたら、ただの風邪にしか見えないので安心だ。

ハチワンダイバー 21
ハチワンダイバー 22
 もはや勢いだけで間が持つ2冊。同時に2冊発売でも読むのに1時間かからず、その上絵が随分荒れまくっている。
 しかしそれがマイナスになる部分ももちろんあるが、この漫画のもつ独特の勢いともなっている。
 おそらく作者の頭の中には、描きたいお話が唸りを揚げて溜まっていて、丁寧に絵を書いてる場合じゃないんじゃないか。
 個人的には、漫画の絵の丁寧さというのは、コレぐらいでいいじゃんとおも思っているので、あまり高密度を望む気持ちも無い。この絵柄だし。
 しかし、話の進まなさ、横道へのそれっぷりは、この作者の終盤の毎度のアレなので、もう少しまっすぐ進んでいただきたい。

エクゾスカル零 1
 なぜか発売日に届かず、amazonめーと思っていたら今日届いた。初版。あれぇ?

 覚悟のススメと世界を同じとするのかしないのか(してないぽい)人類文明崩壊後に蘇生した葉隠覚悟と強化外骨格零、すでに先に目覚めたであろう複数の強化外骨格。これらとの戦いと地獄巡りを描く漫画になるのだろう。

 思ったことを深く考えずにゾロゾロと書くと。
 シグルイで、あれほどの描写(荒唐無稽リアルと勝手に呼ぶ)を極めた後、またさらにリアルの足りない荒唐無稽な覚悟のススメに戻ってきたのは色々意味がありそうだ。もっとリアル寄りなものを書くという選択肢も合ったはずなのに。
 サイバー桃太郎のころから追っているが、時代劇とサイバーとボンテージ、ガクランといったガジェットがこの作家のコアにあると思うので、時代劇で偉業を為した後、またサイバーガクランに戻ってくるのは、2週目の戦いを選んだという事では無いか。ちょっと期待したい。

 描線やコマ割、セリフなどはシグルイのそれになっていて、覚悟のススメの頃の大雑把さやバッサリとしたテンポではなくなっている。
 メカや新強化外骨格のデザインなどは随分こなれている。バイクはちょっと微妙な気もしないでは無いが、タイヤのパターンや、階段を昇るギミックなどそれらしく見せる小技が多いし、新強化外骨格などは玩具展開前提かと思わせるライン(胸に射出式ライオンマークだぜ)だ。
 なんというか。山口貴由による聖闘士星矢が読めるかもしれないなという期待と不安が出る。(正直、聖闘士星矢ならよっぽど上手く化けてくれないと面白くない)
 あと詰襟で廃墟に立つ少年というのは、バビル2世を彷彿とさせる。(ロプロスっぽかったりロデムっぽかったりなガジェットも居るし)
 もう小技だけで漫画を面白く魅せる技術は十分にある作者だからこそ、踏み込んだものを見せて欲しいなという欲求もあって、勝手にハードルを上げてしまう。

■頭痛が激しいと
 頭が痛いのか、歯が痛いのか、肩凝りなのか、自分でわからなくなってしまう。
 全体的にとりあえず痛い。うう。

2011/09/17(土) 23:15:46| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
イタイ日記
 頭痛が激しくて、それをかばって寝てると寝相がヘンになってしまい、肩が凝ってさらに痛い。
 まだ、厄年には間があるんだけど、体のボロボロが一斉に襲い掛かってくる気分だ。
 気持ちで対抗できる限界は気持ちの範囲なので、物理的な痛みには勝てません。
 今月の医療費はえらいことになっちゃったなー。

 なんか普通の風邪の症状になってきたから、これはこれでもうチョイで直るかな。
 最初は全く熱も鼻水もなく、頭痛だけ激しい感じだったので、超心配したんだけど。

■失言で大臣が辞めたり
 人は何を言ったかより、何をやったかで評価されるべきで。
 とりあえず死の町発言を前文読むと特に問題の無い感じであった。軽率といえば軽率だが(近年のマスコミはワンフレーズ切り出して叩くのが恒例化しているので)この程度で辞任に追い込まれるようでは、政治家などはやってられないだろう。
 小泉政治が「自民党をぶっ壊す」のワンフレーズだけで人気を維持したように、マスコミ対策に特化した政治家が求められているのだろうが、それを求めてるのはマスコミだろ。という。
 常に話題を求めるマスメディアは、揚げ足取ったり揶揄する対象を求め続けている。
 小泉レベルで、当たり障りの無い話題を提供しつづけないと、足払いを喰らう。小泉がじゃーなにが出来たかってのは別の話で。
 メディアは病み過ぎていて、それはそのまま民主主義の耳目なのでお話にならない。

■ネットワークの再設定をしたついでに。
 大量のPS3とPSPの体験版を落としてきて、確認したんだけども。
 この、同じところで足踏みしてる感じが凄く辛くて、続けてられない。
 ある種のコンシュマー病だと思うのだけど「ちゃんと遊べば面白い」つくりなのに冒頭でのヒキが弱い。この辺は本当に、ネットゲなりソーシャルゲなりの、とにかく遊んでもらってナンボの作りにすべきではないかと思う。
 コンシュマは買ってしまえば遊び放題だし、だからこそ買うハードルを越えた人は遊んでくれるのだが、そこに甘えてるんじゃないのかという作りのゲームもある。

3DS新価格
 amazonにもう並んでた。
 自分は携帯ゲーム機で遊ぶ習慣がかなり無いので(据え置きかPCがメイン。DSはヨメ用に買ったし、PSPはガジェットとして買って放置、人にあげてその後スパロボにボトムズが出たので買いなおした)よほど惹かれるゲームが無いとなかなか食指が動かないんだけど。

 このあたり、スマホとかガラケーとかは特に必需品じゃないけど、必需品のフリをしているので強い。ほっといても買われる。
 親が買ってくれる例も多いだろう。
 その上で動くゲームは、バリバリのゲームハード用のゲームではないが、数百円だと思えばまぁ文句も出ないわけで、そこそこ遊ぶにはそれでいい。(ものによってはえらい額になるのもある)
 ゲームに真剣に向き合うのがみっともないという価値観も、ある程度の年齢からは発生するから、そんなに面白く無いゲームだからこそ、それをやっているのが恥ずかしくないという価値観も存在する。
 
 実際の所スマホの維持費は毎月ゲーム1本買うぐらい高いし、ある種のゲームは客寄せの意味しか無かったりもする。
 このあたり、映画業界とTV業界で起こったことをなぞり直しているようで。

2011/09/17(土) 10:38:33| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.