島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
これから子供作る予定の人に
 なんとなく。税金高いわ、幼稚園高いわでイラっときたので、俺的には手遅れだけどこれからの人の為になるようにフワっとまとめる。

-1歳
 妊娠前検診などが健康保険がきかない(健康だから)ため高額になる。
 俺自身、第一子の時はほぼ全額自己負担だった。第二子の時は制度が拡充されてかなりの額が補填された。
 うちの嫁は専業主婦だったのだが、これに関してはほんとちょっとの期間でいいので保険の効く仕事についてから出産すれば、いろいろ金銭面で助かったのにしまったと思った。
 また、出産に合わせて引っ越しだなんだの準備が大変でほんとに厳しかった。よくどうにかなったと振り返る。

出産
 出産費用は60万ぐらいかかるが、健康保険の出産一時金で埋め合わせがつく。
 東京圏だと病院の数が足りずかなり早い時期からの予約が必要。(まともでない出産で踏み倒す人も少なくないので警戒されている)
 が。地方によってはまるで違い、ヨメは実家の病院での出産だったが、予約不要当日来いと言われた。
 この辺、地方によって制度も補助も施設の量もスキ具合も全く違うので、ほんと人の言うことはアテにならない。
 まず自分の場合はどうかを調べるのが良いと思う。
 ウチは出産後数週間の入院月のパックだったので当然出産一時金から足が出た。
 出産の際には、ヨメさんの実家のおかげで、俺は単身仕事してるだけで何の役にも立っていない。
 出産付き添ったところで別に何かの役に立つわけでもないので、仕事しておくのが一番いいだろうという判断をした。
 ヨメもそういう判断だった。この辺は人によるだろう。

〇~二歳
 これぐらいの子供は金がかかるというより手間がかかる。
 自分で何もできないから、食事、風呂、トイレ、全部こっちもち。
 紙おむつと粉ミルクその他子供用品で月2万円ぐらい飛ぶ感じ。金額的にはたいしたことないにせよ、自分の時間ががっつりゼロになるというのはなかなかに堪えがたい。
 耐え難いんだが、人間離れてしまう生き物なのでどうにかなる。
 これぐらいの年齢で、私立の保育園に入れようとすると月に10万近く飛ぶので要注意。
 どこに住むかで、かかる金が全く異なる。
 たとえば、東京なら病院がほぼ無料だし、保育園も公立にねじ込めればかなり安い。
 地方はけっこうこのあたりの補助がある。横浜とか川崎とかはかなり最悪の部類だと思う(その当時住んでた)。

三歳
 おめでとうございます。地獄の三年間をよく耐えました。
 もちろん、ツライばかりではなく毎日小さな発見や喜びがあるんだけど、もっかいあれをやれるかと聞かれればご勘弁願いたい。若いうちに済ませるのをおすすめしたい。
 三歳ぐらいになると、トイレに自分でいけるので、一気にラクになる。
 朝だって自分で着替えるし、食事だって補助なしで食える。一人で無理なのは外出と風呂とトイレの後の尻ふきぐらいのもんだ。
 もちろんバッチリこなせるわけではなく、時間もかかるし、わがまま言うし、面倒くさいが、ここまでを耐えた人にとっては十分耐えれる。
 しかし。幼稚園が高い。
 私立だと月額で7万ぐらい飛ぶ。公立だと2万8千円だ。
 公立保育園のある場所に住み、待機にならず押し込むことが出来た場合と、無理だった場合。年間では50万ぐらい違う。気を付けろ!


 ざっくりと。
①嫁さんが健康保険と失業保険のある仕事についておいた方が得。
②出産時の補助が多い自治体に住む方が得。びっくりするぐらい違う。
③公立幼稚園に入れる場所に住む方が得。賃貸なら引っ越し代の方が安くつく。
といった感じ。
 あくまでも金銭的な得なので、それ以外のいろいろ(環境とか)とのバーター。

 あと。住む場所によっては、ジジババばっかで町内会でまともに動ける若者に仕事積み上げてきたりするので、にっこり笑って逃げるスキルもいるかもしれない。
 一人暮らしだとそういったモノから完全に逃げ切れるが、子供がいると社会との接点が増えてしまう。
 社会の接点を通じて関わってくる人は、こっちに何らかの無償奉仕をさせようという奴ばっかだ。
 逆の視点から見れば、こっちがフリーライダーなんだけども。

 自分は初期に住んでいた場所が、ゴミ捨てが朝だけしかできず、ゴミ捨て場の掃除が当番制だったのだが、今住んでる場所は24時間いつでも捨てれるし、掃除の当番は回ってこない。
 管理費に含まれてるだけだが、生活リズムを自由にできないストレスに比べれば全然良い。
 朝起きるのが苦ではない人もいるだろうし、そういう個人の事情は人の数だけあるだろう。こういったしょうもない事でも中長期的に自分の体力を削るか、サイフを削るかの判断が要る。

 とにかく下調べ重要。
 何しろ、子供ができると忙しくなりすぎて、調べ事なんかやってられなくなる。

 その上地域差がとてもでかい。
 ネットの数字はまったくアテにならない。近所に子持ちの知り合いがいればその地域でいくらかかるか聞いてみるのが一番いい。
 たとえばこの文章読んで、高すぎるだの安すぎるだの言う奴が出ると思うが、それはお前の地域と俺の地域の差で、産んでからでは、忙しくて状況に甘んじることになりやすいのだ。
 だから先に調べておくことをお勧めする。

 さらにいうと、これだけのコストを支払っても、子供というのは未来そのものなので、価値があると思う。
 人生の消化試合化を防ぐには、未来が未確定な人たちの面倒を見るのが効果的だ。

 そんなわけで。
 これから子供を作ろう、もうすぐできる。って人は、いろいろ下準備して幸せなお子さんライフを。

2014/03/17(月) 00:09:21| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
子供をiPadで黙らせるのは教育上許されるかどうかは
子供をiPadで黙らせるのは教育上許される?

 俺は、この問いに明確な答えを持っている。(自分の中でだが)

「程度問題」

 以上終わりだ。

「子供ともっと対話を」などと言う奴は、今リアルに子供と対話していないと感じる。子育て経験が無いか、子育て経験は有るが昔のこと過ぎてピントがボケている人ではないか。

 或いは全然対話していない人に向かっての言葉を、対話し過ぎて育児疲れの人が聞いてイラっとするとか。

 実際のその人の子育てを見た事もない人が言う言葉は、正解である事の方が珍しいだろうし、正解だったとしても刺さりはしないだろう。

 子供との対話は。
 子供とどれだけ対話しても、子供はロジックより欲望に負けるし、そもそも言葉によるキャッチボールの限界がとても早い。

 食事の場でやかましい子供を黙らせる手段はそんなに数が無い。
 乗り物でやかましい子供、公共の場でやかましい子供をどうするかというのは子育て上のテーマだ。
 公共の場につれてくるな、だけで通せる程、全ての家庭に余裕が有る訳では無い。

 そこでipodを使おうが、psvitaを使おうが、仕方が無い事情というのは有る。
 普段からそれを乱用していないので有ればだが。
 結局、程度問題でしか無いのではないか。

 以後自分語りをする。
 子供特有の「これは何?」「どうして?」に全て答える親であろうと思っていた。現在も努力中だ。
 昔なら大変だったが、今ならgoogle先生もいる。どんと来いだ。
 可能な限り答えようとしているが、全問回答はやはり無理であった。

 まず彼らの日本語がおぼつかないので質問の意味が不明だ。
 それが理解できたとしても、 彼らのボキャブラリー内で説明できる内容は限られる。
 その次にかれらの興味が持続しない。今さっきした質問の答えをもう上の空で聞いていない。
 さらに言えば、彼らは質問の答えをすぐ忘れる。同じ事を何度も聞く。
 スポンジが水を吸収するように知識を吸ってくれると思っていたら、砂漠に水をまく如くだ。

 そして、彼らは自分の空想のごっこ遊びに夢中で、その事を親に説明したがるが、何を言っているのかよく解らない上に、必死で理解しても特に意味は無い。そして本人はすぐ飽きる。

 見た目や実際に使う言葉ほど、脳は成熟していないので。反射で生きてる虫よりはちょと上等だが、ロジックで動いているわけではない。

 この状況下で、常に子供との対話をじっくりする親をやり続けるのは骨が折れる。
 時々なら、可愛い可愛いと対応できるが、フルタイムでは無理だ。

 他人の目のある公共の場では、どうしても手っ取り早く静かにさせる必要がある時がある。
 世の中が、対話を通じて子供が静かになるまでの時間、騒がしいのを許容してくれるわけでもない。
 子供が対話が通じるほど成熟するまでは。

 子供の教育や親の振舞い方は「コレが正解」と言うのは無い。
 統計とろうにも、それ以外の要素がデカ過ぎる。文化圏が違っても、環境が違っても、資質が違っても、別の答えになる。

 そして、全てが程度問題ではないか。

MIT教授のシェリー・タークル教授は、「互いの会話というのは子どもたちが自分自身と会話し、独りになることを覚えるための訓練なのです。孤独に一人で遊ぶことは、幼児期の成長にとって最も基本的なことなのです。つまり親たちは、ガジェットなどで大人しくさせたいがために彼らの学びのチャンスを奪ってしまっているのです」とは彼女の弁。



 翻訳の所為か、意訳の所為か、もともとなのか、見事にイラっとくる物言いだけど。
 有る意味では正しいのだろう。

 しかし、教育論なんてのは、満たされた人の玩具になりかねない。


2013/10/16(水) 08:35:28| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
痛い日記
 鼻付近の顔面が痛くて、鼻に触れると涙が出る、寝るときには痛み止めが必要、といった感じだったのだが、連休で各種病院が動いておらず我慢していた。

 今日確認したところ、10年以上前に治療した前歯の治療跡の内側で当時生きてた神経が死んでしまい、そのまま根ぐされをおこし、鼻の裏側ぐらいまで膿がある状態だったようだ。
 こういうのは、体調が悪い時に一気に痛みを伴って気づくらしい。気づいて良かったというかなんというか。

 実はこれ以外にも治療済みの歯には痛い目に遭っている。
 これも治療は20年ぐらい前、再発したのは5年ぐらい前だと思うのだが、奥歯が銀をかぶせてあったのだが、それ越しに歯根を噛み砕いてしまった。しかし見た目上は銀がかぶせてあるし、そもそも歯茎の奥のことなので、問題が発見できず、高熱を出して寝込んだりしたが原因がなにかわからず、数ヶ月放置して(人間というのは痛みに慣れるし、それを避ける術を見につけていく)とりあえず歯石とってもらおうと歯医者に行ったら発見されたという、無茶な話だ。

 自分が子供の頃は、「んじゃこの辺を削って見るか」という大雑把な治療をする歯医者が普通にあったし、今は「レントゲン→削ってかたどりし仮塞ぎ、金属パーツと置き換え」みたいな定型治療手順になってるようだ。
 接着剤の進歩が凄く、以前より削らなくても良いらしい(以前は多めに削って金属が外れにくくしたそうだ)。
 保険外だが、溶かす治療だとか、抜歯後の回復を早める、抜歯穴に埋める薬剤などもあるらしい。

 そう言った進歩もあるので、かつての治療済みの歯が、大量に埋まった不発弾のようにいつか爆発する恐怖を意図的に忘れながら生きていくことになる。

 歯は遺伝的に虫歯になりやすい(唾液量が少ない)人がいるらしく、たぶん自分もその類で、だからけっこう歯のケアには気を使ってるし、子供の歯磨きとかも意識しているが、どうにもならぬことも多い。

 年齢的に、入れ歯も視野に入ってくるし、そもそも抜歯レベルの歯の破損は2度と元に戻らない。老いを直接的に感じる。
 こういう何があっても後戻りが効かない事態というのは、通常の生活では巧妙に隠蔽されているが、こういう時に恐怖を伴って顔を出す。

『年寄りは健康の事しか話題がない』

 というのは、もうこれ以上に自分に関係する事なんか他には無いからだろう。

 そして書いてみて思ったが、これは聞かされる側としてはウザイわ;;

2013/09/18(水) 00:12:16| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
体罰とか学校教育とか
 体罰関係でテキストを読む機会があったので自分の考えを記しておく。
 基本的に、今の日本の学校教育やスポーツの指導の仕組みは時代遅れであり、原則通り体罰は禁止で良いと考えている。

2013/02/26(火) 23:59:53| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
遠隔操作ウイルス事件の恐ろしさ
明確に解ったこととして。

1.警察の捜査は杜撰である。
2.警察は調書を捏造する。
3.警察は捜査情報を世論誘導や報復の為にリークする。
4.警察は自白強要の責任は絶対取らない。
5.警察は冤罪を生みまくった反省しない。


 非常に恐ろしい。何をいまさらではあるが字にしてみると救いがない。
 今回、犯人が愉快的ネタバラシをしたため、冤罪が証明された人がいた事はラッキーであったが、これが最初から悪意による実利を求めた犯人ならば逃れる術は無かった。

 そして、今回の容疑者が真犯人でない可能性を一切考えない、報復とも思えるようなリークと報道は、ゾっとする。

 痴漢冤罪もそうだが、日本の司法って「とっとと罪を認めれば処罰は軽くしてやる」式の、冤罪を生む仕組みなので。
 余りにも、俺達は守られない。
 善良な市民が簡単に前科持ちになる仕組みだ。

 ここに声をあげる必要はあるだろう。

関連:
日本の逮捕があまりにもヒドイ件

2013/02/16(土) 06:32:58| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
幸せ落ちてないなぁ。
 人の幸せとは何かといえば、これは相対的な物なので。

 周りの人間が皆不幸で自分が普通なら「ああ俺は幸せだ」と感じられるのだろう。

2012/02/29(水) 23:00:10| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
働き蜂に子育ては大変だ。
近所の子どもが絶叫していたので
 作り話臭いけど。

 枝葉の部分で、この「子供がやかましい家庭」が非難されて仕方のない装飾が施されているので面白くない。端的に言うとこうだ。
「近所の子供がやかましい。親も非協力的で、ムカツク」

 それじゃ、はいはいムカツキますね、で終わってしまう。
 話題としてつまらないので、加工する。

2011/07/20(水) 02:09:29| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
子供1歳
 1歳の子供って何が出来るのかね?
 というと、立つのと、ほんのちょっと歩くの、バイバイと居ない居ないバァぐらい。

2010/12/30(木) 05:59:25| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
こども 6~10カ月
 子供ネタは、このブログにはまるでそぐわないけど、時々書くことにしている。
 webを見て回ると、結婚なんか損ばっかりとか、子供なんかロクなモンじゃない、みたいな文章に出会うことの方が多いので、逆にホクホクした文章もあったほうがバランスがいいと思っているので。

2010/10/31(日) 22:45:28| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
こども4~5ヶ月
▼二十数年がかりの育てゲーでなおかつ、失敗は許されない。

2010/06/21(月) 01:13:50| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
こども3ヶ月
 子供の成長は早いというが。

2010/04/19(月) 00:13:47| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
こども2カ月
▼人類が月へ行き、帰って来て、あれはねつ造じゃないかと騒いで、すでに半世紀。

2010/03/09(火) 01:55:45| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.