島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
映画 LEGO®バットマン:ザ・ムービー(吹替版)  感想
LEGO®バットマン:ザ・ムービー<ヒーロー大集合>(吹替版)
 大変評判が良いようなので見た。
 で、見終わってから小首をかしげていたら、これじゃねーよ2017年版を見ろよと言われる始末。
 
 以後ネタバレありで書くので未見の人は回れ右。

ios 創世のエル~英雄の夢の終わりに~ ファーストインプレ
創世のエル~英雄の夢の終わりに~
 ゲームとしての練りこみとか、工業製品的な完成度とか、そういうのは全部さておいて。

 こういうゲームを、こういう物語を作りたいと思った。作った。という時点でもう大成功なのではなかろうか。

 自分はまだ序盤しかプレイしていないが。
 それでも強い個性がある。
 そして、ユーザーレビューを見てみればどういうものかの片鱗はつかめると思う。

 ゲームを作り、流通に乗せることが以前よりも簡易になった昨今。
 それゆえに、他との違いをどこでつけるかというのは命題であり、ほぼすべての成功したゲームは、大予算による物量とクオリティという戦いをしているわけだが。
 そうでない戦いというのはとても貴重だ。

2017/05/06(土) 10:54:46| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
映画 ペット (吹替版) 感想
 ペット
 amazonプライムで無料だったので家族で視聴。子供にウケよし。
 大人的にもダレさせないテンポとネタの詰め込み具合。

 とまぁ非常によくできており、文句をいう筋合いはどこにもないのだが、なんというか完成度が高いが、高いだけ的な印象を受ける。

以下ネタバレのため未見の人は回れ右。

switch マリオカート8 デラックス 感想
マリオカート8デラックス
 こどもがせがむので、いい子にしてたら買ってやらんでもない(上から目線)という交渉をしたところ、いい子にしてたので購入。
 俺自身は、
SFC版=あまりやってない
64番=サルほどやった
携帯のどれか=どれだったか思い出せない程度にしかやってない
 という程度のゆるゆるなマリカープレイヤーなのだが、久しぶりにプレイしても、クイックドリフトはできるあたり、よくできたゲームシステムである。
 今さっき1時間遊んだ程度のアレなのだが、キノコカップ程度の難度では、コースアウトや事故を起こしてもすぐ復帰できるあたり子供でも安心の難度であり、パーティーゲームに力いっぱい舵を切ってある感じだ。
 ワンミスでボコボコに順位を落とすような、64番のハードな印象ではない。(後半コースは知らんが)

 だいたい、マリカーは間違いなくはずさない、一定水準以上のプレイ感を与えてくれるので、安心定番ド鉄板だと思う。

 問題はswitchの標準コントローラーはイマイチ使いにくいとか、2人プレイだとLRが押しにくいとか、じゃあプロコン買うかというと全然売ってないとか、そういう外側の問題だ。

 あと、俺史上最強に積みゲーがたまっているので、マリカー買ってる場合ではなかった;;

2017/05/01(月) 00:11:17| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
映画 ゴースト・イン・ザ・シェル 感想
 ゴーストインザシェル(実写)を見てきたので感想を書く。
 悪く無い。
 贅沢学芸会というか、スター隠し芸大会というか。
 スカーレットヨハンソンというゴージャス美人を連れて来ても、黒髪ショートボブにするとわりとそこらに居そうなおばちゃんになっちゃう悲劇も含め。
 だがコテコテのジャパニーズハイコンテクスト物語を別のレンズで撮影するとこうなるんだへーとか、こうなるのかよファッキンとか、いろいろ違いが楽しめる。

 スターウォーズと宇宙からのメッセージみたいな。いいよね。宇宙からのメッセージ。

 さて。
 そもそも原作となったアニメ映画が古いもので、しかしかなり韻を踏んでいるので比較しないわけにも行かないから、以後ネタバレ全開で行くので未見の人は回れ右で。

2017/04/19(水) 23:14:49| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
TV 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想



個人的には十分楽しめたと思う。
ちゃんと最終話まで苦痛なく見れた。良いガンダム。

 以下ネタバレを書くので、見たくない人は回れ右で。

今日の映像を見た感想。
プライム会員ならタダだ! 湯水のように見る。
 ゴレンジャー
ゴレンジャーは当時もそんなに思い入れもなく、キレンジャーといえばカレーぐらいの知識と、ゴレンジャーハリケーンやストームがやたらめったらネタとして濃いという印象だけがあった。
 とりあえず一話を見てみたらそのテンポの良さは本当に半端ないのだった。
 各キャラ紹介からとっととバトルに流れ込み、カレーもバクバク食べてしまう。やーこれは人気でたわけが分かるわ。


 大鉄人17
 とにかく玩具が大好きで、当時のコレの超合金は変形時に余剰パーツがない画期的な商品で。TVと同じ完全変形である。(というか腹にスキマうめパーツがあるのだがそれはもう気にしない。ロケットパンチをつけたまま変形するというのは当時のインパクトは凄かった)
 んで、TV放送やってなかったのか、見た記憶がほとんどない。
 今回初めて一話を見てみたが、そんなに盛り上がらぬ。玩具万歳といった印象。
 最近は自動変形玩具もある。


アクマイザー3
 当時大好きだったはずなのだが、造形と設定以外まったく覚えていなかった。
 これも非常にテンポがいい。地球空洞説の空洞に住むアクマ族は地底での生活のため体を強化改造していて、とても強く、超能力も使える。彼らは地球への侵略を開始する。主人公であるアクマ族のザビタンは正義感が強くアクマ族を裏切って地球人のみかたになる。地上でアクマ族に襲われた人間の家族と親交を深める。
 。ザビタンを裏切り者として始末すべく追ってきたのが、ガブラとイビルなのだが、ザビタンとの闘いの中で男気を感じて味方になる。これでアクマイザー3結成である。
 この間人間の家族がさらわれたり助け出したり色々ある。ザビタンの正義漢溢れる振る舞いや、ガブラのとぼけた感じ、腕のスプリングを外すと強いというキャラ性能、イビルは武士道的な価値観を尊ぶキャラ、というのも説明されていく。
 そして、敵ボス的な人は最前線にでばっていてザビタンの弱点をつくアイテムを持っておりそれを起動されるとザビタンは頭が割れるように痛むのだが、即破壊する(早っ)。
 アクマイザー3は、アクマ族の幽霊船を乗っ取り(この船が変形し、彼らの基地として機能する)これからも地球の平和を守る。
 これが一話分なのであった。
 最近のストーリーテーリングなら、3話は使うと思う。やー予想外に面白い。


解決ズバット
 みんな大好き、宮内洋の解決ズバットである。これはわりと歳をくってからDVDか何かで見直したので、記憶に新しいが、面白いのだが、テンポ的にはわりと凡庸なのでそんなにテンションが上がる感じではない。
 子供に見せてみたのだが、あまり乗ってくれなかった。(ウルトラマンとか古い特撮は正座視聴するぐらい好きなのだが)
 やはり、地回りのヤクザをシバいて回るというお話は、ちょっと子供には難しいのかもしれない。

2017/04/07(金) 00:13:22| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
映画 HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス 感想
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス
 見なおしたので感想を書く。
 今ならamazonプライム会員ならタダだ。
 ネタバレを気にする人は居ないだろうが、念のため未見の人は回れ右で。

本 ふわふわのくま なつかしいドイツの街・ツェレで遊ぶ 感想
ふわふわのくま なつかしいドイツの街・ツェレで遊ぶ
 ふわふわである。
 大変街が良い。
 普段自分が触れないものに対しては、ほとんど言葉を持ってないのに気が付く;;

 今、amazonで、クマといえば、これかくまモンという、大ヒットである。凄い。

ニーア オートマタ - PS4 感想
 ニーア オートマタ
 忙しくて時間が捻出できないところに、ゼルダという時間食いも現れて、せめて1週目エンドだけはまず見ようと頑張った。わりとすぐ見れた。
 とくに問題なく楽しめたので、ただただ散文的に感想を書く。

 とにかく絵作りとモーションが素晴らしく、国産ゲームが戦う地点としては大変好みで有り、こういうものが出てくるというのは嬉しい。音楽もあのニーアっぽい感じだ。
 バトルもオートが選べアクションが苦手な人でも大丈夫と気が利いた作り。 アクションゲームとして遊びたい人にはその辺は全部offでも遊べる。
 俺のような、アクションとして遊びたいがヘタクソ、という人にはちょっとちょうどいい匙加減を探すのがむつかしい。セミオートが操作を持って行ってしまうので。その辺も細かく調整できるようだ。

 この先本当にどうでもいい事しか書かないし、バラバラに思ったことばかりだが。
 とりあえず遊んだメモとして。

 まず2Bのキャラデザインと造形が素晴らしく、モーションも相まって見栄えがとてもいい。
 周りをうろうろしてるショタは邪魔臭いので抹殺したい。
 敵として出てくる、半裸男は、肩まわりの変形がやはりちょっと微妙で、21世紀のハイエンドゲーム機であっても、裸の男の肩の表現は大変なのか。などと思う。

 地形は、見栄えは良いのだが、あたり判定と見た目が異なる箇所が多く、ルールを把握するまでに時間がかかった。
 この辺りは最近のゲームのトレンドは見た目とあたり判定が一致している類なので(まぁFPSとかTPSとかオープンワールドではそうなるだろう)ちょっとプレイしていて躓いた。(アクションゲームなので別に背景とコリジョンが一致する必要はないのだが、マップ探索的なプレイ要素もあるので)
 自分はもともと方向音痴なので、廃工場ではそうとう迷った。同じところをグルグル回ってしまった。

 一時期ネット上には、2Bのお尻の絵やコスプレ写真が大量にあったが、実際のゲーム中はささやかなチラリに表現が抑えられており、抑制が効いていてたいへんよかった。

 前回のニーアと同じく、複数シナリオのようだから、時間を捻出してこれ以降のシナリオも見ておきたい。

 この手のゲームが好きな人にはお勧め。

 ウチの嫁は、前作はプレイしたが今作はSFっぽいので遊ばないという。
 SFはほんと市民権が無ぇ。

2017/03/15(水) 22:37:38| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
switch ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ファーストインプレ
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 遊んだので感想を書く。
 多分合計4時間ぐらい。
 ネタバレというほどでもないが、そのヘンを嫌う人は回れ右で。
 また、以前はゲームはクリアしてから感想を書いていたが、もう可処分時間的に無理だし、おすすめしたいゲームをクリアしていないからと紹介しないのは良くないと思うので、プレイ途中で書く。感想は変わるかもしれない。

2017/03/07(火) 23:08:45| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
nintendo switch ファーストインプレ
nintendo switch ファーストインプレ
 任天堂の最新型据え置きゲーム。
 据え置きと言いながら、6.2インチ静電タッチスクリーン付きの重めのポータブルでもある。
 これは、DS以降空白地の携帯機市場と、現状の据え置きハード市場の中間に足を置いてにらみを利かせるつもりだと思う。

 ローンチタイトルにはゼルダがあり、十分な立ち上げ状態。
 ほか、1-2-Sswitchという、switchのセンサーの塊なコントローラーのデモンストレーション的なゲームがある。
 個人的に手堅いなと思ったのは、スニッパーズという1800円というお手頃価格のタイトルで。これが、ちょっとした知育風味で、子供にぽいっと渡してほっておいても大丈夫という「パパママ安心ボク楽しい」といった手堅さで、ああファミリーユースハードのロンチにはこういうの必要だよな。というもの。

 そういったわけで、結構順調な売り上げだそうで、ゼルダの評価もあちこちで高く、いい感じのハードの立ち上げのようだ。
 自分もゼルダを4時間やった程度だが、それなりに満足している。

 国産のゲームハードには本当に頑張ってほしいし、そのポテンシャルがあるので是非大成功を収めてほしいと思っている。

 ガジェットとしての、Switchはちょっと練り込み不足があると思う。
 余剰パーツ多いしストラップ間違えてハメると外すのは力づくになっちゃうしコントローラー1コにすると小さくて使いにくいし、誤爆して邪魔な位置にLRボタンあるし、コントローラーをどう使っているかをゲーム側が認識しておらず、指示が間違ってたりするし、パッドだけ充電する手段が別売だし、USB充電位置の問題で6iインチ画面をたててゲームをプレイしながら充電ができないしと、結構残念だ。
 ストラップパーツつけたり外したりは誤タッチなしには難しいし、そもそもアナログパッドが小さいわりには微妙な操作を要求されることが多くてつらい。ガチなゲームをやるためのパッドではない(小型で遊んだ場合)

 だが、それもこれも、既存のものとは違う何かへと挑戦したということであり、チャレンジャーの姿勢はとてもカッコイイ。
 初期ロットには夢が詰まってるもんだ。
 ロングセラー商品になれば色々改修もされるだろうし、ファーストインプレだから気になっているだけかもしれない。

 この後は、今後どういったソフトが出るか次第だろう。

■以下ゼルダネタバレ感想
 ゼルダは最初の4つの祠を回り終えたところ。
 現在の印象としては、ずいぶん洋ゲー的なオープンワールドに寄せていて、欧米市場を意識しているように見えるが、それでもいつもの安心のゼルダ印だ。
 祠のダンジョンが非常に短く(1~2部屋)さくさく感があり良い。
 ゲーム的には3Dゼルダの正当後継的な位置づけか。
 自分の中ではゼルダシリーズといえば、時のオカリナ、風のタクト、4つの剣、トワイライトプリンセス、スカイウォードソードの印象が強い。(ファミコンの頃や携帯機の印象が薄い。不思議な木の実とかいいゲームだと思うが)
 ゲームシステムとしては時のオカリナでほぼ完成、タクトで丁寧な練り込みがなされ、その後はそれぞれの独自の味付けを楽しむゲームという印象だ。
 現時点で突出した何かはまだ自分には見えないが、丁寧な底上げがなされている。
 ほんと、開発大変だよこれは、という。

 あとはちびちびプレイしようと思う。

2017/03/05(日) 00:35:03| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.