島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
映画 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 感想
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
 例の実写JOJOを見たので感想を描く。
 ネタバレを書くので気にする人は読まない方向で。

映画 BRAVESTORM 感想
BRAVESTORM
 17日までamazonプライム会員だとレンタル100円なので、見ようと思っていた人は今すぐ見ることをお勧めする。

 シルバー仮面とレッドバロンの合体リメイクである。




■あらすじ
 省略する。

■感想
 絵作りに関しては、日本製にしてはかなり頑張っていると思う。好き嫌いはあれど予算規模から考えれば相当イケてるだろう。
 お話はチープである。チープなのは別に構わないのだが、今の時代に楽しく見れるかというと難しい。
 しかしamazonのユーザー評価はかなり高いので好きな人にはちゃんと刺さっているのだと思う。

 自分がこの手のものに期待するのは「今やる意味」とか「昭和的なノリをどのように解釈するか」とか「どうやってヒキを作るか」とかなわけであるが。
 どれもこれも中途半端に見えてしまった。
 もう少しシナリオがこなれていればなぁ。なんというか、この時期にこういう版権でこれだけお金を集めてうごかすというのはとても大変だと思うのだが。それを成し遂げ、それなり以上の絵作りをし、全体的にキレイなフォーマットにまとまっているのだ。この時点で拍手喝采でもバチは当たらぬ。
 バチは当たらないんだけど、あとちょっとシナリオ的なフックや、キャラクター的な面白さ、見せ方、切り口があれば、普通に面白くなったと思うんだ。
 もったいないなーと。

 ただ、もったいないなと思わせる出来ではあるので、今ならたった百円である。見てないけどちょっと興味あるけど、といった人にはこのスキしかあるまい。

ボクらを作ったオモチャたち 感想
ボクらを作ったオモチャたち 
 ネトフリのオリジナル作品。

 非常に面白いので、いい歳食ってるけど玩具が好きな人にお勧め。

 スターウォーズや、トランスフォーマー、キティなど、日本人にもなじみ深い玩具の開発からヒットまでのイキサツを、軽妙な編集とナレーション、インタビューによって、話をちょっと盛りながら説明していく番組。

 トランスフォーマー映画で、主要キャラクターがボコボコ死んでいくのが、2010ラインの玩具を売るためであった事や、バービー人形の開発者が儲けに設けて自宅に地下牢つくってSMプレイに興じていたことなど、知ってても特にいいことはない豆知識をまぶしつつ、懐かしい画像や貴重なインタビューで、やっぱりどうでもいい感じにまとめていく。

 こういうのが作られるので、ネット動画販促のためのオリジナル競争はありがたいなぁ。

2018/07/15(日) 01:41:43| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
如何に人に仕事を教えるかという話
■如何に人に仕事を教えるかという話

 俺自身が今のスキルを身に着けるまでに、階段を何個か飛ばしながら来ているので。
 これを若い子に教える時に、段を何個も飛ばしているとは意識しないで、着地した段の話だけをしてしまい、伝わらないという事がある。

 これは割と根深い問題で、名選手、名監督にあらず、というのはこういうのだと思うのだ。

 いわゆる、ガっときたら、グっと引いて、ガーンと!みたいな。
 さすがにもう少し言語化するが「ここを言語化しないといけない」というポイントが気づいていない場合がある。何しろ本人がそこすっ飛ばしてきたわけだから。

 この辺り、大量のスタッフに常に同じ仕事をさせている、スターバックスとかマクドナルドの育成方法は大変に優れていると思うのだが(何しろ、育成の成功失敗が数字で得れるのだから)、ゲーム開発でもそういうやり方でどうにかなる場所は結構あると思うが、俺がやってる周辺は残念ながらマニュアル化できないし、属人性が高すぎるし、真似る事すらお勧めできない。
 もっといい手があれば、俺が真似したい。

 もひとつ、ゲーム開発に限ったことを言うと、自分の世代のおっさんは大抵、物凄くプリミティブなゲームから現在のゲームへの進化過程をたどってきているのだが。(ペンタンの野良仕事とか、爆弾男とか、スタートレックの光子魚雷ゲームとか)
 今の若者は生まれたころからゲームがあり、初めて触ったゲームがソシャゲだったりするので。

 これ、同じ人種として会話するのは無理でしょう。
 同じ言葉を使って会話してても、脳内に浮かぶバックボーンの映像が全然違う。良し悪しでなくて、もはや別の生き物。

 こういう中で、コーチーングやら引継ぎやら含め、上手く回す仕組みがあるところは純粋に凄いなと思う。

 1か月、blogを更新しないと広告がtopに上がってきて、不快なので、とりあえず最近気にしている事を文章にしてでっち上げた。
(無料blogを使ってるからこういうことになるのであって、広告が悪いわけではない。自分の利益になるわけでもない。)

2018/07/09(月) 19:34:57| 固定リンク|仕事| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
メガミデバイス
 メガミデバイス
 発表があったとき、これは買うわ!!と思ったのだけど、結局買っていなかったコレを最近買ってしまった。
 コトブキヤとしても、フレームアームズガールが予想外のヒットを飛ばしてしまったとか、これもやたらカラフルな展開をしているとか、いろいろあったのだろうが、俺の食指の伸びない方向にチューニングされているので、俺が買わなかったのは仕方がない。

 なんでいきなり買ったかといえば、14cmぐらいの可動デッサン人形を3Dプリンタで作ろうかしらと思い立って最近コマコマとモデリングしていたのだがどう頑張っても強度的に持たない。1mm以下のパーツが増えすぎる。
 ちょうど14cmのメガミデバイスはどうやって強度保ってんのかなという興味である。あとまぁデッサン人形になるといいなと。
 欲しいデッサン人形の再販がズルズル伸びていつ出るかわからないで、それまでの手慰みである。

 そし作ったところめっちゃ出来がいい。
 出来がいいのだが、出来が良いのでデッサン人形としては引きずられるので、役に立たない。

 そして、3Dプリントの参考になるかといえば、強度的には細かいパーツはABSを使うなどして強度を保っているので、これは3Dプリンタでは無理である。

 俺はいったい何をやっているんだろうか状態だ。

 しかし、 肘の間接などはやたら見事で、1軸可動でシルエット的にも破綻が少ない。2軸可動にすると徳間がるがシルエットがオカシイ、というのになりがちなので。
 膝も2重間接なのに、破たんが少ない。すげぇすげぇ。

 ただこういう少女的なデフォルメ体型は苦手なので、作ったはいいが既に持て余し気味である。
 どーしよ。
 エロエロしいのであんまり子供の目の届くところに置けねぇし。

掲載されてました。
電ファミさんで書かせてもらいました。


重いデカイ。
labo2

片付かない。
labo1


だが夢が広がるから全部我慢しろ!!!
そういうもんだ!




2018/05/26(土) 09:14:09| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 感想
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星
 見たので感想を書く。
 この内容でネタバレ云々を言う奴は居ないと思うが、一応気にする人は回れ右で。

映画 レディ・プレイヤー1 感想
画像は原作小説。

 レディ・プレイヤー1 を見たので感想を書く。
 非常に面白かったのでお勧めする。

 ちなみに劇中に出てくるVRゲームに関してはこちらで感想を書かせてもらった

 映画の作りは、雑だし、かなり雑だし、本当に雑なのだが、きっちり面白く仕上げるスピルバーグは見事である。
 80年代ポップカルチャー好きはみな見に行くと良いと思う。
 もっと言えば、全ての、かつてゲームキッズ、ポップカルチャーキッズだった人たちが楽しめる映画だと思う。

 というか40代の日本人が一番面白いんじゃないのこの映画;
 レオパルドンとウルトラマンが出ないのは大変残念ではあるが。

以下ネタバレを書くので未視聴の人は回れ右で。
念のため。
以下ネタバレを書くので未視聴の人は回れ右で。

2018/04/26(木) 12:00:00| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ガジェット nintendo Labo 感想



重いデカイ。
labo2

片付かない。
labo1


いやーもー非常によくできている。
おっさん一人で遊ぶものではないが。こどもの工作としては最適。
 めっちゃリッチな学年誌のフロク、科学と学習のフロクである。
小学生ぐらいの子供なら自分で組み立てて自分で遊ぶことができる。

 また後か、どこかで書くかもしれないが、モーションIRセンサーの面目躍如である。

 ダンボール組み立ての難度はけして高くなく、それでいて手ごたえがあり、開発時にいかにテストが繰り返されたかが実感としてわかる。
 コストのかかったいい仕事で羨ましい。

2018/04/23(月) 01:20:42| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
映画 レディ・プレイヤーワン ファーストインプレ
 レディ・プレイヤーワン を見た。
 感想などはまた細かく書くと思うが、非常に面白かったのでお勧めするために先にまずblogを書いておく。

 映画の作りは、雑だし、かなり雑だし、本当に雑なのだが、それにしたってスピルバーグは本当に観客転がしが上手い。
 本人はこれっぽっちも信じてないであろう、友情努力勝利的なものを、必要だろうとちゃんと物語に載せてうまく料理していく。

80年代ポップカルチャー好きはみな見に行くと言いと思う。
もっと言えば、

全ての、かつてゲームキッズ、ポップカルチャーキッズだった人たちが楽しめる映画だと思う。

お勧めできる。

レオパルドンとウルトラマンが出ないのは大変残念ではあるが。

上手い映画というのは、記憶の扉をコツコツと小突いていくのが上手い。
ゲーム開発者としての自分も、ずいぶんと記憶の扉を小突かれた。愛されるゲームを作りたいものである。

映画 パシフィック・リム アップライジング 感想
パシフィックリム アップライジングを見た。
前作を見た人は見ないわけには行かない。
前作を見ていない人も、お話はそんなにつながっていないから大丈夫だと思うが、主要登場人物が数名前作の人だったりその子だったりする。

以下ネタバレを書くので未視聴の人は回れ右で。
念のためもう一度。
以下ネタバレを書くので未視聴の人は回れ右で。


amazonECHO 感想
 amazonECHOを購入してずいぶん使ったので感想を書く。


 とはいっても目的もなくなんとなく購入したものなので(しいて言えばどんなことができるのかの確認のため)実用性に乏しい。

個人的に使っているワード

・アレクサ 今日の天気
・アレクサ 19xx年代歌謡曲
・アレクサ 10分タイマー

こんなもんである。
あと、子供はジャンケンしたりしている。

ウェイアクアップワード(アレクサ)はいくつかから選べるそうだが「ロボ」とか「KIT」とか使いたいものは存在しない。
話しかけてから回答までに数秒待ち時間があったりするので、ヤキモキする。

自宅にスマート家電がないので、まったく使い道がないと思っていたが、amazonプライムに入っていて全く使っていないmusicが多少役に立った(曲数は制限されている)。

音声認識は、まぁソコソコで、よく使うワードぐらいなら大丈夫だが、曲名指定再生などは結構苦しい。

俺「アレクサ Aとをかけて」
アレクサ「・・・・・」(間)
アレクサ「Bという曲を再生します」
俺「違う」
俺「アレクサ Aとをかけて」
アレクサ「・・・・・」(間)
アレクサ「Bという曲を再生します」
俺「違うつってんだろ」

というコントのような状況が繰り返し発生する。曲目にもよるのだろうが、これが何度も繰り返されたのであきらめた。

ジャンルからのシャッフル再生は便利なのだが、興味のない曲も当然再生されるので
「アレクサ スキップ」
「アレクサ スキップ」
「アレクサ スキップ」
「アレクサ スキップ」
と言い続ける感じになる。
これは一度スキップされた曲は除外するとかの仕組みが欲しい。「アレクサ この曲除外」とかないだろうか。


 とまぁ、別に買わなくてもいいんじゃないかという感じではあるが、未来っぽさをちょっと体験するにはよかろう。

 ちなみに俺が初めて買ってもらったデスクトップPCは6001mk2で、これは喋るパソコンであったのだ。
 F8区が検問中なのだ(分かる人だけ分かればいい)
 三つ子の魂100インクリメントである。

 まぁこれでいいやという気分だったのだが。
 地デジ対応時に買い替えたTVのリモコンの効きが最近悪くなってしまった。AQUOSである。

 これは………。
 
eremoteなり


 家電リモコンなり、

を買って試せと言われているようである。

だが、リモコンだけならば、学習リモコンなら2500円ぐらいである。

どっちにせよ、買ってみて思ったように反応しない可能性があるので躊躇している。

また、正直家の中ではほとんど無言で過ごす人なので、音声リモコンには抵抗があるのだ(ならエコー買うなよ;)

使っている人の、感想など聞けたら幸いである。

2018/04/03(火) 07:31:00| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.