島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
今日の日記的なソレ
 自宅作業では限界があるけど、腰が痛いので、会社に行きたくない。
 しかし限界よけて仕事してると、いろいろと煮え詰まってくる。困り者。

ベヨネッタ(xbox360)セカンドインプレ
 ごめん。思ったより全然いいゲーム。ファーストインプレの時点で感じたウザさは、ウザイとこを片っ端からスキップしまくる事で回避できた。
 あちこちにある調べることができる場所、話しかけることができるキャラ、ムービー、買い物。そんなのフルスキップ。知ったこっちゃねぇ早く敵殴らせろ。
 そしたらかなりストレスなくなりました。ムービーのスキップが面倒だけど。(スキップしますかと聞いてくる手順が長い。スタートボタン>下>Aボタン>左>Aボタン。)
 一応これでノーマルで真ん中へんまでこれた。実際フルスキップしても問題なくクリア可能な模様。(知人がノーマルでクリア。)
 この辺はいずれ書こうと思ってるけど、アイテム合成とか練成とかそういう要素のあるゲーム見ると逃げ出したくなる性分なので、このゲームも調合素材の文字を見たときは遊ぶの止めようかと思ったけど、まったく調合とかしなくてもOK。良かった良かった。いいゲームだ。
 細かい不満はもちろんあるけど、国産ゲームでアクションでリッチでウィッチはやっぱ売れて欲しいなと思いますはい。

・気になる点
 ムービーが冗長。そのほかにも結構冗長なシステム多し。
 避け攻撃がメインで大量にあるコンボはそれぞれどれ使っても差異が少ない。
 エフェクト攻撃が主体で、モーションによる攻撃じゃないので、キャラ立ってるだけに勿体無い。

・気に入った点
 スペースハリアー
 冗長と思ったところ全部スキップしても許されるゲームシステム。これ許可した奴エライ!
 グラフィックはかなり上手い。デザイナーに拍手。
 あと、なにげに細かい反応が丁寧なので、プログラマーも大変だったと思う。

 なんつーか、中古市場対策のために、どんなゲームもやりこみ要素を入れねばならない最近の風潮は本当に苦々しいよ。
 製作者もみんながみんな、やりこみ要素入れたいわけじゃないだろうに。

3Dキャラの動きをぬいぐるみで操作、個人用モーションキャプチャ
 むかーしバンダイがゼクシードってゲームだしてましてね。
 PSにつないだロボットフィギュアの手足を取り替えるとゲーム中のロボットも手足が替わるという、思いつき一発芸の素敵なアレで。
 あれで、手足の角度とかも拾えりゃ良いのになーと思ってたのがクマで実現されました。
 いやしかし、これ2万ぐらいで実用されるなら、ゲームの非リアル系のモーション作るのにかなり便利じゃないかと思う。まぁクマ形ってことはあんまり期待しちゃダメなんだろうけど。
 これがGI-JOEとかみたいな素体だったら超期待してた。

■DSill
 画面どころか本体ごとデカイので噴いた。
 年寄り向け想定なんでしょうね。ドラクエ字がちっさくてやってられん!って声は結構聞いたし。
 家で遊ぶ前提だから、大きいペン付き。

2009/11/01(日) 02:34:32| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.