島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズvol.1 感想
 久しぶりに新作のボトムズを見た。満足だ。
 不満も幾つかある。野望のルーツを見て無いと話わからないんじゃねーかとか、時系列的に登場人物の知識や芸風がかみ合ってないんじゃないか?とか。最近描き起されたスコタコのヒジと手首のリファイン、アレはカッチョ悪いよとか。実はストーリー全然進すんで無ぇーじゃんとか。
 構成としては、冒頭、プライベート・ライアンでの見事な描画以降、映像作品での戦争演出が変わった、オマハビーチ上陸作戦リスペクトな渡河作戦にて、最低野郎供のハートをガッチリキャッチ。
 あとは、まぁ毎度のボトムズ。OVAシリーズに印象は近い。
 とは言え、やっぱり新作のATが見れるのは感慨深い。少なくとも赫奕たる異端の時のガッカリ感は今の所無い。良かった良かった。

 以下、狭い感想。

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.