島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
Gameplay: The Story of the Videogame Revolution
Gameplay: The Story of the Videogame Revolution

  動くノーランブッシュネル(ビデオゲームの父)が見れます。
 とくに理由がないなら、ゲーム関係者は見ておくといい感じ。

ゾンプラのおっさんホイホイについて
amazonプライム会員無料である。

この3作品はあまりにも一部世代に対してブッ刺さるのであった。

 戦闘メカザブングル
 ガンダム人気さめやらぬ中、名古屋TV土曜日五時半にさっそうと登場のザブングルである。
 西部劇に未来少年コナン的アクションをフィーチャーし、SFどんでん返しを引っ提げて富野由悠季が返ってきた。

 ザブングルのプラモデルの塗装指示書には『ウkォーカーマシンには決まったカラーリングはありません。自由に塗りましょう』的なことが書いてある。(この世界では、ロボットはウォーカーマシンという)

 自由、フリーダム、オリジナルロボ、スコップやツルハシの似合うメカニクス。
 砂塵を舞う荒野を、ハンドル駆動のロボットががっきょんがっきょん殴る蹴る出戦う。
 コクピットの後ろには簡易ベッドがついている。

 男の子の夢とロマンと願望のほとんどが詰まってる。(足りないのは美女ぐらいだが、一応美女2名ということになっている)

 大河原メカ、出渕メカ、湖川メカ(+キャラ)と、メカ的にも大変ぐっとくる。
 変形バンクも素晴らしい。



聖戦士ダンバイン
 宮武一貴によるダンバインのデザインは、ダンバインの前にダンバイン無く、ダンバインのあとにダンバイ無しの、素晴らしい突然変異的デザインである。
 昆虫マント空中チャンバラというまったくよくわからないメカアクション+西洋ファンタジー世界転生ドラマ。
 しかも、異世界から異世界メカとセットで東京上空に帰ってくるおまけつき。

 これも、OPナレーションに始まりOPナレーションに帰るという、なんとなくちゃんとドラマをまとめたような雰囲気を醸し出して綺麗な決着。


重戦機エルガイム
 ファイブスターで有名なところの、永野護メカが一躍脚光を浴びたのはここから。
 ムーバブルフレーム、軟質素材、非金属装甲。ケーブル接続のパラーランチャーに、ベースのように低く構えるバスターランチャー(ケーブル3本使用)。
 フクラハギを開閉させ、中のメカをちら見せさせるなど、こんなもんメカフェチコロリに決まっている。

 あんまりお話は面白かった記憶もなく、メカしか記憶に残ってないが、べつにそれで十分なのだ。



 このころの土曜日五時半サンライズアニメは。
 世界観を表すOPとエンディングに乗せて、毎回目新しいメカと世界観を開陳し、その都度男の子は悶えていたわけである。

 惜しむらくはこの素晴らしさは、当時でしか味わえなかったであろうことだ。今見て同じ感動を得るのは難しいであろう。

 ただ、当時を知る人は、身もだえする何かを思い出すと思う。


顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
 献本いただきました。わーい。

園村幸子は地方から上京し、東京の大学に入ったが、実家の店の経営難で仕送りが減り、ブラックバイトに手を染める。その中で、騙されてアダルトビデオに出演させられるが、幸子は化粧前と後でまったく別人の顔になるため、その後は都内の銀行に就職して、地味な生活を送っていた。ところがある日、高校の同級生から「おまえ、AVに出てないか」というメールが届く。驚いた幸子は、メールにあった「AV女優顔探索」というサイトを見て愕然とする。顔認識の技術と個人情報を紐付け、過去を暴く恐ろしいシステム。その作者の真の意図とは一体……?


 前作も、リアリティレベルの調整が抜群で『現代にあり得るトリックとその解法』で物語を作っていて面白かったので今回も期待。

ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ
ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ
 献本いただきました。わーい。

■PART 1 ゲーム企画と運営の基礎知識
CHAPTER 1 変化する近年のゲーム企画
CHAPTER 2 オンライン時代のゲーム運営

■PART 2 実例インタビュー
CHAPTER 3 ファンタシースターオンライン2
CHAPTER 4 ダービースタリオン マスターズ
CHAPTER 5 魔界戦記ディスガイア5
CHAPTER 6 CIRCLE of SAVIORS
CHAPTER 7 ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ
CHAPTER 8 『ダンガンロンパ』シリーズ
CHAPTER 9 Strange Telephone
CHAPTER 10 GUILTY GEAR Xrd REV 2


読むべし読むべし。

機甲界ガリアン 感想
機甲界ガリアン
 見たので感想を描く。amazonプライムだとタダだ。
 以下ネタバレのため見たくない人は回れ右推奨だが、もう古典なので気にしなくてもいいと思う。

物語に重要な一つのこと
 最近シナリオに関していろいろ思うことが多いので。つらつらと書く。個人的なものである。

■物語に重要な一つのこと

機動戦士ガンダム THE ORIGIN ルウム編 V 激突 ルウム会戦

感想 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて PS4
 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
 いわゆる、最後までプレイ。(ミニクエは放置)
 100点満点中、100億点である。素晴らしい。
 ほっといてもドラクエをプレイするタイプの人には、ぶっささること間違いなしだろう。

 Lv12の頃に書いたファーストインプレはこちら

 俺はドラクエは3が至高だと思っている。最近の奴では9がいい。そういう人の感想であるが、最近のドラクエの中では最高傑作である。出会った時期の問題もあって、3最高は譲らぬが。

 以下ネタバレありでゆくので見たくない人は回れ右で。

2017/08/28(月) 03:45:30| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ファーストインプレ ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて PS4
 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
 みんな知ってる化け物ビッグタイトル。ドラクエ11である。
 以前はゲームはクリアしてから感想を書くようにしていたが、それでは1年後とかになったり、最後まで感想をかけなかったりして、誰の得にもならない感じなので、早めに書くように変更した。感想が変わったらまた書く。

現在Lv12ぐらい。
 以下ネタバレありでゆくので見たくない人は回れ右で。


2017/07/30(日) 15:25:56| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
PSVRで遊んでいる。
 PSVRを再度セットアップし、タダゲーを片っ端からDLしつつ、メジャーどころもポチポチプレイ。



 成長期の子供はヘッドセット禁止なので、子供が寝付いてからしか遊べない。(まぁ子供が寝てからしか帰宅できてないが)

 なんというか過渡期のハードとしては相当によくできており、その安定感は凄いものがあるのだが。
 それにしたって、ゴーグルを簡易に開閉する仕組みがないとか、そもそもVR使わないときに存在が邪魔すぎるとか(TVとPS4の間に電源を必要塔するセットアップボックスがいる。使わないときも通電する)。そういった問題はある。
 あるが、過渡期だからそれも含めて楽しむのだ。
 正直、光学式の位置検出(3Dカメラでヘッドセットのライトを撮影して位置関係を入力する)は、だっせぇと思っていたのだが。その精度の高さは現時点で必要十分以上だと思う。
 特に名前はださないが、他と比べてもかなり制度がいい気がする。

んで、VRゲームといえばこれ。

 はい満足。
 非常によくできている。VRだったらこうするよね、こう処理するよね、と鉄板処理でゲームが作られている。
(移動で酔わせない、背後とか無茶な方向まで振り向かせない、右向きながら左にメクラ打ちして当てる、という真似ができる)
 この場合VRガンコンの威力がハンパないのだが。



んで、あとタダで遊べるといえば。THE PLAY ROOM VRである。
 PSVRのデモンストレーション的なものなので、採算度外視で丁寧に作られている。
 同時プレイ人数2人以上(VR1名、TVn名)のものが多く、ウチにはコントローラー1コしかないので全部を遊べているわけではない。
 VRで見栄えの良い絵作り(例えばスペキュラ系は視差による違いが強く出るのでVR向き)がされており、VRゲームのお手本のような作りになっている。
 テーマパークのアトラクション的なつくりも、長時間遊ぶのが厳しいVRゲーム向きと感じる。

 ジャッカルアサルトVRもタダ。
 これも、はいはいVRでスペースシューティングつくるならこうよね、というお手本的なつくり。

 お手本を連呼しているが、なんでかといえば、まったくなんでこれをVRにしたんだよってゲームが結構あるからだ。
 VRでやるならVRでやる意義がないと、つらい。
 セットアップも面倒だし、ゲームにがっつり没入しないといけないし、何より目が疲れる。
 俺は3D映画も2Dがあれば2Dを見に行く程度に3D映像で目が疲れる人なので特にかもしれないが。

 ステレオ音楽は右耳と左耳にはいる音の差というそのママの仕組みなので特に耳は疲れないが。ステレオ映像というのは錯覚を利用しているので、ツライ気がする。

 その辺はしかし、今後の技術的進歩に期待するとして。

 進歩の最初の一歩付近をウロチョロするのはほんと楽しい。
 費用対効果? そういうのは仕事でいう話であって、趣味で遊ぶ分には気にしてはいけない。

2017/07/15(土) 23:44:34| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ポケモンgoのアップデートがエグいよね。
 ポケモンGOのジム戦のルールが改訂されまして。新たにレイドバトルも入りまして。
 これがまた、なかなかの難物なので自分用にmemoとして感想を残しておこうかと。
 そんなにガチプレイしてないので、間違いも多いと思う。気づいたり教えてもらったら直す。(そのためのテキスト化)


2017/07/02(日) 14:33:26| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
今日のあれこれ
 体調不良でぐっだぐだである。

モンスター・ホテル (吹替版)
 子供に見せる体裁で俺も見る。
 まぁベタベタにベタなアメリカンファミリー映画という構造。
 吸血鬼の父、その娘、モンスターホテルから出ずに長く過ごしてきたが、人間とかかわりを持って。云々。
 特に深い何かが、という感じではないが、優等生的な面白さ。

キャプテンプラネット
 一話数分の、勢い任せのボケなので。未見の人は一度見てみても損はないかと(プライム会員タダ)
 英語力が欲しい。

2017/06/26(月) 01:45:13| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.