島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のそれこれ
 時限発火によく失敗するので、また時限発火テスト。

■マクロスF 12話
 どうにもマクロスFは、物語の主軸がロボ戦に無くて三角関係とかアイドルネタだけの話が多くて、メカにしか興味のないボンクラな俺にとってはアタリハズレが激しい。で「今週も盛り上がりに欠けるなー」とか思って見ていたらラスト付近がみごとなおっさんホイホイで。
 初期に総力戦とダイダロスアタックを見せているので、それ以降の戦闘シーンが盛り上がらなくて困っていたんだけど、盛り上げ直した。

 心を揺さぶるのに、音楽ってのは強いなー。剣神ドラゴンクエストで、ポリの剣振り回してるバカシチュエーションでも、昔のドラクエの曲流れてくると、懐かしさでジーンと来るみたいなもんで。
 数十年越しに懐かしい曲を流されると抵抗出来ねぇ。べつに好きだった曲でもなんでもないのに。

 それにしてもマクロスFは、なんかもースーパーロボット大戦のマクロスだけ版みたいになってるわね。
 同じような何でもアリをターンAガンダムでやっていたわけだけど、どうしてもオタク的感性の全否定に向かってしまう冨野と違って、オタク的な有り様を肯定していくのがマクロスらしさなのか。
 なんというか、もともと初代マクロスがベタベタなオタク妄想だったのを思い出した。マクロスFは正しくマクロスの魂を継いでるのかも知れぬ。
 そう言えばその頃の自分も「今日はデストロイド出るかなー」みたいな見方をしてたので、全く進歩が無い。
 しかし、クアドランローのデザインの良さはガチだなー。(本当に俺進歩無ぇ)

無敵の人の増加。 : ひろゆき@オープンSNS
 法治国家である限り、逮捕されることがリスクでない、そもそも逮捕されたほうが寝食が提供されてマシ、という人が居るというお話。
3回刑務所に入ったら死刑とか、野蛮な刑罰のような気がしますけど、こういったルールでも作らない限り、現状には対処出来ないんじゃないかなぁ、、と思う昨今です。

 そっちは野蛮だし現実性がないので、そうじゃない方法を考えるならば。
 結局、刑務所労働での生産性を、喰ってけるレベル(土地建物代金、刑務官の給料含めて)まで行かないと駄目なわけ。
 これがどんだけ無茶かというと、能力の差がそれこそ何も出来ないボンクラからそこそこ出来る奴を等価に扱いつつ、刑務官を食わせれるレベルの生産性を出さなきゃいけない。そんなことが出来るなら上場しちゃうわ。
 電化製品の組み立てでもさせるかね?エロフィギュアでも塗らせるかね?杉タンス作ってるよりはマシだろうが、それでも全然マイナスだろうなー。
 老人介護を押し付けたいところだけど犯罪者にそれさせるのは怖いだろうしなー。
 ゴミの分別をさせて、地域、過程のゴミ分別コストを肩代わりする分、そのコストを地域にも求めるとか。躍らせて勘定収入源にしてるところもあるみたいだけど。
 こういう答えの出ない問題を抱え続けるのは大変だ。今後増え続ける犯罪者をどうしていくんでしょうね。

2008/06/30(月) 20:42:14| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日のえんやこら
 やっと一息つけるのか俺!

■今日の買い物
 やっとamazonにキター!
「世界の魔法使い」がわかる マーリン、パラケルススから近代魔術師まで (文庫)
「堕天使」がわかる サタン、ルシフェルからソロモン72柱まで (文庫)
 ゲーム作るときの基ネタ探しの苦悩は、なにを探しても水木しげるにぶつかる以外にも、基ネタマニアからの突っ込みの激しさもあるので。準拠するしないはともかく手元に資料は多いほうが良いさ。
 2冊買って1500円行かないので、あと1コなんか買って送料無料にしなきゃ。こっちを値段調整用に使うっててもあるな。

■今日のドリル
 というか、インパクトドライバだが。
 家具組み立てたり、カーテンレール取り付けたり、やたら便利なんだよなー。
 田舎住んでた時は、普通に大量にゴロゴロしてて、東京出てきてこっち、ずっと手回しだったので、今回人にかりて使ってたらやっぱ便利さが身に染み過ぎた。やっぱ買っておこう。


2008/06/29(日) 15:54:24| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日のアレコレ
 うわー。仕事がめっさ残ってる!昨日はMTばっかで自前の仕事出来なかったからなー。

■ガンダムオペレーショントロイ(xbox360)
 わー!バカだ!バカがいるぜ!
 という素敵なバカゲー。モビルスーツがうじゃうじゃいる戦場でナイフ持ってうろつく俺!
 ちょっとモビルスーツ戦がメインになり過ぎて(当たり前)FPSとしてはそうとうに大味な印象だけど、ちゃんとやり込むと違うかもしれない。
 説明書も読まずにやってみたところ、基地がジムに囲まれて、ザクに乗る前に殺されまくりだ!対戦はもうちょっと慣れてからやろう。
 ゲラゲラ笑うにはいいゲームな気がする。

マンガ界崩壊を止めるためには(補足)(たけくまメモ)
前回の「マンガ界崩壊を止めるためには(6)」で書いた「マンガ・プロデューサー」についてですが、結局、マンガ界を活性化させるためには、社員編集者を独立させて作家と同じ競争原理に晒してしまったらどうか、というのが俺の提案のポイントだったりします。

 この辺はバンチ編集部とか、そういう理念で立ちあがってたような記憶が。現実はどうか知りませんが。
 いろいろと思うところはあれど、興味深い提案だなぁと思って読みました。
 
 漫画家と編集部以外に漫画プロデューサーをカマすと、プレイヤー増えちゃって手取りが減るじゃん。と思ってしまうのは、自分が一人で何でもやっちゃう系の器用貧乏人だからでしょうね?

 このあたり、手取り減るじゃんて思うのは漫画家も編集者もだと思うので、なかなか理想形に持ってくのは難しいと思います。
 もっと単純に、権利は渡さないけど重労働は渡す、という意味でのアウトソーシングとしての、漫画編集者のフリーランス化は進んでいきそうですが。

 人って単機能に特化することで、飛んでもない能力を発揮する一方、生きていくのがどんどん難しくなる。
 芸術家が芸術に特化することで、ものすごい芸術を創造する一方で、食うに困ったり、狂ったりして、人生が破たんしたりする。だからパトロンが必要なんだけど、パトロンが芸術家で金儲け考えちゃう世の中だものね。

2008/06/28(土) 14:05:31| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ほんとうは恐ろしい 水木しげる
 ほんとうは恐ろしい水木しげるについて。
 いや別に、水木先生が実は怖い人です。という意味では無くて。

2008/06/26(木) 01:02:19| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ニュードリンク
 というわけで新飲料。
 ブクブクあわ立つグリーンの液体。

 スプライト+青汁。

 健康を気遣ってファンケルの青汁(粉末)を買ってみたんだけど、飲みやすいんだコレが。かつて飲んだことのある青汁はゲロ吐きそうだったんだけれども。コレはなんか抹茶っぽい。けして旨くはないけどマズくない。

 それならってんで、炭酸で溶かしてみました。見た目の破壊力は凶悪で、日野日出志の漫画に出てきそう。
 ていうか、俺何やってんだ。


という記事を1年前に書いて、up忘れてた。さらになにやってんだ俺。
(本当にちょっきり1年前。よくこのタイミングに気付いた。)

2008/06/25(水) 08:54:08| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日の視聴読
 気がついたら、800万ヒットしてた!驚いた!てか気がつくのおせぇ!

■今週のジャンプ
 表紙がダブルアーツ。あー、人気あるんだな。闘いダンゴと、女の子と手を繋ぎっぱなしってのは、若い子には受けるのか?良く出来てると思うが、俺が若い頃だったら、女の子と手を繋ぎっぱなしなんてシチュエーションの漫画は恥ずかしくて読めない。最近は皆ToLoveるを平気で買っていくらしいからな。恐ろしい。
 スケット団は、vs生徒会での長丁場で俺の中で失速して以来、もとの勢いを取り戻せないでいる。掲載順位もそんな感じなので、頑張ってほしいが。うーむ。
 女子高生との買春行為で神奈川県警に逮捕された島袋光年が少年誌に復活したばかりか、大プッシュされているというのはどうなんだろう。青年誌ならぎりぎりアリかと思うんだが。実は、編集者も買春行為やってて、捕まったのがしまぶーだけって事はなかろうな。(根拠のない推測と言いがかり)

■装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ 9,10話
 9話の「雪山でドッキリ」もしくは「大寒波危機一髪」はあんまり盛り上がらないが、その後の10話の予告からえらくコブシの効いたボトムズ節になってくる。
 で10話からはグズグズぐだぐだながら、異能生存体の話にそれなりの収集をつけてラストバトルに向かってなだれ込んでいて、ここでまた、11話の予告が堪らぬボトムズ節。
 もーこれ、戦闘シーンと次回予告だけで腹いっぱいだぜ!
 でも全体的に巨大感の演出とかが非常にヌルいのがもったいないぜ!

2008/06/25(水) 00:00:55| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日の日記とその他のアレコレ
 猛烈に忙しいけど、利益につながらない忙しさ。

 忙しいと、とにかく手元の問題を解決することだけに全エネルギーを注がざるをえず、結果忙しい環境を甘受してしまう。
 もう一歩離れて見るなり、俯瞰して見るなりすれば、もっとこの忙しさを軽減する方法もあるんだろう。しかし忙しいと無理!これが格差の固定化か!(ちょっと違う)

サウジ、石油の生産能力1・5倍増を表明
 いまの原油高は、投機的なものだからなー。

マンガ界崩壊を止めるためには(4)(たけくまメモ)
 一度、予想エントリを揚げたのだけど、エージェント制が回答だったので、以後触れてなかったんですが。
 エージェント制の問題点として、エージェントを雇う余裕のない新人を救えない。そもそもエージェントが複数居てそこから任意にセレクトできる状態じゃないと、編集者と変わらないってのが大きくあると思っていて、どうにも合点がいかなかったので。
(もちろん、新人がプレイクする過程で利益がでるのでエージェントが関わる余地はあると思うけど、編集者からすればコントロールしにくいだけなので、エージェントの居ない漫画家を選びかねないし)
日本のマンガ産業が今後発展するためには、出版社に属さない“マンガ・プロデューサー”の成立が不可欠だろうと思う

 なるほど、竹熊先生の立ち位置からはそういう回答が出るわけなのかー。

 自分から見ると、編集者と漫画家の問題ってのは、たった1人の編集者が読者の代表として面白い面白くないを判断して漫画原稿の良し悪しを決めているので、漫画家にとっては、それは本当に読者の思いか?というのがあり、どうしても腑に落ちない、というのが根底だと思うわけです。
 なので、たった一人のエージェントが加わった所で、賃金交渉以外に良い結果は得られないと思うんですね。これが交渉時、たとえば「お話をどっちに転がしたいか」なんかの時に、エージェントにも1票持たせるかとか、そんなのは誰がどう決めるのかとか。
 と思ってたので、
「マンガ・プロデューサー」とは、基本的にフリーランスで、しかも原作者・編集者・エージェントの役割すべてを兼ね備えた存在のことです。

 ようするに原作者を兼ねる立場からなのかと。
 まだスレてない漫画家は、原作者欲しくないよー。自分の物語を自分で構築したいよー。
 これじゃ漫画家から見たら編集者と変わらないよー。

 まだ続きがあるようなので、もうちょっと期待して待ちたいとおもいます。

■今日の微妙な物欲。
棒ゲ~ (男トーキング) 棒ゲ~ (女トーキング)。平和のありがたさを噛みしめちゃうわね。


2008/06/23(月) 09:54:08| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
殆どの人は、搾取されるし、搾取している。
 今回も若い人向け。
 昔、TVで、セレブの御宅拝見という、しょーもないのやってたのをボーっと見てた事がある。

 大理石のプールだの、数億円のアンティークだのもうやりたい放題で。
 彼らは大会社のオーナーだったりするわけだけれども。彼らのその住居は、間違いなく社員なり庶民なり外人なりの労働力を搾取して成り立っているわけ。

 それはもう、怨嗟の塊の中に住んでいるわけで、それが平気であるところに想像力の欠如があるなぁと思う。

2008/06/20(金) 23:01:13| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ゲーム業界の労働条件
テクモ社員、残業代求め提訴=「裁量労働制は違法」-東京地裁(yahoo news)
同社は1日の残業時間を1時間とみなす裁量労働制を4年前に導入。これ以上は支払われなかったという。
あ、これはかなり黒いな。多分社員側が勝つんじゃないかな。
 逆に例えば「みなし残業分をn時間とし、それを超えたら払う」だったらセーフだったりするから、そういうパターンの会社の方が多いんじゃないか。


2008/06/17(火) 00:43:41| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
俺の奥歯
 誰が聞いても面白くない、俺の奥歯の話。
 このblogは、俺の精神世界の日記なので、備忘録として。

 多分10年ぐらい前、一番奥の歯を治療した。結構酷い虫歯だったので神経も抜いて銀歯が被せてあった。
 これが今回の悲惨の元。
 かなり深く削ってあったので、もろくなっており、9ヶ月ほど前、何かを噛んだ拍子に奥歯を噛み砕いてしまったらしい。根本からボッキリと複数パーツに。
 しかし、神経が無いので痛みに気付かず、外から見たら被せてある銀歯が砕けた歯をつなげていて、素人目にはもともとこんなもんだったような感じだったので、放置していたのであった。
(いや、腫れたり、熱出したりしてたと思うが、普通に体調不良だと思ってた)
(砕いた瞬間はバキーンと脳天に雷落ちたような衝撃を食らった気もするが覚えて無い)
 そして放置6ヶ月。

 で、生活が一息ついてもまだヘンなので、オヤシラズか何かで腫れてるかな?と思って歯医者にいくと、アゴの太い神経のギリ手前まで化膿が進んでいて、ヤベーよアンタ!ほっといたら味わかんなくなっちゃうよ!顔面半分動かなくなるよ!こりゃ大学病院だよ!という状況だった事に気付く。マジでビビッた。

 以後延々治療。(3ヶ月目。)やった事といえば、既に腫れまくっていたので、抗生物質を飲んで化膿をおさめた後に抜歯し、隣の歯からブリッジで延長して義歯を作成する。ってだけ。
 ただし、状況があんまりにも酷かったので、経過を見ながらの治療で長引いたし、未だに長引いている。膿が酷すぎると、麻酔を打っても打っても流れ出して効かないので難儀したらしい。

 自分は偏頭痛持ちで、ちょっと頭が痛いなーって時に、気を紛らわせる為にしょっちゅう歯を磨いており、磨き方の良し悪しはさて置き、そうとう歯を磨いてる方だと思うんだけど、それでもアチコチ虫歯の治療後だらけだ。

 聞いた話では、口内細菌のバランスは生後数年で固定化するらしく、この期間に虫歯菌を口内に入れずに済めば、生涯虫歯知らずらしい。
 というか、ぜったいそういう効果をもたらすウガイ薬とかが既にあって、歯医者の陰謀で出回ってないんじゃないかとか思う。ムキー。(被害妄想)

 とりあえず、そんなこんなで歯を1本失ってしまったので、もう本当にウンザリ。肩は凝るわ、体調悪いわ。これが永続化するのか。インプラント考えるべきか。

 さらに、なんというか、治療後と銀歯と歯の継ぎ目がわりと大雑把で、ざらざらするんだよな。これ更に虫歯になりやすくなったんじゃないのかと不安。カンベンしてくれ。

 定期的に歯医者にいこうぜ?という自戒でした。

2008/06/16(月) 03:05:02| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日のアレコレ 地獄編
 どうにも平日はミーティングまみれでまとまった時間がとれず、作業的なことは休日送りになってしまう。そんなわけで延々仕事。

 歯の治療もまだまだ続いており、いつまでも本調子に戻らず。
 さらに、プライベートが超忙しい状態で、またその関係で、ダウナーになる要素てんこ盛りでウンザリ。
 こんな時は、パーっと遊びにでも行きたいが、状況がそれを許さないので、仕事をしながらwebをうろつくハメになる。

かあさんnews
 西原理恵子と勝間和代の対談。日本で子供を育てるのがどれぐらい大変かというもの。
 西原が、超金持ってるにも関わらず、子供は公立の学校に通わせていて「世間はそういうものだ」というスタンスなのは流石というかなんというか。また、子供を育てるのに必要な年収として600万円があげられているなど。色々興味深い。雑談レベルの対談なんだけど。
 ともかくも、教育にもっと金を突っ込むべきだと思います。税金にしろ何にしろ。キツイ時こそ教育が必要。
 今の状況は愚民化政策だからなー。社会的階層を固定化したいヤツラが居るのはワカランでもないがそれは結果的に国力を削ぐと思うんだ。

ピストルはなかなか当たらないし、威嚇射撃が安全なわけでもない
 大変当たり前、至極もっともな記事で、拳銃で動く目標に当てるのがどれぐらい難しいかなんて、サバゲーかFPSでもやれば簡単に理解できるんだけど、どうにも知らない人が多い様子。
 実際市街地で発砲なんて、危なくて出来ないんだから、暴徒鎮圧用のゴム弾とか、江戸時代抜群の捕縛成功率を成したといわれるサスマタ、袖がらみとかを携帯した方が良いと思う。
 銃は使用するにも覚悟が必要なので。

マスコミの横暴を問う
 どうにも、ネットを徘徊しても愉快な話題に行き当たらない。
 困ったもんだー。

2008/06/15(日) 19:17:38| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
次世代くん:621 言葉でなく心で理解出来た!
 ちなみに、コレ。だってほぼ半額じゃん!?
web漫画投票:投票する

 しかしまーなんというか。ダメ人間だなーオレ。

今日の日記
 歯の治療中のため、しみる、噛めない、常に痛いの三重苦。仮埋め期間が1週間以上ってのはツライ。

原稿紛失問題でサンデー編集部が声明
 やっとの声明。非常に当たり障りの無い見事な文章。当然橋口たかしに言及もなし。
 原稿をなくしちゃった時点で勝ちはないのでどう納めるかという戦いなわけだけど、かつてこの手の決着をつけた裁判は無いわけではなくて、先例主義を取ると微妙な落しどころになるかもしれず。
 作家個人がblogというメディアメディアを持って、まず行動に出たことはこれはある種のバクチだけど悪くなかったと思う。
 世の中、すべてシステムで。よくなるも悪くなるもシステム次第。そこを変えれるかどうか。個人の資質やモラルに頼るのはそれこそ愚かだから。

■今日の本
孤独のグルメ新装版 新しく1話追加しての新装版。今度は骨折で入院しており、病院食を食べつつ物思う。
 この、ほんの数ページでも「いい体してる」が入るあたり、作者も読者ももう共犯関係だよなー。ベタで面白い。誕生秘話もついている。(けど大したことない)

■今日のゲーム
メタルギア ソリッド 4  始まらない。マジ始まらない。うそーってぐらいゲームが始まらない。すげぇなこれ!
 PS3は未購入なので人に見せてもらったんだけど、これはいろんな意味でスゲェぜ!


2008/06/14(土) 12:59:53| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
キャリアプラン
 キャリアプランをギャラクシアンと読み間違えたオレは、ゲーム屋としてはアリだが、社会人としてマジでダメだと思った。

2008/06/13(金) 00:00:39| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
希望は戦争じゃなくて。ちょっと明るい話題を書いてみる。
 今回は若い人向けに書くぜ!

 何度か書いてるけど、今何が生きててツライかといえば、
「安く労働力を使い潰していく企業と、使い潰されていく若年労働者」
という状況じゃないかと。未来が無い。

 マクドやトヨタが、残業代払わないで市場を形成すると、同じように残業代払わない企業じゃないと、その市場で闘えなくなってしまう。
 グローバル化と称して、安い物と労働力が輸入され、それと戦うために国内の人材を安く使い潰していく。

2008/06/12(木) 02:08:37| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今後の漫画界予想
 マンガ界崩壊を止めるためには(1)(たけくまメモさん)というエントリを読みました。
俺から見ても、今年に入ってからのマンガ出版の崩壊ぶりには、目を覆うほどのものがあります。俺は、マンガ雑誌の数が今の半分になり、定価が今の倍になるまでこの状態は続くのではないかと思っています。

今すぐにも、なにがしかの構造改革を行わなくては、マンガ界はおろか、出版界そのものも崩壊するのではないかと俺は思います。俺がこれから書きたいアイデアは、雷句氏や松永氏、新條氏が提起されている問題への解答でもあるのですが、すでに思わぬ長文になってしまいました。いささか疲れましたので、この続きは、明日以降に書きます。

 うわー。面白そう。明日以降が待ち切れねぇ!
 勝手にいろいろ想像してみよー!

2008/06/10(火) 00:00:06| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日の色々
 俺は常にフルデジタルだから原稿紛失とかには縁が無いぜ。
 昔、会社のマシンが火を噴いて、クライアントに納品したデータを戻してもらった事あるけどな!(恥ずかしい!)

■最近のトランスフォーマー

 エアグライドでか!amazonて予約時と発売時で数百円違う時多いからな。駆け込みクリック!

■今日の巡回
自転車創業さんとこで(体験版)
1円下げて年金100万円増(よくわからん)
「ゼビウス」における動的難易度調整(わからない人が見たら呪文)
漫画家新條まゆblog 編集者と漫画家の問題に関して(メモ)


■小学館の原稿紛失の件
 原稿紛失とその補填及び謝罪に関しては、議論の余地無く作家の勝ち。
 んで、その絶対勝てる状況を、怨み辛みの爆発の場所に使った事が、幸か不幸かまた別の話。
 ともあれ、裁判制度ってクールダウンも含め時間がかかるので、当分決着はつくまいて。

 ただ、メディアミックスの成功を収めた作家のページ辺りの原稿料が開示された事で、色々とあるんじゃねーかなと思う。(俺より高いだの安いだの、そこから発展して、モメるだの)
 漫画の原稿料って本当に安いと思う。絵柄にもよるけどアシスタントなしなら1日1ページ仕上がらない場合もある。(背景コッテリならさらに)
 ラッキーマンでもデスノートでも、1枚いくらってのにそんなに差は無い。ハリウッド映画でも邦画でも入場料が一緒、みたいなもので。
 単行本の売り上げでトントンいける、売れればボロ儲けっていうエサがあるので、どうにかなってるギリギリの状況。アシスタントを一杯雇わねばならないタイプの絵の人は大変だろう。
 この辺も、漫画自体が憧れ産業だけに、安くてもやる、辛くてもやるって人がいくらでも居て、それゆえに買い手市場になってるんでしょうね。

■リスクを負った奴が一番儲ければいい
 ちょっと上の文章つながりで。
 一番ヤバイ思いをした奴が一番儲けるってのは、わりと誰もが腹が立たない分配方法だと思う。
 マンモスに突っ込んでトドメを刺した奴が、もっとも旨い肉にありつくのは間違ってない。
 資本主義だったら、そのプロジェクトに一番、金を出した奴(スポンサー)、貢献した奴が金を持っていくのはアリだ。
 才能を振り絞った漫画家が儲けるのは当然だし、アイデアを出しサポートした編集者が持っていくのも当然だ。
 しかし、そのリスクはどの程度のリスクだったのか。

 作家と編集者の問題や、ゲーム制作者とスポンサーの窓口担当の問題はこの辺にあって、資本主義だと金出してる奴(リスクを負う奴)が偉いんだけど、編集者も窓口担当者も、実はソコでリスクを負っていないんで(リスク会社持ち)、その被害に合うとハラが立つ。
 金出してるのは会社なわけで、それは虎の威を借る狐なわけだけど、本人は自分の能力と錯覚してたりする場合あるし。

 だがしかし、絵を描くだけ、話を作るだけ、ゲームを作るだけで、食ってくっていうのは本来は難しくって、機能的な特化をした結果、生き難くなってるだけだってのは意識しておいた方がいい。
 宮崎監督には鈴木プロデューサーが必要だった。みたいな話。天才はその力を発揮するためには一人では無理。だって天才に特化してると食えないもん。

 大手の窓口も、編集者も、漫画を描く、ゲームを作るに特化しなかった分、他のスキルで泳いで生きていける地位に居るわけ。

 この世の中で食べていくには、総合力が重要。特化した能力はそれを凌駕して稼ぐけど、それは他の欠けた部分を補う人が必要。
 ハンパにしか、特化してない能力しか持たない人は、そのオモリを抱えて溺れ死ぬ。だったらい他の能力を浮き輪にして死なないように、特化しないで生きていくというのも凡人には必要。

 ちなみに資本主義って、最初に大金持ってたら、リスクを負っても分散できるんで、実は対してリスクじゃない。ほんと世の中金次第ね。

2008/06/09(月) 01:44:13| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
漫画家と編集者と
 小学館の原稿紛失に関して色々書いたのだけれど。
 基本的に、今ある情報だけでは、作家の肩を持ちたくなる。

2008/06/07(土) 23:27:12| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
本日のアレコレ
 ぎゃー。死ぬ―。麻酔が切れた―。痛てぇー!神経むきだしに近いからなー!
 歯って命にかかわらない癖に一番痛てぇのはなんでだろう。

「ロスジェネうつ」に悩む30代
 全体ではなく一部に対してだけ。
 彼らが抱く、漠然とした不安やむなしさは “人の輪”に入れないという感覚から生まれているのでは――と名越氏は話す。
 この辺で思うんだけど、”人の輪”ってそんなに重要なのかなぁ。
 生きて行く為には、どうでもいいものだと思うよたぶん。
 学校というのが、人気者か否かしか価値観のない空間だから、その空間で10年以上も暮すと人の輪に入る能力の重要性ばっかり強調されるけれども。それはスキルの1コでしかない。
 人間的に最悪で、友達一人も居なくても、それでもガッツリ稼いでる奴っていくらでも居るじゃない。
 孤独が好きで、別に友達イラネーって人だってたぶん居る。
 世の中の価値観てのはもっと多様であっていい。友達いないといけないよ、っていう価値観の押しつけがそもそも息苦しくする原因だと思う。

違和感を感じる「WILD LIFE」受賞の言葉
 ここに再三登場する、冠という編集者は、焼き立てジャパンに同名の美形キャラとしても登場している。ガッシュの作者が切れて訴訟に踏み切った件にも噛んでる。高島という編集者も似たような感じ。
 そうしてみてみると、この受賞の言葉ってのが、じつに嫌味だというのに気付く。ひぇー。 

■今日のamazon
 新作玩具探してたら、フレディが引っ掛かったよ!こんなの誰に売るんだー!
 そして何気にすげぇ似てるよー!

■年寄りの不健康話
 体長をブチ壊して、ジョギングとか止めてたんだけど、特に何の苦労もなくフツーに痩せた。
 一番細かった時のズボンがスポスポ通るぜ!問題は筋肉落ちてるからなー。これをどうするかだ。

2008/06/07(土) 03:55:10| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
小学館の漫画原稿紛失に関して
漫画原稿紛失、著者が小学館を提訴

「少年サンデー」に連載していた漫画「金色のガッシュ」の原稿を紛失したとして、著者が発行元の小学館を相手取り、330万円の損害賠償を求めて提訴。

 あの人気作品で330万なのか!安いな、おい!もっと吹っかけてしかるべきだ。
 人気作家にとって330万なんてはした金だから、お金の問題じゃなくって、よっぽどムカついたんだろう。

 最近サンデー編集部に対する恨みや怒りを表に出している作家を多く見かけるなと思っていたんだけれども、さもありなん。
 現行紛失なんてやられたら、信用も信頼もあり得ない。それは作者怒って当たり前。
 小学館は、大手としての誇りをもって、ちゃんとした対処をするかどうかで、評価が決まっちゃうわね。
 コナンにでも探してもらうといい。


2008/06/06(金) 23:59:11| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日の巡回と視聴読
 MS-IMEのバカさ加減に真剣に嫌気がさして、ATOKに行こうか悩み中。
 でも、もともとOAKユーザーだから、ATOKもなじみがないんだよなー。しかし外国人が作った日本語FEPってのはストレス溜まり過ぎだ。

クラスター爆弾禁止条約の問題点
 クラスター爆弾に関して。丁寧なまとめ。
 以下私の見解。
 まず、残酷兵器だつー話があるけど、兵器で残酷云々をするのはナンセンス。
 小さい爆弾を大量に広範囲にばらまくという性質上、不発の可能性が高いので、戦後に民間人や子供に被害が出やすいのは確か。ただし子供狙い撃ちとかしてるわけじゃない。
 日本の国土防衛は、だだっ広い海岸線を守る必要があるので、地雷無き今、かなりをコイツに頼ってたんだがついに駄目出し。
 実際は代替兵器こそないが、ほかの兵器の組み合わせでカバー出来ないこともないとは思う。
 しかし、コストがかかりすぎる。常に予算削減圧力下にある、自衛隊で、しかも仮想敵国の上陸作戦が想定される状況下で、地雷とクラスターなしは厳しい。高難度マップだ。
 平和云々をいうなら使わないでなく、用途限定したほうが良いと思うんだ。

■今週のチャンピオン
 なんかもー。週刊少年誌では一番俺にとって読み所が多い。ズラズラ上げると。
・バキ
 どんなにバカでも、いい加減な内容でも、話引っ張り過ぎでも、それでも読ませる力がある。
 今は原始人が強くて、誰がどう倒すかで盛り上がり中。
・イカ娘
 新人賞候補の時「絵はいいが話が・・」「話があまりにも」「この話はどうにか」みたいな選評で、どんなに酷い話なのかと思ったら普通のグダグダ話で肩透かし。でも読みやすい。
・ギャンブルフィッシュ
 やることなすこと大げさで。ベタな展開を突き抜けた漫画として、十分に読ませる。
 元は転校生が、ギャンブルで何億とか稼ぐぜ!みたいな話だった気がする。
・クローバー
 不良少年とそんなに不良でもない少年がつるんでグダグダしてるだけだけど、読ませる。
・弱虫ペダル
 オタク少年が自転車競技でがんばる。ってだけだけど手堅く面白いので、最近急上昇中。今15話。
・ナンバMG5
 伝説級に強いヤンキーが普段はシャバイ学生のフリして2重生活というヤンキーが殴って解決漫画、もう146話になる。話も引き延ばしに入ってるし、ベタだけど、ベタを読ませる力が凄い。
・ストライプルー
 なかなか野球してくれない野球漫画。ショーバンの続編。ねっちっこいヘンな展開で面白い。手さぐりしながら進めてここまで来た印象がる。でもこの作者、余韻なしでスパンと連載終わったりするから注意だー。
・Lookup
 絵がかなり微妙な高校サッカー漫画。絵が微妙なのを補う独特のテンポと語り口でしっかり読ませる。
・悪徒
 ヤンキーものと思わせておいて変身ヒーローもの。絵柄が劇画劇画してていい。
 ベタ展開と、ベタセリフ回しで、結構好きなんだけど、ほかの人のウケはどうなんだろう。
・ANEGLVOICE
 展開が遅い、というか、じっくり書くサッカー漫画。主人公チームのほとんどが不良。
 んでも、漫画力があって、読ませる。
・サナギさん
 ほぼ言葉遊びだけで、4コマ漫画を描き続ける。見事。
・覇道
 ヤンキー殴りあい漫画。主役がボーズ頭。朝昇龍と、矢沢栄吉をこの前倒した。
 ベタにもほどあがって、割と好き。
・鉄鍋のジャンR
 ベタで手堅く面白いんだけど、なんというか手癖だけで物語を描いているように見えてしまって非常にもったいない。このパターンでネタを描き尽くしてしまった作者だけに、意外性を期待したい。
 でも、漫画力は高いので、つい読んじゃう。
・現代怪奇絵巻
 かなり絵が微妙。ネタも微妙。でも毎回4ページしかないので気楽に読める。

 流石にこんだけあると、通勤時間をガッチリつぶせる。今回上げなかったのも読んでないってわけじゃない。

2008/06/05(木) 08:06:18| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
食べ残しをお客様に
 船場吉兆の話はケリが突いた様なんだけど。さておき。

 自分はもともとあんまり生魚食わない人なのでこの前初めて回転寿司行ったんですよ。
 あれって、広い意味では食べ残しがぐるぐる回ってるわけじゃないですか。
 でも、誰も怒らないのよね。

2008/06/03(火) 02:10:34| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日の日記 疲弊慕情編
 公私共に忙しく、その上トラブル大会なので悲惨。来月中場までこれかと思うと泣ける。
 飲みにいきてぇー。そんなヒマが無ねぇー!

■amazonのサイトデザインが変わりました。
 めっさ使いにくいです。勘弁して下さい。
 やはり、一度手になじんだ物は、いかに「この方が導線がシンプル」だとか「理論的に正しい」だとか正当な理由があっても、そう簡単に変化を許容できない。慣れるのに時間がかかりそうだ。

エアコンの手抜き工事について
 どうしてもエアコンを新設する必要に駆られて、値段を調べる。ネットでの相場は5万ぐらい。んで近所の電気屋を回ると10万円コース!ぎゃーーーー。人殺し!
 つまり、工事代が高いんだな。納得だ。そりゃプロを出張させて数時間拘束するわけだからなー。
 しかも、取り付け時の手抜き工事などが問題になっているそうで。
 あーもー。泣きたくなってきたよ!

■物を持つという事
 まぁいずれポックリ死ぬわけなのですが。それまで一体オレは何を持って居たいんだろうなと。
 ちょっと前に、そろえたコミックスとかをぱーっと手放したことがあるんですね。
 もういいや。手元に置いておいても仕方が無いと。
 それから、数年、またいっぱい溜まっちゃったわけで。
 自分は田舎モンなので、実家はそれなりの広さがあったし、ものを捨てる事をそんなに意識しなくて済んでたわけですが。流石に首都通勤圏内だとそうは行かぬ。
 こうやって部屋掃除して、この本捨てるか、取っとくかを考える度に、今後オレは何するつもりだろうと考えてしまう。
 とくに、勉強用に買った本。今後本当に勉強するか?この資料を使うときは来るのか?みたいな。

2008/06/02(月) 03:49:39| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
フロントミッションオンライン終了
 ハフマン戦争は終結しました。

 知人が熱烈なプレイヤーだったので、よく話を聞いていました。自分はやってませんでしたが、わりと思い入れのあるシリーズなので、残念。絵作りはすげー好み。

2008/06/01(日) 03:03:32| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.